このイベントは終了しています

【終了】現代日本の住まいと暮らし-「あこがれ」と現実のはざまで|第57回住総研シンポジウム(2021/11/24 東京,オンライン)

このイベントの主催者:一般財団法人 住総研
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

  • 日時:2021年11月24日(水)13:30~17:00(開場 13:00)(申込締切11/17)
  • 会場:建築会館ホールおよびオンライン
  • 参加費:無料※会場では募金へのご協力をお願い致します。
  • 詳細・申込:
    http://www.jusoken.or.jp/symposium/jusokensympo_57.html

要旨

第二回は,嗜好性の高い「住まい」と「暮らし」に注目し,それがどうすれば「あこがれ」の住まいと暮らしになるのかを考える。第一部は,現代の事例(環境共生住宅やZEHなど)と大衆の「あこがれ」にはなっていない過去の事例(建築家の作品)を,第二部では,嗜好性の高いものから流行へ変化した事例として茶室を取り上げ,更にその実現過程を「仮想現実~現実」という社会現象のなかから見直すことでブレイクスルーの要因や背景を再考する。

プログラム

趣旨説明

後藤治(工学院大学教授)

講演(講演順)

【第1部】
  • 小泉雅生(東京都立大学教授) 「アシタノイエ」
  • 伏見唯(株式会社伏見編集室代表取締役) 「住人の住居史」
【第2部】
  • 桐浴邦夫(京都建築専門学校副校長) 「侘数寄の茶室は“あこがれ”から始まった」
  • 豊田啓介(noiz/gluon/東京大学生産技術研究所特任教授)「高次元に拡張する『くらし』」

《討論》

  • 司会 後藤治(前掲)
  • パネリスト 小泉雅生(前掲)/伏見唯(前掲)/桐浴邦夫(前掲)/豊田啓介(前掲)

※登壇者,講演テーマは変更になる場合がございます。

記事をシェアする