【受付終了】失われたマツタケ山を探して―「人新世」時代のヒトと自然を考える―

主催 龍谷大学里山学研究センター
※詳細は主催団体等にお問い合わせください。
  • 日時:2021年12月4日(土) 14:00~16:30
  • 会場:ウェビナー(Zoom)によるオンライン開催
  • 参加費:無料
  • 詳細・申込:
    https://bit.ly/3GkRBkc
    (申込 12月3日午後3時まで 先着100名)

新型コロナウィルスや気候変動をはじめ、人類の産業活動が自然に及ぼす影響が人類自身に跳ね返り、その存続を危うくする事態が頻発しています。こうした状況で、21 世紀の初めに提唱された「人新世」という地質学的年代の区分概念が多くの分野で注目されています。「人新世」とは、人類が自然環境に取り返しのつかない影響を与えるようになった時代を指す概念で、地球自然環境と人類の持続可能性が深刻に脅かされている現在、「人新世」をどのように克服し、自然共生社会を実現するかという問題が、喫緊の課題として浮かびあがっています。
これまで龍谷大学里山学研究センターでは、新たな自然共生型社会を目指して、古くから人々に利用されてきた「里山」に着目してきました。今回は、生物多様性と文化多様性の観点から鯨やナマコと人間の関わりについて研究を重ね、また日本の「マツタケ」に着目して新世代の学術パラダイムを切り開いた人類学者アナ・チンの著作の翻訳者として知られる赤嶺淳先生(一橋大学大学院社会学研究科・教授)をお招きし、「人新世」時代の人間と自然の関係を考えるシンポジウムを開催します。

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ