このイベントは終了しています

【終了】大阪を事例としたオフィス・マーケットのリーマンショック後10 年間の分析と、コロナ後の働き方にあわせたオフィスと関西の戦略(2021/10/22 オンライン,大阪)

このイベントの主催者:一般社団法人 日本コンストラクション・マネジメント協会 関西支部
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

第58回関西支部定例会のご案内

拝啓 爽秋の候、皆様におかれましてはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は一般社団法人 日本コンストラクション・マネジメント協会関西支部の活動にご理解とご協力を賜りまして誠にありがとうございます。
さて、コロナ禍の影響もあり開催が滞っておりました関西支部定例会を下記の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。
今回の定例会は、大島コンサルティング・オフィス 代表 大島洋一様を講師に迎え、コロナ禍収束後のオフィスと戦略についてご講演いただきます。
大島様は2020 年1 月に開催された第96 回CMAJ フォーラムで「オフィス移転から見た大阪都心の変容とリーマンショック後の日本経済を踏まえたオフィス市場開発提案」というテーマで、梅田、淀屋橋、本町、堂島などの代表的なオフィスセンターの変遷とオフィス移転、景気変動による不動産サイクルを踏まえたオフィス企画の在り方などについてご講演いただき、参加された皆様に大変好評でした。
コロナ禍でオフィスの在り方が改めて問われるなかで、ウィズ・コロナ、アフター・コロナの関西と都心、オフィスを見据えて、前回のCMAJ フォーラムの内容を大幅にブラッシュアップしてご披露いただく予定です。
開催にあたっては、Web参加と会場参加の選択方式としています。関西エリアに限らず全国からの参加もお待ちしておりますので万障お繰り合わせのうえ、ぜひご参加いただきますようお願いいたします。

日時

2021 年10 月22 日(金)
14:30~ 会場受付・Webアクセス開始
15:00~ 講演(質疑応答含む)
16:30 終了・解散

参加方法

①Web参加(ZOOM を利用)

定員:上限はありません
※Web参加希望者には後日案内メールを配信します。

②会場参加(大阪産業創造館 6 階会議室 会議室E(別紙参照)

住所:大阪府大阪市中央区本町1 丁目4−5
定員:40 名程度(先着順で締切り)
※感染拡大防止のため120 名定員の会議室を会場にしています。

講演内容

テーマ 大阪を事例としたオフィス・マーケットのリーマンショック後10 年間の分析と、コロナ後の働き方にあわせたオフィスと関西の戦略

講師 大島コンサルティング・オフィス 大島洋一氏

竹中工務店、日本生命、JLL を経て2020 年大島コンサルティング・オフィスを設立。( http://www.eonet.ne.jp/~n7ohshima
MBA(マサチューセッツ工科大学)、工学博士(早稲田大学)。
企業移転からみたオフィス・クラスターの分析、オフィスビルのリーシング戦略の立案・提案など、不動産での長年の企画・開発・運営の実務経験をもとに幅広く活動されています。

司会

馬場 俊吉(日本CM協会関西支部幹事)

会費

  • 会員/提携団体会員/CMアソシエイト/学生:無料
  • 非会員:無料

◆CPD単位 4 単位(CCMJ資格更新)

申し込みはこちら

https://cmaj.org/index.php/en/205-information/info-branch/info-branch-04
締切:2021/10/18

記事をシェアする