このイベントは終了しています

【終了】第27回適塾路地奥サロン「人口減少で都市計画がどう変わるか」(2020/10/21|大阪・オンライン)

このイベントの主催者:(株)地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所
詳細は主催団体等にお問い合わせください。

人口減少と都市空間の関係をどのように捉えるのか、それに伴う都市空間の変化についての考え方を整理した上で、そこにおける都市計画・都市デザインの方法と、そこでどのようなまちづくりが可能なのかをお話しいただきます。

日時

2020年10月21日(水)18:30~

会場

アルパック大阪事務所 大会議室

講師

饗庭伸氏(東京都立大学 都市環境学部教授)

1971年兵庫県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。博士(工学)。専門は都市計画・まちづくり。
人口減少時代における都市計画やまちづくりの合意形成のあり方について研究すると同時に、まちづくりの合意形成のための技術開発も行っている。
主な現場に山形県鶴岡市、東京都国立市谷保、岩手県大船渡市三陸町綾里、東京都日野市程久保などがある。
著書に、人口減少時代における都市計画の理論をまとめた『都 市 をた たむ』(2015 年・花 伝 社)、昭和の津 波から東日本の復興にいたるまでの東北の小さな村の時間をまとめた『津波のあいだ、生きられた村』(共著、2019 年・鹿島出版会)など。

参加費

無料

定員

会場参加

定員先着10名

オンライン参加

定員ナシ

申込み

以下の申込みフォームより申し込んで下さい。

https://forms.gle/yeRws5gyAKeTKn556

〆切:10月14日(水)

その他詳細

第27回適塾路地奥サロン「人口減少で都市計画がどう変わるか」を開催します(2020年10月21日)

記事をシェアする