WORKSIGHT[ワークサイト]6号 「レジリエント・ワークスタイル 変化を糧にするしなやかな働き方」


コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所 著

内容紹介

しなやかな強さを求めアジアへ

現代は「VUCA」の時代だと言われる。Volatility:変動性、Uncertainity:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性の頭文字を取り、グローバル企業が経営環境を表現するキーワードとしてこぞって使っている。地球環境の変化、人口変動、ステークホルダーの複雑化、就労形態の多様化。一国一企業で完結する課題ばかりでもなく、その変化対応に待ったなしの状況にある。この時代を乗り切るために、企業には何が求められるのだろうか? そしてワーカーはどのように考え、行動すべきか? 特集テーマに選んだ「レジリエンス」(Resilience)は「変化が起こってもしなやかに立ち直る強さ」を示す概念だ。今回、そのヒントを探る地として選んだのはアジア。目まぐるしく社会が変化しているシンガポール、韓国をめぐり、VUCAの時代をしなやかに生き抜くレジリエンスに長けた組織の環境づくりを追った。

体 裁 A4変・80頁・定価 本体800円+税
ISBN 978-4-7615-0908-8
発行日 2014/10/01


目次著者紹介

CASE1

NHN Entertainment/クオリティ・オブ・ライフの尊重がゲームの未来を切り開く

CASE2

Singapore Telecom/アジア最大級の通信会社が挑む “変化を生み出す絆”づくり

Interview

野中郁次郎/日本企業が持つ「知識機動力」とは?

CASE3

Seoul Creative Lab/市民自ら首都ビジョンを描く “フューチャーセンター”

COLUMN

id KAIST/世界有数のデザインスクールが見据える デザイン3.0の未来

CASE4

Asiance/ローカルルーツの体現がグローバル企業と対等な関係を築く

CASE5

The Co/帰属欲を刺激し、人の輪が増える クラブ的コワーキングスペース

Wrap-up

山下正太郎/三つのレイヤーで考えるレジリエンスを高めるワークスタイルとは?

Reference

小西喜朗/マインドフルネス

Solutions
LEAGUE

コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所

世界の先端をゆく組織の働き方やオフィス空間を紹介する、2011年創刊の情報誌。
「働く環境のリデザイン」という視点から、経営の課題にアプローチする、ワークスタイル戦略を提案する。
現代のワークスタイルを考える企業のキーパーソンに向けて、海外の最新情報を発信し続けている。

ワークスタイル研究所は、ステーショナリー、オフィス家具、空間デザイン、働き方など、
多様な働く環境を提供するコクヨ株式会社の研究機関として調査研究・情報発信を行う。

関連記事

公開され次第、お伝えします。

関連イベント

開催が決まり次第、お知らせします。