セミナー|『建物改修・活用のための建築法規』著者・佐久間悠さん登壇@東京(10.4)

公開日:2019/09/30/最終更新日:2019/11/12

現在、既存ストックの活用についての需要が高まり、リノベーション設計はますます注目を浴びています。住宅からシェアハウス、オフィス、ホテル、教育・福祉施設、商業建築まで豊富で魅力的なリノベ―ション事例を目にする一方、知識や情報不足から違反の指摘を受けるなど、売買や入居トラブルも発生し、悩みを抱える事業者が少なくありません。

本セミナーでは、違法建築の適法改修に高い専門性をもち、幅広いクライアントへのサービスに関わってきた建築家を講師に迎え、豊富な事例紹介を交えながら、建物のもつ問題点や適正な改修方法を取得することで、建築ストック活用への可能性を考察します。新規事業を展開するオーナーやテナント事業者、そして建築業に携わる方の理解を深めることで、リノベ―ション計画の推進と、事業拡大の一助となることを目的としたセミナーです。

当日はセミナー会場にて講師の著書「事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規」を販売いたします。

建物の法律家が語る 建物改修・活用のための建築法規

『事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規』著者・佐久間悠さん登壇

━概要

  • 日 時:2019年10月4日(金)17:00~19:00
  • 会 場:リビングデザインセンターOZONE 5Fセミナールーム(東京都新宿区西新宿3-7-1)
  • 参加費(税込):4000円
    ※当日会場受付でのお支払(現金のみ)
    ※CLUB OZONE会員の方は2000円
  • 詳細・申込み:
    http://i.r.cbz.jp/cc/pl/daax9784/ezcjv1x7z1a1/haq8g797/

━講師

佐久間悠(建築再構企画代表)

1977年神戸市生まれ。一級建築士。京都工芸繊維大学大学院修了。
株式会社建築再構企画代表取締役。
建築及び内装デザインの設計・監理の経験を活かし、「建物の法律家」として、違法建築、既存不適格の適法改修に高い専門性を有し、個人住宅から上場企業の保有施設まで、幅広いクライアントに対して、サービスを展開。
第2回「これからの建築士賞」受賞(2016年)。監修書に「知っておきたい!最新 図解 建築基準法と消防法のしくみ」(三修社、2016年)、著書に「事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規」(学芸出版社、2018年)等がある。

関連書籍

3刷突破!

『事例と図でわかる 建物改修・活用のための建築法規 適法化・用途変更・リノベーションの手引き』

佐久間悠 著

━詳細

中古物件のリノベーション活用でポイントになる建築法規を実例をもとにわかりやすく解説。建物オーナー、テナント、設計者必読!
http://i.r.cbz.jp/cc/pl/daax9784/mvlqi1hpgio6/haq8g797/

関連イベント

「建築と不動産のあいだ」

  • 講 師:高橋寿太郎(創造系不動産代表)
  • 日 時:2019年10月27日(日)14:00~16:30
  • 会 場:(公社)愛知建築士会会議室(名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル9階)
  • 参加費:名東支部会員・学生500円/他支部・一般1000円(当日支払)
━詳細・申込みはこちら

http://i.r.cbz.jp/cc/pl/daax9784/ago7txt4z8st/haq8g797/
(※申込み期限10/27)

━関連書籍

『建築と不動産のあいだ そこにある価値を見つける不動産思考術』

4刷突破!

高橋寿太郎 著

設計事務所と不動産会社を渡り歩き、両業界のコラボレーションに挑戦する著者が、より創造的な価値を生む考え方と実践を紹介する
http://i.r.cbz.jp/cc/pl/daax9784/h5d0cmftd4mp/haq8g797/

記事をシェアする