この記事は公開から6カ月以上経過しています

まちと女子(史)の生き方・働き方研究会が「コロナ禍で考える生き方・働き方に関するアンケート」調査結果を公表

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新の情報は、内閣官房のウェブサイトをご覧ください

タグ: /
公開日:2020/09/02/最終更新日:2020/12/03
  • 関西の都市計画関連分野で働く女子を中心としたネットワーク、まちと女子(史)の生き方・働き方研究会が「『コロナ禍で考える生き方・働き方に関するアンケート』調査結果(速報版)」を公表した。
  • 働き方や気持ちの変化などに関する15個の質問に対して、首都圏や近畿圏の2~50代を中心とする218件の回答が集まった。調査期間は2020年7月1~31日まで。

詳細

コロナ禍で考える生き方・働き方に関するアンケート調査結果(速報版)

(2020/09/01|まちと女子(史)の生き方・働き方研究会)

https://drive.google.com/file/d/1G1-84NL9RdBsc6r9pSSLruKBS2DmU_Nh/view?usp=sharing

まちと女子(史)の生き方・働き方研究会Facebookページ

https://www.facebook.com/machijyoshi/?ref=page_internal

記事をシェアする