【受付終了】五台山のこれからを考える(2018/09/09)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

[概要]
◎開催日時:2018/09/09 13:00~ 16:15
◎会場: 竹林寺 書院(高知市五台山3577)
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2Ngir0E

—–
五台山には約1300年の歴史を持ち四国霊場三十一番札所である竹林寺、山の起伏を生かし野生植物などが四季を彩る高知県立牧野植物園があり、訪れた人々は人の生と死、植物の生命に触れることにより自然と「いのち」に向き合うことができます。その大切な「いのち」の場のこれからの在り方とは。まちづくりや建築、ランドスケープの視点から探ります。どこにもないここにしかない魅力と在り方を考えたいと思います。

日時:9月9日(日)13:00-16:15(12:30開場)
講師:堀部安嗣(建築家)、服部圭郎(龍谷大学教授)
場所:竹林寺 書院
定員:80名 /参加無料/事前申込制

申込先:竹林寺
メールアドレス info@chikurinji.com
TEL 088-882-3085 FAX 088-884-9893
申込時にお名前、人数、所属をお伝え下さい。

主催・問合せ:竹林寺
TEL 088-882-3085

◎関連書籍

『堀部安嗣 小さな五角形の家』
堀部安嗣 著 柳沢究 構成

建主との対話、エスキス、基本設計図、実施詳細図、構造・設備・外構計画と多視点で紐解く“30坪の住宅”に込めた設計思想の全貌
http://bit.ly/2L2yeDA

『ドイツ・縮小時代の都市デザイン』
服部圭郎 著

日本に先立って産業縮小・人口減少が進むドイツ。現地取材をもとに都市・地域計画による対策から、日本の地方都市の指針を探る。
http://bit.ly/2ujvPcq

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ