このイベントは終了しています

【終了】馬場正尊✕伊藤総研 「柔らかい都市のつくり方」|『テンポラリーアーキテクチャー』刊行記念(2021/04/30|オンライン)

このイベントの主催者:本屋B&B
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

建築設計、リノベーション、公共空間・地方都市の再生を手がけるOpenAの書籍が、昨年末刊行されました。

昨今、増えつつある増加する、都市再生の「仮設建築」や「社会実験」。

「いきなり本格的な建築をつくれなければ、まず小さく早く安く実験しよう」と謳った本書は、ファーニチャー/モバイル/パラサイト/ポップアップ/シティとスケール別に都市のアップデート手法を探った、事例、制度、妄想アイデア集です。

この刊行を記念してトークイベントを開催します。

出演は、OpenA代表の馬場正尊さん、そしてゲストには編集者の伊藤総研さんをお迎えします。

概要

  • 日時:2021年4月30日(金)20:00~22:00
  • 場所 :オンライン
  • 参加費(税別):
    ①配信参加のみ1,500yen
    ②配信参加+サイン入り書籍(『テンポラリーアーキテクチャー:仮設建築と社会実験』)1,500yen+2,300yen

出演者

馬場正尊(ばば・まさたか)

建築家、株式会社OpenA代表、公共R不動産ディレクター。1968年佐賀県生まれ。1994年早稲田大学大学院建築学科修了。2003年OpenAを設立。建築設計、都市計画、執筆などを行い、同時期に「東京R不動産」を始める。2015年にウェブメディア「公共R不動産」をスタート。建築の近作として「泊まれる公園INN THE PARK」(2017年)、「佐賀城内エリアリノベーション」(2018年)など 。 近著に『テンポラリーアーキテクチャー 仮設建築と社会実験』、『公共R不動産のプロジェクトスタディ』(学芸出版社、2018)など。

伊藤総研(いとう・そうけん)

1974年福岡県生まれ。広告キャンペーン制作、企業のコーポレートブランディング、雑誌や書籍の企画・編集、映像・WEB制作、現在に至るまで活動は多岐に渡る。主な仕事として、ソニー企業「GINZA SONY PARK PROJECT」、エルメス「ラジオエルメス」、SEIKO140周年プロジェクト「やさしい時間/時問時答」、松屋銀座150周年プロジェクト「デザインの松屋」、トヨタ自動車「五大陸走破」、資生堂「BAUM」、NHK福岡開局90年プロジェクト「みんなが出るテレビ」、⻁ノ門ヒルズ「⻁ノ門横丁」など。また、雑誌『BRUTUS』では「今日の糸井重里」「山下達郎のBrutusSongBook」「福岡の正解」など、年に数冊、企画立案から編集作業までを携わり、過去30冊以上の特集を担当。出身地の福岡でも事務所を構え、東京と福岡で2拠点で活動している。

申し込みはこちら

馬場正尊✕伊藤総研「柔らかい都市のつくり方」『テンポラリーアーキテクチャー:仮設建築と社会実験』(学芸出版社)刊行記念

記事をシェアする