このイベントは終了しています

【終了】就職氷河期世代と我が国の雇用・就労支援の課題  ~問われる自治体の役割と課題~(2020/03/24|大阪)

詳細は主催団体等にお問い合わせください。

※3月24日に開催予定の第145回豊中まちづくりフォーラムは延期します。今般の情勢と常連の出席者の年齢層から判断しますと、来場に“二の足”を踏まれる(家族からも助言される)方が多いでしょうから、4月に延期することいたします。よろしくご了承ください。(主催者)

 

就職氷河期世代支援が話題になり、ひきこもりや無業、非正規雇用などが改めて注目されている。また高齢者のセカンドキャリア、若者の早期離職や就労問題に起因する自殺、女性の非正規雇用やキャリア形成の問題など、就労の問題は広がるとともに複雑になっている。問題の核心は何か?問われる支援施策は何か?
自治体に期待される役割と課題について議論を深めたい。

概要

日時:2020年3月24日(火)午後6時30分~9時

会場:ホテルアイボリー2階「菫の間」 豊中市本町3丁目1番16号 阪急豊中駅前

参加費:1,000円   ※事前にお申込み下さい

講師

西岡正次氏(A´ワーク創造館(大阪地域職業訓練センター)就労支援室長)

(一社)生活困窮者自立支援全国ネットワーク理事、厚生労働省「生活困窮者自立支援のあり方等に関する論点整理のための検討会」委員、「生活困窮者自立支援制度の推進に関する検討会」構成員ほか。2015年から現職。
著書:共編著「生活困窮者支援で社会を変える」(法律文化社)、「相談支援を利用して『働く』
『働き続ける』」宮本太郎編著「転げ落ちない社会」(勁草書房)所収

詳細・申込みはこちら

記事をシェアする