展覧会|8.20発売『北欧の照明』関連@東京(7.4~30)

━概要

  • 会 期:2019/07/04(木)~07/30(火)※水曜日(祝日を除く)休館
  • 時 間:10:30~19:00
  • 会 場:新宿パークタワー(1F ギャラリー・1)東京都新宿区西新宿3-7-1
  • 入場料:無料
  • 詳 細:
    http://bit.ly/2YKv6iw

━趣旨

北欧諸国の人々は、キャンドルや照明器具を上手に扱いながら暮らす灯りの文化を持っています。
本展は北欧の20世紀を代表する建築家・デザイナーによる照明器具を取り上げるほか、照明の実物展示、北欧で実際に照明が使われている事例写真、照明器具の仕組みがわかる断面模型などを展示します。会場では北欧各地で撮影した自然光の美しい建築空間や風景、照明による豊かな灯りの空間などもスライドで上映します。本展を通して、北欧の豊かな灯りの文化に触れてみてください。

━関連の新刊書籍

『北欧の照明 デザイン&ライトスケープ』◎8/20発売
小泉隆著
A5判・240頁・定価 本体3300円+税

暗くて長い冬の間、室内で暮らす時間を楽しむため、北欧では優れた照明器具が多数生みだされ、建築や都市空間を彩る照明手法が発達した。本書は、ポール・ヘニングセンやアルヴァ・アアルトら、北欧のデザイナーや建築家11人が手がけた100の名作について、デザインと機能、空間の照明手法を500点に及ぶ写真と図面で紹介。

◎書籍ページ

http://bit.ly/2FX9fNq

アマゾンでも予約受付中
http://bit.ly/2YFjPj9

◎著者

小泉隆

九州産業大学建築都市工学部住居・インテリア学科教授。博士(工学)。1964年神奈川県横須賀市生まれ。1987年東京理科大学工学部建築学科卒業、1989年同大学院修了。1989年東京理科大学助手、1998年T DESIGN STUDIO共同設立。1999年九州産業大学工学部建築学科専任講師、2010年同大学住居・インテリア設計学科教授。2017年4月より現職。2006年度ヘルシンキ工科大学(現アールト大学)建築学科訪問研究員。
主な著書に『北欧の建築 エレメント&ディテール』『アルヴァ・アールトの建築 エレメント&ディテール』(以上、学芸出版社)、『北欧のモダンチャーチ&チャペル 聖なる光と祈りの空間』(バナナブックス)、『フィンランド 光の旅 北欧建築探訪』『アルヴァル・アールト 光と建築』(以上、プチグラパブリッシング)など。

◎目次

  • Introduction │ 光の質の追求
  • Poul Henningsen│ポール・ヘニングセン
  • Alvar Aalto│アルヴァ・アアルト
  • Kaare Klint│コーア・クリント
  • Vilhelm Lauritzen│ヴィルヘルム・ラウリッツェン
  • Arne Emil Jacobsen│アルネ・ヤコブセン
  • Finn Juhl│フィン・ユール
  • Hans Jorgensen Wegner│ハンス・ J ・ウェグナー
  • Jorn Utzon│ヨーン・ウッツォン
  • Erik Gunnar Asplund│エリック・グンナール・アスプルンド
  • Erik Bryggman│エリック・ブリュッグマン
  • Juha Ilmari Leiviska│ユハ・レイヴィスカ

関連書籍/小泉隆さん著書

『北欧の建築 エレメント&ディテール』

北欧を代表する建築家の作品から、知られざる名作、話題の現代建築まで、シンプルで美しく機能的な77のディテールをカラーで紹介。

詳細

http://bit.ly/2FUNUEf

『アルヴァ・アールトの建築 エレメント&ディテール』

住宅や公共建築、商業施設、家具や照明器具にいたるまで、構造や技術を反映した合理的なデザイン、素材や形へのこだわり、使いやすさが発揮された170のディテールを紹介。

詳細

http://bit.ly/2YIs7XG

—–

🔔 ご案内
学芸出版社がおおくりするウェブマガジン「まち座」では、今日の建築・都市・まちづくりがわかる国内外のニュースやイベントなどの最新情報をお届けしています。
https://buff.ly/2LazLU7

記事をシェアする

公開日:2019/07/08/最終更新日:2023/08/30
学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ