【受付終了】アメリカの縮小都市: クリーブランドの都市政策的課題と展望(2018/09/25)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

[概要]
◎開催日時:2018/09/25 16:30~ 18:30
◎会場: 京都市伏見区深草塚本町67龍谷大学深草キャンパス 和顔館4階 会議室2
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2P4v4fU

—–
現在、日本の総自治体の8割近くが人口縮小しています。人口縮小は地域経済や地域アイデンティティ脆弱化、コミュニティの弱体化などをもたらします。これらの課題にアメリカの縮小先進都市であるクリーブランドがどのように取り組んできたのか。その課題に真っ正面に取り組んできたケント大学のシュヴァルツ先生に、その対策を講義していただきます。

●日時・会場
9月25日(火)16:30-18:30(16:20開場)
龍谷大学深草キャンパス和顔館4階会議室2

●参加費
無料

●講師
ケント州立大学教授、Cleveland Urban Design Collaborative
テリー・シュヴァルツ氏

1991年にコーネル大学で都市計画修士号を取得。2004年までケント州立大学で教え、2005年からクリーブランド・アーバンデザイン・・コラボラティブのディレクターを務める。デザイン・ガイドラインの策定、雨水管理を含むグリーン・インフラストラクチャーの計画の策定などを手がける。2009年にクリーブランド・デザイン芸術賞を受賞。

●お問い合わせ
JUDI国際委員長・龍谷大学政策学部教授
服部圭郎
hattorikeiro@mac.com

●主催:都市環境デザイン会議国際委員会
●共催:龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター

◎関連書籍◎
『ドイツ・縮小時代の都市デザイン』
服部圭郎 著
人口減少社会を生き抜くドイツの姿勢と政策
http://bit.ly/2ujvPcq

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ