新刊『ルールメイキング』刊行記念イベント@東京(5.28)

公開日:2019/05/09/最終更新日:2019/11/12
イベントのご案内

『ルールメイキング ナイトタイムエコノミーで実践した社会を変える方法論』
刊行記念トークイベント

概要

  • 日 時:2019年5月28日(火) 19:00~21:00(開場18:45)
  • 会 場:代官山蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
  • 登 壇:齋藤貴弘(弁護士)、伏谷博之(タイムアウト東京)、石山アンジュ(シェアリングエコノミー協会)
  • 参加費:下記の2種からお選び下さい
    • 1)書籍『ルールメイキング』(2,376円)+イベント参加券(424円)セット 2,800円
    • 2)イベント参加券 1,500円
  • 詳細・申込み:こちら
    http://i.r.cbz.jp/cc/pl/daax9784/fub5i5enoy27/kd9hl6ur/

趣旨

『ルールメイキング ナイトタイムエコノミーで実践した社会を変える方法論』の刊行を記念して、著者の齋藤貴弘さん、タイムアウト東京の伏谷博之さん、Public Meets Innovationの石山アンジュさんをお迎えし、トークイベントを開催します。

テクノロジーの進化、ライフスタイルやビジネスモデルの変化に対して、適合しなくなった法律が社会のイノベーションを阻んでいます。

どうすれば時代遅れの法律をアップデートできるのでしょうか。

世界に選ばれる都市に必要なイノベーションとは何でしょうか。

風営法改正、ナイトタイムエコノミー政策立案でルールメイキングを実践し、新しい弁護士像を体現する齋藤氏、タイムアウト東京の発行を通して都市のポテンシャルの発見・活用を熟知する伏谷氏、イノベーターと公共をつなぐコミュニティを主宰するシェアリングエコノミー伝道師の石山氏、それぞれの視点から、社会を変えるルールメイキングについて語っていただきます。

登壇者

齋藤 貴弘

弁護士。1976年生まれ。学習院大学法学部卒業。2006年に弁護士登録の後、勤務弁護士を経て、2013年に独立。2016年にニューポート法律事務所を開設。日常的な法律相談や訴訟業務を行うほか、近年は風営法改正、ナイトタイムエコノミー議員連盟の民間アドバイザリーボードの座長、夜間の観光資源活性化に関する協議会の委員を務めるなど、各種規制緩和を含むルールメイキング、新規事業支援に注力している。著書に『ルールメイキング』。

伏谷 博之

ORIGINAL Inc. 代表取締役、タイムアウト東京代表。島根県生まれ。関西外国語大学卒業。大学在学中にタワーレコード株式会社に入社し、2005年代表取締役社長に就任。同年ナップスタージャパン株式会社を設立し、代表取締役を兼務。タワーレコード最高顧問を経て、2007年ORIGINAL Inc.を設立し代表取締役に就任。2009年にタイムアウト東京を開設し、代表に就任。観光庁、農水省、東京都などの専門委員を務める。

石山 アンジュ

一般社団法人Public Meets Innovation代表理事。一般社団法人シェアリングエコノミー協会事務局長。1989年生まれ。国際基督教大学卒業。株式会社リクルート、株式会社クラウドワークス経営企画室を経て現職。シェアリングエコノミーを通じた新しいライフスタイルを提案する活動を行うほか、政府と民間のパイプ役として規制緩和や政策推進にも従事。総務省、経産省、厚労省でも専門員を務める。著書に『シェアライフ』。

書籍詳細

齋藤貴弘著

『ルールメイキング ナイトタイムエコノミーで実践した社会を変える方法論』

風営法改正、ナイトタイムエコノミー政策を主導した弁護士のルールメイキング方法論。時代遅れの法規制をアップデートするために。

http://i.r.cbz.jp/cc/pl/daax9784/npf8c0lrd4ev/kd9hl6ur/

記事をシェアする