【受付終了】第1回住まい活動助成事業研究交流会 | 地域で解く市民が挑む住み継がれる住宅地への取り組み | 一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団(2018/07/19)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団
-第1回住まい活動助成事業研究交流会-
「地域で解く市民が挑む住み継がれる住宅地への取り組み」

 ハウジングアンドコミュニティ財団は、1992年の設立以来、豊かな住環境の創造に貢献することを目的として、NPOや市民活動団体に対し、延べ378件の助成を行ってきましたが、平成29年度からは「住まい活動助成部門」新設し、多様な住宅問題に取り組む市民活動等に助成を行うこととしました。
 そこで、平成29年度住まい活動助成事業5件の成果と、平成30年度住まい活動助成事業9件の活動計画を題材にして、次のとおり「第1回 住まい活動助成事業研究交流会」を開催します。住まいや住宅地の課題に取り組んでいる市民活動、NPO活動の最前線の活動から、これからの住宅まちづくりを参加者の皆様とともに考えます。
 多くの皆様のご参加をお待ち申しあげます。

〇日 時:7月19日(木)13:30~17:15(開場13:00)
〇場 所:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターROOM C(東京都千代田区神田駿河台4-6)
〇定 員:100名(事前申込制、定員に達し次第締切)参加費:無料
〇内 容:別添ファイルのとおり
〇申込み:7月12日(木)までに、①お名前(ふりがな)、②ご所属、③連絡先を明記の上、メール又はファックスで下記までお申し込みください。
 Mail:sumai@hc-zaidan.or.jp Fax:03-6453-9214

なお、今年度の助成活動団体の概要については、財団ホームページ
http://bit.ly/2J7M7ue
でご覧ください。どうぞよろしくお願いいたします。

(お問合せ)一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団
 TEL:03-6453-9213

◎関連書籍◎
『住み継がれる集落をつくる』山崎義人・佐久間康富 編著 / 誰が何をどう継ぐのか?具体的な方策を探る / http://bit.ly/2IIpgFp

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ