この記事は公開から6カ月以上経過しています

マンチェスターのナイトクラブが新型コロナ禍での営業停止を受け、パブとして営業を再開 客の追跡システムも導入

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新の情報は、内閣官房のウェブサイトをご覧ください

タグ:
公開日:2020/08/21/最終更新日:2020/08/20
  • 英国・マンチェスターにあるナイトクラブが、新型コロナの影響でクラブとして営業が再開できない状況を鑑みて、「ナイトパブ」として営業をはじめた。
  • 市街中心部にあるとある店舗では、ソーシャルディスタンスを保ちながらバーとして営業を再開している。
    またイベントの際は、テーブルの予約が必須かつ座席以外でのダンスが禁止されており、さらにテーブルは最大6名までに制限。また現在は市の政策により、一つのテーブルには同一世帯しか同席できない。
  • この店舗は、注意を聞かない客は退出してもらう、音楽は通常よりゆったりとしたものを選ぶ、照明はクラブ営業時より明るめに設定しておく、などの対策をとっている。
  • また、来店者はドリンクをウェブサイト上でキャッシュレスにて注文する必要があり、その際の登録情報に基づいて、店は来店21日後まで客を追跡できる。

詳細

https://www.manchestereveningnews.co.uk/whats-on/music-nightlife-news/manchester-nightclub-become-nightpub-throwing-18795022

記事をシェアする