【受付終了】東アジア美食・文化・観光 国際フォーラム2018(2018/08/17)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

「東アジア美食・文化・観光 国際フォーラム2018」

本フォーラムは、日本・韓国・中国の3ヶ国を中心とした東アジア地域のガストロノミー(美食)、カルチャーとツーリズムを通じた交流と活性化を目的として発足しました。観光・食文化・外食の研究者、教育者、経営者のエキスパートと美食家が参集し、東アジアの繁栄に寄与することを目標として第1回は2017年7月にソウルで開催され、第2回をこのたび大阪で開催いたします。

テーマ:「伝統料理(郷土料理)とツーリズム」

日 時:2018年8月17日(金)フォーラム: 13:30~17:45
参加料:1,000円(学生500円)*交流会(18:30~20:00)参加の方は別に会費4,000円
会 場:大阪府立大学‐I siteなんば2階 カンファレンスルーム(大阪市浪速区敷
津東2丁目1番41号)
定 員:120名(内、韓国・中国からの参加者30名を含む)
主 催:日本フードツーリズム学会 社団法人韓国美食協会

申込方法:Eメールで event@foodtourism.jp へお申し込みください。

定員数(90名)になり次第、締め切らせていただきます。
件名を「フォーラム参加申込」とし、氏名、連絡先、所属を明記の上、ご送信ください。
交流会への参加を希望される方は、その旨を明記してください。

《プログラム》

基調講演:片岡究氏(オイシージャパン株式会社代表取締役)インバウンドフードプロデューサー

研究発表
(1)村上喜郁氏(追手門学院大学経営学部 准教授)「伝統料理とインバウンド」
(2)張・ジヨン氏(祥明大學校 博士課程)「フードスタイリングの視覚的効果」
(3)李 苗苗氏 (韓国忠北大學校 博士課程)「中国の食文化と八大料理」

シンポジウム:「伝統料理とインバウンド振興」
モデレーター・中村忠司氏(大阪観光大学 教授)と上記発表者らによるパネルディスカッション

お問合せ先:日本フードツーリズム学会事務局(大阪観光大学内)
jimu@foodtourism.jp

詳しくはこちら
http://bit.ly/2zZWOQp

チラシ
http://bit.ly/2uGwPrO

◎関連書籍◎
『美味しい田舎のつくりかた』金丸弘美 著 / 田舎の豊かさを仕事にするスモールビジネス / http://bit.ly/2zWJjAE

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ