【受付終了】ANDON書店トーク Vol.4 | 公共R不動産のプロジェクトスタディ | 飯石藍・菊池マリエ(2018/09/06)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

[概要]
◎開催日時:2018/09/06 19:30~ 21:00
◎会場: おむすびスタンド ANDON 〒103-0023 東京都 中央区日本橋本町3-11-10
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2KNZkZO

—– おむすびスタンドANDON書店トークイベントを開催します!

おむすびスタンドANDONは1階がおむすび屋、2階が本屋となっている、食とカルチャーの発信拠点です。2階の書棚では、食、暮らし、米、地域、東京など、様々なテーマで集められた本が並んでいます。
そして、今回のイベントは本棚で販売している書籍の著者をおよびして、本のこと、著者の方自身のことなど様々なお話を聞ける企画となっています。

第4回目では、『公共R不動産のプロジェクトスタディ 公民連携のしくみとデザイン』著者の、飯石藍さん、菊地マリエさんをゲストにお迎えします。

2018/09/06 THU
飯石藍 菊地マリエ
『公共R不動産のプロジェクトスタディ 公民連携のしくみとデザイン』

公共空間の活用が加速している。
規制緩和が進み、使い方の可能性が広がり、行政と民間の連携も進化。
本書は企業や市民が公共空間を実験的/暫定的/本格的に使うためのノウハウを、国内外のリノベーション活用事例、豊富な写真・ダイアグラムで紹介。
公共空間をもっとオープンに、公民連携をもっとシンプルに使いこなそう。
(Bookデータベースより)

遊休化した公共空間の情報を全国から集め、それを買いたい、借りたい、使いたい企業や市民とマッチングするウェブサイト、公共R不動産。
スタートして3年がたった現段階で得られた経験や知識、そして整備しなければならない方法論をまとめた一冊が今年6月に発売されました。

国内外の事例をプロジェクトスタディ、コラム、インタビュー、妄想企画4つのコンテンツで構成されている本書。その大きな特徴として、管理する人、運営する人、使う人、誰にとっても読みやすいよう工夫されている点が挙げられます。
前半は、公共空間を使う際のステップを4つに分けてまとめたもの。後半は、公共空間をひらく際の可能性を3つのメッセージでまとめてあります。さらに実践で活躍している方へのインタビューやコラムなども盛り込まれた、ボリュームたっぷりの内容となっています。

では、実際にどんな活用事例があるのか気になり、ホームページの物件検索から覗いてみると、、
「町になった高架下」「公衆トイレで朝食を」など、ついつい詳細を確認したくなるような事例を発見。前者は、エリア特性を生かしてアトリエショップに、後者は、ピカピカに清掃されて、おいしいコーヒーが飲めるカフェに生まれ変わっていました!
どちらも、ややマイナスなイメージを持つ空間ではありますが、そんなことは少しも感じさせない素敵な変身を遂げています!

そんなユニークな企画の生まれ方や公共空間の使い方のヒントなど、イベントではお二人それぞれの視点からお話がうかがえそうですよ。

また、当日はANDONの代表である、小野裕之が進行役を務めます。
イベント後には、著書『公共R不動産のプロジェクトスタディ 公民連携のしくみとデザイン』の販売も行います!

さらに、イベント終了後には登壇者をまじえた交流会を行いますので、時間もたっぷり用意しています!
ぜひ、お気軽にご参加くださいね!

【登壇者プロフィール】
飯石藍 (Iishi ai)
公共R不動産/株式会社nest/リージョンワークス合同会社。1982年生まれ。
上智大学文学部新聞学科卒業後、アクセンチュア株式会社にて自治体向けのコンサルティング業務に従事。その後2013年に独立し、2014年より公共R不動産の立ち上げに参画。全国各地で公民連携・リノベーションまちづくりのプロジェクトに携わりながら、南池袋公園・グリーン大通りのPPPエージェント会社の立ち上げにも参画。

菊地マリエ (Kikuchi marie)
公共R不動産。1984年生まれ。
国際基督教大学教養学部卒業。株式会社日本政策投資銀行勤務、地域企画部にて公共不動産の調査業務を担当、在勤中に東洋大学経済学部公民連携専攻修士課程修了。日本で最も美しい村連合特派員として日本一周後、2014年より公共R不動産立ち上げに参画。現在はフリーランスで多くの公民連携プロジェクトに携わる。共著書に『CREATIVE LOCAL エリアリノベーション海外編』。

時間  19:30~21:00(終了後、登壇者をまじえた懇談会あり)
参加費 〇前売り ¥1,500 / 〇当日 ¥2,000 (1ドリンク+1おむすび付き)
当日券は、店頭での販売となります。
定員  限定10名
(懇談会に定員はありませんので、トークイベントに間に合わなくてもぜひご参加ください!)
場所  おむすびスタンドANDON
東京都中央区日本橋本町3-11-10

◎関連書籍◎
『公共R不動産のプロジェクトスタディ』公共R不動産 編集/飯石藍・菊池マリエほか著 / http://bit.ly/2KNtNIa

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ