世田谷のまちと暮らしのチカラ ―まちづくりの歩み50年―

主催 世田谷まちづくり展実行委員会、公益財団法人せたがや文化財団、一般財団法人世田谷トラストまちづくり
※詳細は主催団体等にお問い合わせください。
  • 日時:2024年01月31日(水)~2024年04月21日(日)
  • 会場:ワークショップB(4F) / 生活工房ギャラリー(3F)東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー内
  • 参加費:無料
  • 詳細・申込:https://www.setagaya-ldc.net/program/564/

内容

世田谷区は、鉄道が敷設されたことをきっかけとして1920年代に都市化が始まり、今日にいたるまで東京の郊外として発展してきました。たくさんの人が集まり住むところには、そこに独自の生活文化が生まれます。一世紀に及ぶ都市化のなか、世田谷で発達したそのような生活文化の一つに、「まちづくり」があります。

この言葉が広く世の中の人々に知れ渡るようになったのは1970年代のことです。世田谷区では住民参加を掲げ、1980年代からまちづくりや公共施設の整備が進められました。また、よりよい地域づくりには区民の参加が不可欠として、1990年代以降、区民のさまざまなまちづくりの活動を支援するしくみが生まれました。

まちづくりは、世田谷の中でどのように発達し、何を残してきたのでしょうか。そしてそれは地域の人々の「まちと暮らし」をどう豊かにしてきたのでしょうか。

本展では、「まちづくりの空間」、「地形と都市計画」、「グラフィックデザインと都市デザイン」、「ワークショップと道具箱」、「市民のデザイン」の5つのパートにより、世田谷において住民参加のまちづくりがつくり出してきた「まち」と、そこで繰り広げられてきた「暮らし」を見渡します。

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ