【受付終了】アートは地域に何ができるか~アートを産業にする~|文化ビジネス塾(2019/07/15|滋賀)

※詳細は主催団体等にお問い合わせください。

[概要]
◎開催日時:2019/07/15 14:00~17:00
◎会場: 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール研修室
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2WT9jTJ

—–

趣旨

「滋賀県には多くのアーティストが移住するなど創造活動の拠点とされているが、もっと地元地域とつなげられないか。」という問いかけから、「アートは地域に何ができるか<滋賀編>~アートを産業にする~」というテーマを皆さんと一緒に考えます。

日時

2019年7月15日(月・祝) 14:00 ~ 17:00

場所

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール研修室(滋賀県大津市打出浜15-1)

定員

40名まで

費用

無料

内容

(1)レクチャー「アートを産業にする」

*講師:椿 昇氏(現代美術家、京都造形芸術大学教授)

瀬戸内国際芸術祭で2016年「小豆島未来プロジェクト」のディレクターを務めるなど 、アート・地 域・経 済をめぐり問題提起の発言を続けている。1989年全米巡回展、93年ベネチア・ビエンナーレ出品のほか、2003年横浜トリエンナーレなどで活躍。観客とアーティストが交流する全く新しいスタイルのアートフェア「ARTISTS’ FAIR KYOTO」ディレクター。

(2)参加者でディスカッション

産業とは、人々が生活する上で必要とされるものを生み出したり、提供したりする経済活動。古来から民衆の手による豊かな文化が育まれ、その景観を現在に伝えてきた滋賀。このアイデンティティをさらに磨き、滋賀ながらではの暮らしをデザインするアートと経済の連携による創造活動の持続可能モデルを議論します。
*アドバイザー:椿 昇氏

参加方法

氏名、電話番号、メールアドレス、職業(所属)、交流会参加の有無をFAXまたはメールでお申込みください。webページからも申込みできます。
http://bit.ly/2WT9jTJ
申込期限 : 7月10日(水)

主催・申込み・問合せ

文化・経済フォーラム滋賀事務局((公財)びわ湖芸術文化財団 法人本部内)
〒520-0806 大津市打出浜15-1
TEL:077-523-7146 FAX:077-523-7147
Eメール:bunka-keizai@biwako-arts.or.jp
http://bit.ly/2x6DMn1

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ