【受付終了】中之島公園 – “こども本の森” 建設地の現地検証討論会(2018/08/26)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

[概要]
◎開催日時:2018/08/26 11:00~13:30
◎会場: 大阪市中央公会堂
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2OIOqa7

—–
安藤忠雄氏の箱モノコンクリート巨大建築「こども本の森」は、中之島公園にふさわしいのかどうか、みんなで現地で検証しよう。
そして「みんなで本当の森」をつくろう。

参加費 無料―申し込み不要
平成30年8月26日(日)午前11時;大阪市中央公会堂前集合
現地説明者;大阪市役所 または 中之島公園を良くする会

●ねらい

新らたに建築家安藤忠雄氏の設計による3階建コンクリート巨大建築の「こども本の森 中之島」という名の子ども図書館が計画され、9月から建設工事が着工の予定です。予定敷地には現在使われている公園管理施設があり、堂島川の水辺に面してバラの緑地帯と散策路があります。安藤氏の子ども図書館は、現在使われている施設を破壊し、市民の散策と自然観察の機会を奪うことになります。堂島川の風景も見えなくなります。安藤氏の児童図書館は、子どもたちへの素晴らしい贈り物と絶賛されていますが、この図書館が、公園を破壊し、市民の権利を奪うことは、全く報じられていません。今一度、安藤氏の子ども図書館が、この地に必要なのか、現地に立ってみて考えてみませんか。安藤氏の「こども図書館」は他の場所でも建設が可能です。移動図書館でも安藤氏の子どもへの熱い思いは充足されます。今、ここで、安藤氏の箱モノ巨大建築物で、公園が傷つけられてしまえば、今までの中之島公園の保存の先達の努力が無に帰します。安藤さん、ここで立ち止まって子ども図書館の本当の在り方を
考えてみませんか。また市民の皆さんも、未来の大阪市民のために、本当の森を創るのに参加していただけませんか。そのために、「こども本の森」という偽物の森に代わって、本当の森を、皆様と共にコンクリートの砂漠の路面をはがして、創りたいと考えています。以上のねらいのもと、本の森で破壊される公園の現状を見学し、本当の森に向けての議論を現地で行いたい所存です。

中之島公園を良くする会

お問い合わせ・連絡先; 吉村元男
ecohabi@gaiaction.com

◎関連書籍◎
『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』馬場正尊/Open A 著 /退屈な公共空間を面白くするアイデアブック / http://bit.ly/2MaDOjk

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ