このイベントは終了しています

【終了】「住み続ける『まち』と『すまい』~SDGs+住文化の持続可能性」京都府建築士会創立70周年記念事業「建築士の日」記念フォーラム(2022/6/26 京都)

〈まち座〉ではイベントのご紹介のみ行っています。詳細は主催団体等にお問い合わせください。
このイベントの主催者:一般社団法人京都府建築士会

  • 日時:2022年6月26日(日) 13:30~15:30 (開場 13:00) 申込締切 6月23日(木)
  • 会場:キャンパスプラザ京都 4階第2講義室
  • 定員: 会場 200名、オンライン(Zoomウェビナー) 200名
    (要事前申込、先着順)
  • 参加費:無料
  • CPD:2単位
  • 詳細・申込:
    https://www.kyotofu-kenchikushikai.jp/K008/cal3.php#2022_06_26

ここ数年のコロナ禍で我々のライフ・スタイルは一変しました。仕事のリモート化による家での過ごし方や、飲食店の休業、時短営業等から、まちの風景も様変わりしました。目には見えない人のつながりや、地域のコミュニティも失われつつあります。

このポスト・コロナ時代に、我々のもっとも身近な生活空間であるまち〈都市〉 やすまい〈建築〉をもう一度みつめ直し、その文化的意義から持続可能な社会の実現に向けて共に考えます。

講師

宗田好史氏(関西国際大学教授)
中嶋節子氏(京都大学大学院教授)

コーディネーター

髙田光雄氏(京都美術工芸大学教授)

記事をシェアする