次世代まちづくりスクール特別講座「空き家を使って“カフェ”をする」講師:橘憲一郎氏

主催 次世代まちづくりスクール
※詳細は主催団体等にお問い合わせください。
  • 日時:
    • 第一回目2024年1月29日(月)19:30-21:00
    • 第二回目2024年3月23日(土)15:00~17:00
  • 会場:オンライン(zoom)※第二回目は愛媛県松山市現地開催
  • 参加費:
    • 一般:5500円
    • 次世代まちづくりスクール受講生:無料※第二回目の現地までの交通費は個人負担となります。
  • 定員数:15名程度
  • 詳細・申込:

内容

一度は、こんなこと思ったことありませんか?
「色んな人があつまる”カフェ”のような場所をつくりたい。。。」
そんなあなたのために、1月と3月に特別講座を開講いたします!

24年間のカフェ・スイーツの現場においての課題、創業6年赤字の経験から、
持続可能な運営に必要な押さえておきたいポイントなど、今後の空き家再生との
相乗効果を生み出すカフェ・スイーツ運営のノウハウを自社の事例を通して、お伝えします。

ピカソやゴッホはなぜ“カフェ”に通ったのか?そんな疑問から、
これからの未来に向けての“カフェ”の必要性、社会の必要な機能としての
“カフェ”について、共に意見を交わしながら、学問としてではなく、
実践を通して共に学びあえる講座にしてまいります!

学べる内容

  • ①“カフェ”経営の観点と“カフェ”プロデュースのポイント
  • ②空き家再生דカフェ”プロデュースの可能性 ~空き家再生におけるカフェの相乗効果と可能性~
  • ③“カフェ”を地域に開くヒント

こんな方におすすめ

  • いずれ空き家を使って“カフェ”を経営したいと思っている方
  • “カフェ”経営に興味があるが、何を考えればよいか分からない方
  • とにかく“カフェ”が好きな方
  • “カフェ”という場に魅了されている方
  • “カフェ”とまちづくりを結びつけられないかと模索している方

講座内容

第1回目

「 “カフェ”プロデュースで考えるべきコトって?」

  • 日時:2024年1月29日(月) 19:30-21:00
  • 方法:オンライン(ZOOM)
  • 内容:“カフェ”プロデュースのポイント紹介
    • 1)カネ(投資・収益計画)
    • 2)モノ(商品開発)
    • 3)ヒト(採用人事)
    • 4)交流の視点(空き家)
      事例紹介:空き家再生“カフェ事例~道後・松山~

第2回目

「“カフェ”を地域に開くには? ~空き家再生“カフェ”プロデュースを体感~」

  • 日時:2024年3月23日(土)15:00~17:00
  • 方法:現地開催のみ
  • 内容:“カフェ”を地域に開くポイントの紹介
    • 1)生産者とつながる
    • 2)地域とつながる
    • 3)スタッフとつながる
      現地見学:道後×スイーツ プロジェクト in 愛媛県松山市

※特別講座の詳細は、決定次第随時ご案内いたします。

講師プロフィール・実績

教授:橘憲一郎 有限会社ラポール/代表取締役

1999年広島大学卒業後、スターバックスコーヒージャパン㈱3度試験に落ちながら、社長へ手紙を書きアルバイトから入社。2003年長野駅前店では店長としてオープン日、売上世界一を記録。6年間スターバックスの現場で、店舗運営、人財育成の経験を積む。その後、愛媛県で㈲ラポール創業。お菓子を作れない経営者。女性比率90%でパティスリーラポール5店舗、三日月とカフェ2店舗、就労支援事業Akariをグループ90名で運営。お菓子の力で社会の問題を解決するソーシャルスイーツカンパニーを目指し、生産者と共にお菓子で喜びを創れる人材育成を通し、まちづくりに貢献します。
有限会社ラポール https://www.kamu-group.com

本イベントに関するお問い合わせ

ご不明点は下記までお問合せください。

地域未来創造大学校・次世代まちづくりスクール事務局(株式会社エンジョイワークス内)
お問合せフォーム: https://ewform.enjoyworks.jp/index.php?id=412
メール: info.machi-school@hello-renovation.jp
担当:金澤(080-4900-0394)

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ