このイベントは終了しています

【終了】土地所有の放置・放棄時代をどうするか? その 1 所有者不明土地関連法で解決するか(2021/9/18 オンライン)

このイベントの主催者:現代総有研究所(所長 五十嵐敬喜 法政大学名誉教授)
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

現代総有研究所 2021年度連続フォーラム

今年の通常国会(第204国会)では、所有者不明土地問題を解消するために、相続や住所移転に伴う土地登記を義務化する法律が成立しました。不動産登記簿で所有者名と所在を明記すること、調査しても所有者(共有者)が不明の場合は、判明している所有者の合意と裁判所の関与により、強制的な分割や処分を可能とする方法が定められました。
山林や農地の管理放置と荒廃化、住宅の放置放棄に対し、この法律により解決が可能なのか、新しい制度に効果はあるのか、少子化社会、超高齢社会、単身社会が進展するなかで、どのような制度が必要となるのか、この法律制定に係わっ た研究者等をゲストスピーカーに迎え、討論します。

日時

9月18日(土)15:00~17:00

場所

zoom

スピーカー

宮崎一徳(参議院事務局)、吉原祥子(東京財団政策研究所)、石田光曠(司法書士)、高村学人(立命館大学教授)、日置雅晴(弁護士)、野口和雄(都市プランナー)

参加費

無料

資料代:一般用(当日資料+所報「現代総有」3号 送料込み)1500円

ご希望の方は申込用ページURLから、資料のお申込みの旨、並びにご住所の記入をお願いします。

申し込みはこちら

http://www.soyuken.jpn.org/cn2/pg171.html

申込の方へは後日参加用アドレスを送付致します

問合せはこちら

Info@soyuken.sakura.ne.jp

記事をシェアする