コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所 著

内容紹介

スマートワークプレイスに先立つ個人の意志

多くの先進国では、少子高齢化が進み労働人口の減少が進んでいる。持続可能なビジネス環境のために残された道は、大きく3つだとされる。1.フレキシビリティある労働環境をつくる、2.テクノロジーによって効率性を上げる、3.国外からの働き手を増やす、である。前号に続いて特集する「スマートワークプレイス」は主に1、2の文脈で注目され、特にオーストラリアは2000年代に、時間と場所に依存しない働き方、ABW(Activity Based Working)を発祥の地オランダから持ち込み、その後はテクノロジーが社会に浸透するのと相まって国内で独自の拡大・進化を遂げた(その立役者こそ本誌に登場するジェームス・カルダーだ)。しかし重要なことは、テクノロジーや社会的浸透の手法以外にもあった。それは常にオーストラリアのワーカーの価値観を中心に、自分たちが理想とするライフスタイルがあった点なのだ。前号で扱った欧州のさまざまな実践が、壮大な理想を掲げてそこにワーカーを巻き込んでいく「ビジョン駆動型」だとすれば、今号のオーストラリアの実践は、よりワーカーや生活者の視点で社会に浸透する地に足のついた「ライフスタイル駆動型」だと言えるだろう。所属する組織の一員としてではなく、ぜひ一人の等身大の自分として読んでいただきたい。

体 裁 A4変・120頁・定価 本体1500円+税
ISBN 978-4-7615-0919-4
発行日 2020/07/25


目次著者紹介

Case1

CBA/「人」の力でデジタル分野ナンバーワンを目指す豪州最大のメガバンク

Case2

Paramount House/「ポストコード2010」の住人が集うクリエイティブ・コミュニティ

Case3

Aurecon/世界最大級の木造オフィスビルはワーカーのもう1つの「家」

Case4

Woodside/自然なテクノロジーでワーカーを支える世界最高のスマートビル

Case5

Arup/フレキシブルなワーカーが自ら考えたビジョン「Living Arup」

Case6

RMIT University/街に開かれ、市民に開かれた都市型キャンパス

Case7

Quay Quarter Tower/オーストラリアの玄関口に新たなコミュ二ティを生むバーティカル・ビレッジ

Case8

Mirvac/自社の革新性を体感してもらうショーケース

Focus1

James Calder/カルチャーに基づいたエクスペリエンスをデザインする

Focus2

Super-Experience/「スーパー・エクスペリエンス」が未来のワークプレイスを変える

Wrap-up

山下正太郎/テクノロジーに隙を見せないためには?「感情の劣化」を防ぐオーストラリアの実践

コクヨ株式会社・ワークスタイル研究所

世界の先端をゆく組織の働き方やオフィス空間を紹介する、2011年創刊の情報誌。
「働く環境のリデザイン」という視点から、経営の課題にアプローチする、ワークスタイル戦略を提案する。
現代のワークスタイルを考える企業のキーパーソンに向けて、海外の最新情報を発信し続けている。

ワークスタイル研究所は、ステーショナリー、オフィス家具、空間デザイン、働き方など、
多様な働く環境を提供するコクヨ株式会社の研究機関として調査研究・情報発信を行う。

関連記事|Related Article