このイベントは終了しています

【終了】『サーキュラーデザイン』出版記念|ローカルの持続可能性とサーキュラーデザイン(2022/2/8 オンライン)

〈まち座〉ではイベントのご紹介のみ行っています。詳細は主催団体等にお問い合わせください。
このイベントの主催者:岡山県新庄村

このイベントはゲストスピーカーに新庄村出身の工学研究者・津田和俊さん(京都工芸繊維大学 講師)を迎え、2月1日(火)に発売される新刊「サーキュラーデザイン 持続可能な社会をつくる製品・サービス・ビジネス」についてお話を伺いながら、ローカルにおける地産素材の循環、サーキュラーデザインについて考えます。

モデレーターを務めていただくのは株式会社インフォバーン代表取締役会長(CVO)の小林弘人さん。1994年に雑誌「ワイアード」日本版を創刊、編集長を務めたのち、『フリー』『シェア』『パブリック』など、数々の書籍の監修・解説を手がけた日本有数のビジョナリー・小林さんとともに、サーキュラーエコノミーの現在をよみほどいていく1時間です。

また本イベントは、岡山県新庄村の木工オープンファクトリー・FabSpaceShinjo( https://noph.localinfo.jp/ )の運営を担う、地域おこし協力隊募集におけるガイダンスとしても位置付けており、岡山県新庄村のような過疎最前線の地域が今後向かうべき方向について、理解を深める機会として準備しています。応募を検討されている皆さまはぜひご参加ください(※地域おこし協力隊の応募を検討されていない方のご参加も大歓迎です)。

※参加者には前日までにZoom URLを送信します。
※配信動画は編集のうえ、後日公開いたします。

記事をシェアする