このイベントは終了しています

【終了】未来の風景をつくる 学生コンペ | 令和に向けた街の豊かさを企画せよ!(2019/08/08|愛知)

詳細は主催団体等にお問い合わせください。

[概要]
◎締切日時:2019/08/08
◎会場: 未来デザインラボ コンペ係(愛知県日進市赤池2-808)
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2MBHpMn

—–

■未来の風景をつくる 学生コンペ
「令和に向けた街の豊かさを企画せよ!」

平成は日本が新たな局面を迎えた時代です。2005 年における人口減少社会への転化を筆頭に、 社会基盤・社会福祉負担の増大化、コミュニティの希薄化といった多くの問題が顕在化しました。また、インターネットの発達によって価値観の似ている者同士が繋がりやすくなったことや、コミュニケーションが「リアルな場」を共有しなくとも可能になったことも特筆すべき変化といえます。多様な価値観の人々が「リアルな場」を共有する「街」はどのような役割を持ち、どのような豊かさを提供するべきなのでしょうか。
近年の目まぐるしい技術の発展により次々と新たな仕組みやサービスが生まれています。 スマートフォンや SNS を始め、エネルギーシェア、モビリティ変革、IoT、AI。 こうした技術は私達の生活をさらに便利なものにしていきます。 その一方で、行き過ぎた技術の進歩が人間性を欠く社会を生み出す可能性も示唆されています。使い方次第で有益にも脅威にもなりうる「技術」。 それらは今まで想像もできなかったような風景を生むかもしれません。 あるいはどこか懐かしいと思えるような風景を生むかもしれません。
このような背景から「ー未来の風景をつくる学生コンペー 令和に向けた街の豊かさを企画せよ!」を開催するに至りました。 「建築」や「しくみ」「新技術」といった枠組みから『街を企画』してください。
全国的に空き家問題が取り沙汰される中、新築の住宅街を企画することの意味とは何か。今回のテーマを設定するにあたり、自らにそう問うてみました。東海地区は豊かな経済と環境で、日本の中でも比較的新築の需要が根強い場所です。そのような背景に加えて新たに開発する 街というニュートラルな環境が揃うことは、新たな「タネ」が芽生えやすい、「街の実験場」にふさわしい風土になりうると考えました。
そして、これからの社会を担う学生にこそ、その「タネ」の創造を期待します。「未来にとっての当たり前」の風景となるような価値の創造にぜひ挑んでください。

募集要項詳細

①コミュニティコアの提案(必須)
住民同士の関係性が育まれるような「しくみ」を考え提案すること。その際に街の敷地を用いて、建物や敷地の使い方を自由に計画してよい。
②区画割の提案
区画割を自由に提案して良い。「参考区画割図」を掲載するが、あくまで参考であり、公園・緑地・共用施設・道路等自由に変更して良い。ただしその際は「前提条件」に記載する事項に注意すること。
③住戸の提案
住戸のデザインを自由に提案しても良い。ただし、あまりにもコスト的・ニーズ 的に特殊なものは、「実現可能性」という点で評価において芳しくない。
※ただし、①コミュニティコアの提案は必須とし、②および③は適宜提案可能とする。

審査員

審査委員長…原田真宏(建築家 /マウントフジアーキテクツスタジオ主宰、芝浦工業大学教授)
審査員…林厚見(不動産プロデューサー /SPEAC共同代表 、東京R不動産ディレクター)
田中元子(建築コミュニケーター/グランドレベル代表)
藤村龍至(建築家/東京藝術大学准教授、RFA 主宰)
牧野隆広(起業支援家/名古屋大学 客員教授、ミライプロジェクト代表)
モデレーター…間宮晨一千(未来デザインラボディレクター、愛知淑徳大学講師)

応募資格

・大学生あるいは大学院生、専門学生、高専生とする。
・チームでの応募も可能とする。
・建築外の学生の応募も可能とする。

賞金

未来デザイン賞:30万円(1点)
優秀賞:10万円(1点)
入賞:3万円(3点)

スケジュール

コンペに関する質問受付:2019年6月1日(土)~30日(日)
※2019年7月16日(火)よりホームページ上にて順次回答を予定しております。
受付期間:2019年6月1日(土)~8月8日(木)
受付期間:2019年8月19日(月)-9月5日(木)必着
審査結果発表:2019年9月25日(水)を予定
表彰式:2019年10月上旬を予定

主催

中電不動産株式会社

協力

株式会社デンソー

企画委員会

生田京子(名城大学教授)、𣘺本雅好(椙山女学園大学准教授)、米澤隆(大同大学専任講師)

企画・運営

未来デザインラボ(株式会社ラ・カーサ、1/ 千、SUVACO 株式会社)

記事をシェアする