建築模型展 -文化と思考の変遷-(2022/4/28-10/16 東京)

〈まち座〉ではイベントのご紹介のみ行っています。詳細は主催団体等にお問い合わせください。
このイベントの主催者:WHAT MUSEUM

  • 会期:2022年4月28日(木)〜 10 月16日(日)
    * 2022年7月4日(月)~8月5日(金)の期間は、同時開催の展示入れ替えのため休館
  • 会場:WHAT MUSEUM1階 (〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫G号)
  • 開館時間:火~日 11時~18時(最終入場17時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
  • 入場料:一般 1,200円、大学生/専門学校生 700円、高校生以下 無料
  • 詳細:
    https://what.warehouseofart.org/exhibitions/architecturalmodel

日本の歴史をさかのぼると、模型は古くから建築を制作するための手本として、またその時代の建築文化を伝達する媒体としての役割を果たしてきました。現代においては、建築物が完成に至るまでの試行や検討のツールとしてはもちろん、 材料や技術の発展に伴って、建築家自身の思考や表現にも影響を与えてきており、その役割は現在も進化を続けています。

本展では時代や作り手の思考と共にあり方を変えてきた建築模型に着目し、古代から現代における歴史的な文脈の中で、建築模型がどのような役割を果たしてきたのかを考察し、その意義に迫ります。会場には、古墳時代の家形埴輪や江戸時代に制作された延岡城木図といった歴史ある模型をはじめ、現代建築家・磯崎新による「東京都新都庁舎計画」のアンビルト*模型や三分一博志による「直島ホール」の風洞実験模型など20点以上を展示します。また会期中には、出展建築家や当施設スタッフが展覧会を案内する「ギャラリーツアー」や、模型制作を体験できるワークショップも予定しています。詳細は、WHAT MUSEUM公式サイトにて随時発表いたします。

見どころ

古墳時代の家形埴輪から現代建築家の模型まで「建築模型なるもの」を総覧

古墳時代の家形埴輪、江戸時代の延岡城木図や茶室起こし絵図、昭和30年代に制作された高床建物復元模型など、時代ごとの貴重な「建築模型なるもの」をはじめ、現代建築家の建築模型が集結。時代に応じて役割や意味合いを変化させ続けてきた模型の変遷を記した年表とともに総覧します。

磯崎新、隈研吾+篠原聡子、SANAA 妹島和世 + 西沢立衛、三分一博志、藤森照信など、現代建築家による多様な模型を展示

磯崎新による「東京都新都庁舎計画」のアンビルト模型、SANAA 妹島和世 + 西沢立衛による「Rolex Learning Center, EPFL」、三分一博志による「直島ホール」の風洞実験模型、藤森照信により1本の丸太から制作された模型「ワニ」を展示。また、30年以上前に制作された隈研吾+篠原聡子による「伊豆の風呂小屋」の再現模型を本展にて初公開。現代建築家による貴重かつ多様な模型を鑑賞できます。

コミュニケーションツールとしての建築模型、記憶の継承を目的とした建築模型の展示

オンデザインパートナーズによる触れられる模型「町田芹ヶ谷公園”芸術の杜”プロジェクト パークミュージアム」を展示。来場者も模型に直接触れることができます。また、震災により失われた街や村を1/500の縮尺の模型で復元し、地域に育まれてきた街並みや環境、人々の暮らしの中で紡がれてきた記憶を保存・継承していくことを目指す「失われた街」模型復元プロジェクトの模型をその取り組みとともに展示します。

出展建築家(予定)
(敬称略・五十音順)

相田武文、秋吉浩気|VUILD、磯崎新、オンデザインパートナーズ、川口衞、隈研吾+篠原聡子、SANAA 妹島和世 + 西沢立衛、三分一博志、瀧澤眞弓、noiz、藤森照信、山田紗子、山本理顕 他

概要

  • 主催・企画:WHAT MUSEUM
  • 企画協力 :若林拓哉、瀬尾憲司
  • 会場・什器デザイン:萬代基介建築設計事務所
  • 撮影:瀬尾憲司
  • グラフィックデザイン:SKG
  • イラスト:Miltata
  • 協力:一般社団法人日本建築学会 建築と模型[若手奨励]特別研究委員会、三宅理一

資料等はプレスリリースより

記事をシェアする