WORKSIGHT[ワークサイト]Studio O+A号 「Studio O+Aが生んだワークプレイス新時代」


コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所 著

内容紹介

イノベーションの陰の立役者

シリコンバレーからサンフランシスコに至るアメリカ西海岸ベイエリアが、世界のカルチャー、そしてビジネスを牽引するイノベーションの震源地となって久しい。旺盛なアントレブレナーシップによって時代時代で覇者が生まれ消えていく移り変わりの激しいエリアの中で、イノベーションを生み出す彼らのワークプレイスを20年以上もの間、陰で支えてきた設計事務所こそが今回特集するStudio O+Aだ。たった40人ほどの所帯ながら、ベイエリアのテックカンパニーの覇権が広く行き渡るにつれ、彼らの作り出すワークプレイスのイメージも伝播し、作り手と使い手双方に絶大な影響を与えてきた。巨大ベンチャーに向けた仕事だけではない。近年はデジタルトランスフォーメーションへの対応に迫られる旧来の大企業からのワークスタイル変革、リブランディングの依頼が絶えない。時代が彼らを求めているのだ。優れたアウトプットの裏側では、カルチャーの深層を探る文化人類学的なアプローチ、イメージの魅力を引き出すグラフィックデザインや専属ライターによるテキストの魅力、旧来の設計事務所とは異なるジャンルをクロスオーバーした所員たちが活躍する。なぜ、彼らが生み出すワークプレイスがあまたの起業家、経営者、ワーカーたちに評価されてきたのか、見えてくるあるべきこれからのワークプレイスとは何か、その核心に迫ってみよう。

体 裁 A4変・120頁・定価 本体1800円+税
ISBN 978-4-7615-0917-0
発行日 2019/07/25


目次著者紹介

Case1

McDonald’s[マクドナルド]/ブランドを未来に導く「ネクスト・イグジット」

Case2

Slack[スラック]/美しい自然への愛を表現した「パシフィック・クレスト・トレイル」

Case3

Blend[ブレンド]/洗練されたビジネス・テイストに家のような温もりを

Case4

Cambridge Associates[ケンブリッジ・アソシエイツ]/オープンなオフィスでこそチームワークは加速する

Case5

Microsoft[マイクロソフト]/トレンドの変化を見極めクリエイティブに対応する場

Case6

Abaca[アバカ]/若き技術者のライフスタイルを熟知したコリビング

Case7

Giant Pixel[ジャイアント・ピクセル]/「未来」を生み出し続けるスタートアップ・スタジオ

Case8

Alibaba Group[アリババ・グループ]/100年前の社交場がグローバル投資の拠点に

Case9

Food for Thought Truck[フード・フォー・ソート・トラック]/縦横無尽に駆け回るトラックはO+Aの「思考の糧」

FEATURE

Studio O+A San Francisco Headquarters[Studio O+A サンフランシスコ本社]

Wrap-up

山下正太郎/Studio O+Aは世界のワークプレイスをどう変えたのか?

コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所

世界の先端をゆく組織の働き方やオフィス空間を紹介する、2011年創刊の情報誌。
「働く環境のリデザイン」という視点から、経営の課題にアプローチする、ワークスタイル戦略を提案する。
現代のワークスタイルを考える企業のキーパーソンに向けて、海外の最新情報を発信し続けている。

ワークスタイル研究所は、ステーショナリー、オフィス家具、空間デザイン、働き方など、
多様な働く環境を提供するコクヨ株式会社の研究機関として調査研究・情報発信を行う。

関連記事

コクヨワークスタイル研究所のオウンドメディア「WORKSIGHT」がリニューアルへ ”オフィスのデザインから社会のデザインへ”をテーマに

紀伊國屋書店新宿本店で『WORKSIGHT』バックナンバーフェアが開催中です!

関連イベント

開催が決まり次第、お知らせします。