このイベントは終了しています

【終了】なにわまちづくり放談!がもよんにぎわいプロジェクト・和田欣也×ハートビートプラン・泉英明「使い倒されるまちのつくりかた」(2021/12/14 京都,オンライン)

このイベントのアーカイブ動画

※視聴にはまち座プラス会員としてのログインが必要です

なにわまちづくり放談!がもよんにぎわいプロジェクト・和田欣也×ハートビートプラン・泉英明「使い倒されるまちのつくりかた」

このイベントの主催者:学芸出版社
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

地域に眠る資源を掘り起こし、そこに暮らす人や訪れる人に“使い倒される”まちをつくるには、どうすればよいのでしょうか。
ずばり「使い倒されるまちのつくりかた」をテーマに掲げる今回のイベントでは、大阪を拠点としてまちづくりに取り組む2人の実践者をゲストにお迎えします。

1人目は、一般社団法人がもよんにぎわいプロジェクト代表理事の和田欣也さん。
120年前に建てられた米蔵をイタリアンに改装した「リストランテ・ジャルディーノ蒲生」を皮切りに、洋食店、居酒屋、カフェなど現在までに32店舗を手掛ける。またまちおこしの一環としてバルイベント「がもよんばる」や「がもよん文化部」等の地域交流を精力的に実施されています。
またこのほど、大阪市城東区蒲生四丁目で実施している古民家再生の取り組み〈がもよんモデル〉で、同法人として2021年度グッドデザイン賞を受賞されました。

もうお1人は、都市デザイン事務所ハートビートプラン代表の泉英明さん。
北浜テラス〉(大阪活力グランプリ2009特別賞)、〈水都大阪プロジェクト〉(日本都市計画学会2015年度石川賞)や〈長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクト〉(2020年度グッドデザイン賞)など、公共空間の利活用や、市民によるまちづくり支援などで数々のプロジェクトを実践されています。

まちを“診る”目の養い方や活かし方、関西とりわけ大阪でまちづくりに取り組むことの面白さや難しさ、そしてまちづくりの仕事と“評価“や“評判”などについて、ざっくばらんに語り尽くしていただきます。

ぜひご参加ください!

出演者プロフィール

和田欣也

一般社団法人がもよんにぎわいプロジェクト代表理事。アールプレイ株式会社 代表取締役社長。1966年大阪市城東区出身。2005年に長屋再生事業を立ち上げ、2008年より大阪市城東区蒲生四丁目を中心としたエリアで「がもよんにぎわいプロジェクト」を行う。著書に『空き家再生でみんなが稼げる地元をつくる 「がもよんモデル」の秘密』(学芸出版社)。


泉英明

都市プランナー、有限会社ハートビートプラン代表。大阪なんば、西梅田、豊田、岡崎、姫路のまちなか再生や公共空間のプレイスメイキング、水辺空間のリノベーション「北浜テラス」「水都大阪」事業推進、「長門湯本温泉」の温泉地再生などに関わる。まちづくりのまち医者を目指している。著書に『都市を変える水辺アクション』(共編著、学芸出版社)、『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著、日経BP社)。

日時

2021年12月14日(火)19時~21時(18時30分開場)

会場・配信

(1)リアル会場

学芸出版社3階(タイルギャラリー京都):定員20名程度

(2)オンライン

Zoomでライブ配信:定員100名程度

参加費

リアル・オンラインともに
書籍付き参加=2,200円
聴講のみ参加=300円

イベントで使えるクーポンコードのご案内
学芸出版社・まち座プラスに登録いただくと本イベントが無料でご参加できます!
※書籍付チケットは300円引
ご登録はこちら

申し込み

記事をシェアする