WORKSIGHT[ワークサイト]8号 「ウェルビーイング・アット・ワーク やっぱり健康的に働きたい!」


コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所 著

内容紹介

「工場観」から解放されるワークプレイス

今から90年ほど前にハーバード大学の研究グループによって発見された「ホーソン効果」というものがある。物理的条件よりも、人間関係などの内面性を重視する方が、成果が上がるというもの。これで工場的な「管理するオフィス観」からワーカーが解放されるはずであった。実際には成果指標が把握しづらく、影響は一部に留まった。時代は進み、先進国の企業ではグローバルでの競争に加え高齢化社会を迎え、優秀なタレントの能力を引き出し、確保するかが課題となってきた。個々人のコンディションを整え、ライフスタイルや家庭事情に合わせた心身ともに健康なウェルビーイングな職場が求められてきたのだ。これは単に社員の健康を保ち、業務ロスを抑えるということではない。個々の内面に問いかけ、積極的な成果を生み出す価値観が根底に流れている。ホーソン効果の発見から長い道のりを経て、職場がようやく人間的な場所になりつつある。

体 裁 A4変・88頁・定価 本体800円+税
ISBN 978-4-7615-0910-1
発行日 2015/10/16


目次著者紹介

CASE1

Medibank/革新されたカルチャーが社員の人生を充実させる

CASE2

NAB/旧来の銀行を激変させる「リアルタイムワーキング」

Interview

ジェームス・カルダー/個人よりチームワークを優先 やがて到来するABW3.0時代

CASE3

SAHMRI/光と優秀な人材を取り込む”松かさ”型ラボ

CASE4

Macquarie Group/ワークスタイル先進企業が取り組むオーストラリア随一の健康オフィス

CASE5

Envato/生活ありきの仕事環境がクリエイティブ・カルチャーを生む

Column

tacsi/オーストラリアの社会問題解決を目指すタクシーの取り組み

Wrap-up

山下正太郎/職場のウェルビーイングを考える6つの視点

コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所

世界の先端をゆく組織の働き方やオフィス空間を紹介する、2011年創刊の情報誌。
「働く環境のリデザイン」という視点から、経営の課題にアプローチする、ワークスタイル戦略を提案する。
現代のワークスタイルを考える企業のキーパーソンに向けて、海外の最新情報を発信し続けている。

ワークスタイル研究所は、ステーショナリー、オフィス家具、空間デザイン、働き方など、
多様な働く環境を提供するコクヨ株式会社の研究機関として調査研究・情報発信を行う。

関連記事

公開され次第、お伝えします。

関連イベント

開催が決まり次第、お知らせします。