このイベントは終了しています

【終了】SDGs未来都市の構想と推進方策を考える~生駒市における取り組み事例から|第20回UIIまちづくりフォーラム(2021/10/25 オンライン)

〈まち座〉ではイベントのご紹介のみ行っています。詳細は主催団体等にお問い合わせください。
このイベントの主催者:公益財団法人都市活力研究所

持続可能なまちづくりや地域活性化に向けた取組の推進に当たり、SDGsの理念を取り込むことで、政策の全体最適化、地域課題解決の加速化という相乗効果が期待できるため、SDGsを原動力とした地方創生(地方創生SDGs)が各地で推進されています。
奈良県生駒市では、令和元年10月に「生駒市SDGs未来都市計画」を策定し、「いこま市民パワー株式会社」を核として、再生可能エネルギー拡大によるエネルギーの地産地消の推進、市内産業の活性化、収益の還元による地域課題の解決、市民のまちづくりへの参画の促進など、「経済」・「社会」・「環境」に関する課題に対応し、「日本版シュタットベルケモデル」の実現を目指しておられます。
本フォーラムでは生駒市といこま市民パワー株式会社、アミタホールディングス株式会社の方々にご登壇いただき、その構想から運営、関連する技術や市民参画の仕掛けについて幅広くご紹介いただくとともに、意見交換により理解を深めます。
皆様のご参加をお待ちしております。

こんな方にオススメです。

  • SDGsの理念をまちづくりに活かす方法を考えたい方
  • 「日本版シュタットベルケモデルって何?」ということが気になる方
  • 地域課題解決のための財源確保に悩んでおられる方
  • 「生ごみ=バイオガス+液体肥料+コミュニティ活性化」という関係について興味のある方
  • 市民太陽光発電や新電力会社の運営のポイントを学びたい方

日時

2021年10月25日(月) 15時~17時

方法

オンライン会議システムZoomウェビナーによる開催

参加費

無料

申し込みはこちら

https://www.urban-ii.or.jp/events/detail.php?event_id=430

記事をシェアする