ニューヨーク公共図書館 街角の雑踏や地下鉄の喧騒など“今聞けなくなった音たち”を集めたアルバムを制作しSpotifyなどで公開

タグ:
公開日:2020/05/02/最終更新日:2020/05/15

  • ニューヨーク公共図書館が、ニューヨークにあふれる様々な「音」を収録したオムニバスアルバム「Missing Sounds of New York」(どこかに行ってしまったニューヨークの音たち)を、音楽ストリーミングサービスSpotifySoundCloudで無料公開している。
  • アルバムは、クリエイティブエージェンシー「Mother New York」との協働で制作されたもの。同図書館はプレスリリースで「これはニューヨークという街への“ラブレター”である。互いに離れ離れになっているかつてない日々の中で、この街に暮らす人たちが、いつも愛し、今は聞けずに寂しささえ感じるような、聞きなじみのある音を囲んでつながりあってもらえれば」とその制作意図を語っている。
  • アルバムには、地下鉄駅にこだまする喧騒(1)、ラッシュアワー時の街角の雑踏(2)、野球場のスタンドに響く観客の声援(4)、レストランを埋めるディナー客の会話や食器の触れ合う音(7)など、以下の全8曲が収録されている。
    1. To See an Underground Show
    2. Romancing Rush Hour
    3. Serenity Is a Rowdy City Park
    4. Out in Left Field
    5. For the Love of Noisy Neighbors
    6. I’d Call a Cab to Anywhere
    7. Never Call It a Night Again
    8. The Not-Quite-Quiet Library

詳細

Missing Sounds of New York: An Auditory Love Letter to New Yorkers

2020/05/01/NYPL

https://www.nypl.org/blog/2020/05/01/missing-sounds-of-new-york