災害復興をテーマとした研究論文を対象とする「第4回復興研究論文賞」の公募がスタート(締切:2022年9月16日)

公開日:2022/07/11

復興デザイン会議では、次の復興にいきる知見の蓄積・共有と復興に関わる実務者、研究者らのネットワーク構築を目的として、顕彰事業を行っております。

復興研究論文賞(災害復興をテーマとした研究論文)を募集いたしますので、ぜひご応募ください。

復興研究論文賞の概要

災害復興および事前復興に関する研究への取り組みを通じて、復興に関わる学術的な理論の構築、知見や技術の体系化、研究方法論の確立などに顕著な貢献をなしたと認められる個人を表彰します。

受賞資格

研究業績をあげた個人

審査対象

2010 年以降に国内外の学術誌に掲載された復興に関する研究論文1篇と関連する研究論文4 編以内(筆頭著者の論文には限らない)

部門

  1. 最優秀論文賞:復興デザイン関わる特に顕著な研究業績をあげた研究者
  2. 優秀論文賞 :復興デザイン関わる研究業績をあげた、または将来性・発展性が顕著な研究を行う若手研究者(40歳程度以下を想定)
  3. 奨励論文賞 :復興デザイン関わる研究業績をあげた、または将来性・発展性が顕著な研究を行う学生。2022年9月末時点で大学又は大学院の正規課程に在籍していること(年齢は問わない)。

募集要項

募集要項や書式、提出先、選考過程等の詳細は、下記ホームページをご確認ください。
http://dss.bin.t.u-tokyo.ac.jp/alliance/research_award/application/

応募締め切り

2022年9月16日

関連行事

第3回復興デザイン会議 記念講演会

昨年度実施されました第3回復興研究論文賞受賞者による記念講演会を7/14(木)に予定しております。あわせてご参加ください。

http://dss.bin.t.u-tokyo.ac.jp/news_a_5/

お問い合わせ

復興デザイン会議(主催)

http://dss.bin.t.u-tokyo.ac.jp/alliance/
redesign.alliance[at]gmail.com

記事をシェアする