国土交通省 自然環境の多様な機能を活用する「グリーンインフラ推進戦略」を公表

以下、国土交通省の報道発表資料より

国土交通省においては、国土形成計画(平成27年8月閣議決定)等を踏まえ、社会資本整備や土地利用等のハード・ソフト両面において、自然環境が有する多様な機能を活用し、持続可能で魅力ある国土・都市・地域づくりを進めるグリーンインフラに関する取組を進めてまいりました。

  • 昨今の自然災害の頻発化・激甚化、人口減少や少子高齢化等の社会経済情勢の変化を踏まえ、次世代を見据えた社会資本整備や土地利用を推進する観点から、一部の先進事例にとどまっていたグリーンインフラの取組を社会資本整備や土地利用等を進める上での全般的な取組として普及・促進するため、昨年12月に有識者からなる「グリーンインフラ懇談会(注:裏面参照)」を開催し、欧米の事例も参考にして議論を進めてまいりました。
  • 今般、懇談会での議論を踏まえ、本年4月に公表を行った「中間整理」に示された方向性を具体化した「グリーンインフラ推進戦略」のとりまとめを行いましたので公表いたします。
  • 今後、この推進戦略を踏まえ、プラットフォームの創設等グリーンインフラ主流化のための環境整備、グリーンインフラ推進のための支援の充実等、グリーンインフラの取組を加速してまいります。

詳細

記事をシェアする

公開日:2019/07/08/最終更新日:2023/08/30
学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ