『問いのデザイン』が「読者が選ぶビジネス書グランプリ2021」7位入賞!

公開日:2021/02/17

読者が選ぶビジネス書グランプリ2021」で、『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』(安斎勇樹・塩瀬隆之著)が総合7位、リベラルアーツ部門2位を受賞しました。
2020年に発売されたビジネス書の中から読者(=ビジネスパーソン)が最も有意義だと感じたものを選んで投票する同グランプリは、今年で6回目を迎え、共同主催であるグロービス経営大学院とflierに加えて、メディア(毎日新聞社、NetGalley)、業界紙(新文化、文化通信)、出版取次各社(トーハン、日本出版販売、楽天ブックスネットワーク)が協力、メディアドゥグループが協賛で参画。良質なビジネス書をひとりでも多くの読者に届けられるよう、業界全体で盛り上げるため企画されたものです。

今年のノミネート作品は119作にのぼり、部門はイノベーション、マネジメント、政治経済、自己啓発、リベラルアーツ、ビジネス実務の6部門にわたります。
受賞作は現在のビジネス・トレンドを掴むのにうってつけの力作揃いです。ご投票いただいた皆様、ありがとうございました。
2月17日以降、全国の950を超える書店で順次フェアが開催されますので、この機会にぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

詳細はこちら

https://business-book.jp/result
https://www.flierinc.com/column/grandprix2021

書籍詳細

問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション
安斎勇樹・塩瀬隆之著
A5判・300頁・本体2700円+税

ワークショップのファシリテーションとは「問い」と「対話」を戦略的にデザインすること。問題の本質をどう見抜くか。固定観念をいかに壊すか。どうすれば課題が自分事になるか。商品開発・組織変革・学校教育・地域活性等でファシリテーターに必要な思考とスキルを解説。メンバーを本気にさせ、チームの創造性を引き出す極意。

『問いのデザイン 創造的対話のファシリテーション』安斎勇樹・塩瀬隆之 著

記事をシェアする