このイベントは終了しています

【終了】第46回法政大学大学院まちづくり都市政策セミナー「コロナ、都市の危機と再生を問う」(2021/12/18 東京)

このイベントの主催者:法政大学大学院まちづくり都市政策セミナー運営委員会
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

COVID-19は、様々な潜在的問題を浮上させ、同時にすでに顕在化している問題はより深刻になりました。都市に限っても、社会と経済に持続可能性の危機をもたらしたことは明らかです。他方でアフターコロナの都市像をめぐる議論も始まっていますが、もとめるべきはビフォアーコロナへのリカバリーではなく、文明論的視座を意識しながら、持続可能な都市への具体的な道筋を描くことでしょう。そこで持続可能性の危機を超克した「都市再生」のありかたについての問いを発したいと思います。

プログラム

10:10~ 基調講演

「今、真の都市再生とは?」 (陣内秀信(法政大学特任教授))

11:40~ ポスターセッション

13:00~ 分科会

(1)「都市におけるインクルーシブなオープンスペースの可能性」
  • 新保奈穂美(兵庫県立大学大学院)
  • 鈴木美央(東京理科大学)
  • 阿部大輔(龍谷大学)
  • 杉崎和久(公共政策研究科)
(2)「社会的包摂と市民社会-次世代を展望する」
  • 樋口明彦(社会学研究科)
  • 稲葉剛(つくろい東京ファンド、立教大学大学院)
  • 谷本有美子(公共政策研究科)
  • 湯澤規子(公共政策研究科)

記事をシェアする