今日のニュースレター|新刊発売! 『都心周縁コミュニティの再生術 既成市街地への臨床学的アプローチ』ほか

公開日:2021/12/07/最終更新日:2021/12/06

日本建築学会 編
A5判・220頁・本体2500円+税

マイナスと見られていたまちの多様な「空き・弱さ」を逆手にとることで、コミュニティと空間を一体的に再生していく臨床学的アプローチ。これにより、衰退・停滞から脱却し、再生への芽が出ているエリアがある。本書ではそうした事例を紹介し、かつ学び取ったエッセンスをもとに再生のためのまちづくりの計画・事業・制度のあり方を示す。

著者

  • 山村 崇/早稲田大学高等研究所准教授
  • 村山 顕人/東京大学大学院工学系研究科准教授
  • 益尾 孝祐/愛知工業大学工学部建築学科講師
  • 市古 太郎/東京都立大学都市政策科学科教授
  • 坂井 遼/株式会社マヌ都市建築研究所執行役員
  • 中島 弘貴/東京大学未来ビジョン研究センター特任助教
  • 福岡 孝則/東京農業大学地域環境科学部准教授
  • 藤井 正男/独立行政法人都市再生機構、技術・コスト管理部長
  • 藤賀 雅人/工学院大学建築学部准教授
  • 圓山 王国/東京大学大学院工学系研究科博士課程
  • 森重 幸子/京都美術工芸大学建築学科准教授

主要目次

序章|インナーコミュニティの衰退と再生
1章|建物の余裕を活用し、エリアの価値を転換させる
2章|オープンスペースを再生し、まちづくりを加速させる
3章|見えづらくなった地域の物語を編みなおす
4章|災害脆弱性への取り組みを、新しい価値の創造につなげる
5章|インナーコミュニティ再生へのアプローチ

詳細はこちら

『都心周縁コミュニティの再生術 既成市街地への臨床学的アプローチ』日本建築学会 編

『都心周縁コミュニティの再生術』出版記念ブックトーク|早稲田まちづくりセミナー♯12

12月10日、日本建築学会都市計画委員会での活動に基づいて『都心周縁コミュニティの再生術 既成市街地への臨床学的アプローチ』が出版されます。この本の紹介を兼ねて、早稲田まちづくりセミナーにて、ブックトークを開催いたします。
セミナーでは、著者陣による著書のリレートークと共に、コメンテーターをお呼びして、著書の内容について議論します。ご興味のある方は、是非、ご参加、ご視聴ください。

  • 日時:12/13(月)18~20時
  • 場所:オンライン
  • 参加費:無料

詳細はこちら

『都心周縁コミュニティの再生術』出版記念ブックトーク|早稲田まちづくりセミナー♯12(2021/12/13 オンライン)

イベント  『MaaSが都市を変える』
牧村和彦さん登壇|熊本版MaaSミライセミナー

今年度、事業者の方々とともに実施してきた熊本版MaaS勉強会の様子のご紹介とともに、MaaSがあるミライの熊本市はどんな暮らし・まちになるのか?どんなことからスタートするとよいのか?基調講演・話題提供、ディスカッションを通して考えます。

  • 日時:12/13(月)18時~20時30分
  • 場所:くまもと森都心プラザ プラザホール/オンライン
  • 参加費:無料

詳細はこちら

『MaaSが都市を変える』著者・牧村和彦さん登壇「熊本版MaaSミライセミナー」(2021/12/13 熊本,オンライン)

記事をシェアする