このイベントは終了しています

【終了】自分でつくる暮らしとまち ~小商いとマーケット~(2018/11/16)

〈まち座〉ではイベントのご紹介のみ行っています。詳細は主催団体等にお問い合わせください。

Image by Tinys Yokohama Hinodecho

[概要]
◎開催日時:2018/11/16 19:00~ 22:00
◎会場: Tinys Yokohama Hinodecho  神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166先(日ノ出スタジオ横)
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2qaaksV

—–
「自分でつくる暮らしとまち ~小商いとマーケット~」

━趣旨
『「小商い」で自由にくらす~房総いすみのDIYな働き方』の著者、磯木淳寛さんと『マーケットでまちを変える~人が集まる公共空間のつくり方』の著者、鈴木美央さんをお迎えし、トークイベントを開催します。
今、日本各地で、ものづくりを仕事にし、自らつくったものをマルシェやマーケットで訪れた人と交流しながら販売するDIYな暮らし方、働き方を実践する人々が増えています。
千葉県いすみ市で小商いを営みながら自由に暮らす人々を取材する磯木さん、東京とロンドンのマーケットを100件調査し、自ら埼玉県志木市でマーケットを運営する鈴木さんが、小商いやマーケットで、暮らしやまちを豊かにする活動を語ります。
小商いやマーケット(マルシェ・市)を始めたい方、公共空間を使うことに興味のある方、地方都市での起業に関心のある方など必見です。

━概要
日 時:2018年11月16日(金)19:30~22:00(開場19:00)
場 所:Tinys Yokohama Hinodecho
神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166先(日ノ出スタジオ横)

参加費:チケットは4種類ございます。
1)参加費:2000円
2)小商いの本+参加費:3400円
3)マーケットの本+参加費:4000円
4)小商いの本+マーケットの本+参加費:5600円

↓詳細・お申込はこちら!
http://bit.ly/2qaaksV
http://bit.ly/2Rfre4Q

◎ゲストプロフィール
磯木 淳寛
地域・情報デザイン・教育の分野で、企画・編集・執筆を行う(一社)PicoBirds代表。2015年以降、地域の編集と情報発信をテーマとした合宿型ワークショップ「LOCAL WRITE」を全国で開催。2017年よりその参加費等で、中高生と「問い」を起点に学び、地域を発信する房総メディアエデュケーションPJを立ち上げ「房総すごい人図鑑」をリリース。執筆媒体は雑誌『ソトコト』ほか多数。著書『「小商い」で自由にくらす~房総いすみのDIYな働き方』(イカロス出版)はAmazon.jp「社会と文化」「経済学」の2部門で1位獲得。http://bit.ly/2q8AVGv

鈴木 美央
O+Architecture主宰。1983年生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、渡英、設計事務所Foreign Office Architects ltdにて2006年より2011年まで勤務。帰国後、慶應義塾大学理工学研究科勤務、2013年より同大学博士後期課程在籍、2017年博士号(工学)取得。現在は建築設計、行政のアドバイザー、マーケットの企画・運営、公共空間の研究などを行う。著書に『マーケットでまちを変える~人が集まる公共空間のつくり方』(学芸出版社)。

◎関連書籍◎
◎発売1ヶ月で重版!
『マーケットでまちを変える 人が集まる公共空間のつくり方』
鈴木美央 著

全国で増えるマルシェ、ファーマーズマーケット、朝市…。閑散とした道路や公園、商店街を、人々で賑わう場所に変えるマーケットは、中心市街地活性化、地産地消、公民連携など、街の機能をアップさせる。東京&ロンドンで100例を調査し、自らマーケットを主催する著者が解説する、マーケットから始める新しい街の使い方。
http://bit.ly/2KNqosG

記事をシェアする