活性化が難しい集落に、どう向き合うか?

主催 ムラツムギ
※詳細は主催団体等にお問い合わせください。
  • 日時:2024年4月21日(日)14時~17時
  • 場所:
    • 会場・・・京都大学国際交流ホール(〒606-8317 京都府京都市左京区吉田本町36)
    • オンライン
  • 参加費:
    • 対面参加チケット(一般)3,000円
    • 対面参加チケット(大学院生)2,500円
    • 対面参加チケット(学部生)2,000円
    • オンライン参加チケット(一律)1,000円
  • 詳細・申込:https://muratsumugi-240421-kyoto.peatix.com/

内容

維持が困難な集落や無住化した集落を今後どうしていくべきか?
人口減少が進む中、地域で活動する人ほど、そうした疑問に直面することがあるのではないのでしょうか。
少子高齢化、人口減少の前提に立ったとき、私たちには新たな地域とのかかわり方が求められています。
本カンファレンスでは、こうした問題に向き合い続けてこられた有識者をお招きし、今後の地域の未来像を描くヒントを得る時間を共有します。

登壇者

林直樹(金沢大学人間社会研究域地域創造学系・准教授)
浅原昭生(職業訓練法人日本技能教育開発センター/Team HEYANEKO 代表
田中輝美(島根県立大学地域政策学部准教授/ローカルジャーナリスト)

記事をシェアする

公開日:2024/03/14
学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ