地形で読みとく都市デザイン

岡本哲志 著

内容紹介

普段当たり前に通り過ぎてしまう都市の風景。しかし、潮位の変化、河岸段丘、水の流れなど「地形」の視点を手がかりにすることで、「人と大地と水の織り成すドラマ」が見えてくる。古代の都城から宿場町・港町・城下町・近代都市まで、ブラタモリでおなじみの都市形成史家が案内する、ニッポンの都市・成り立ちの教科書。

体 裁 A5・224頁・定価 本体2500円+税
ISBN 978-4-7615-2715-0
発行日 2019/09/25
装 丁 NOMICHI 野田和浩


目次著者紹介はじめに

はじめに

第1章 古代の都城と陸海の道

1 東西日本の運命を分けた縄文時代の火山と潮位
2 理想の地形を求めた都城と地形を無視できなかった東海道
3 古代の信仰と流域・海上交通
4 潮位の変化によって入江から台地のまちに─鹿島

第2章  河岸段丘が織り成す都市と田園

1 河岸段丘下に広がる日本らしい風景─座間
2 河岸段 丘と用水が織り成す宿場町─日野
3 複合する河岸段丘上の平坦地の宿場町─桑折
4 起伏のある河岸段丘に成立した用水路が巡る町─吉井

第3章 港町

1 地形と港町のかたち
2 凹地に潜む中世のラビリンス空間─真鶴・宿根木
3 潮位差の 少ない環境がつくりだす水際景観─伊根・成生

第4章 城下町

1 城下町の成り立ちと地形
2 山間の凹地に潜む中世城下町─一乗谷・枝折
3 山間の渓谷に巡らされた用水の城下町─郡上八幡
4 扇状地につくられた城下町─山形
5 高低差を活かしたダイナミックな惣構の城下町─江戸

第5章 開港場と居留地

1 開港場・居留地の立地と地形
2 水際の低地に立地する居留地の展開─横浜
3 神話的象徴軸が同居する河口の開港場─神戸

第6章 近代都市

1 平山城を核にした城下町とその周縁に敷設された鉄道
2 低地を巡る掘割網と自動車交通─東京下町の道路と橋
参考文献
おわりに

岡本哲志

九段観光ビジネス専門学校校長、都市形成史家。
1952年東京都中野区生まれ。岡本哲志都市建築研究所、法政大学サステイナビリティ研究教育機構リサーチアドミニストレータA、法政大学デザイン工学部建築学科教授を経て、現職。博士(工学)。2012年度都市住宅学会賞受賞(共同)。国内外の都市と水辺空間の調査・研究に長年に携わる。銀座、丸の内、日本橋など東京の都市形成史を様々な角度から40年以上研究している。2009年秋から放送された人気番組NHK「ブラタモリ」には銀座、丸の内、羽田、六本木など計7回出演し、2019年6月には白金で8年ぶりに案内役をつとめた。
著書:『港町の近代』(学芸出版社)、『江戸東京の路地』(学芸出版社)、『銀座を歩く』(学芸出版社、講談社で文庫化)、『港町のかたち』(法政大学出版局)、『川と掘割〝20の跡〟を辿る江戸東京歴史散歩』(PHP新書)、『江戸→TOKYO なりたちの教科書1~3』(淡交社)など多数。

まちを歩く時、私は地形を常に意識している。数多く行ってきた、近世以前に繁栄した港町の調査では、地形とともに「井戸」を注意深く確認して歩くようにしてきた。朝鮮通信使の来訪で賑わった兵庫県の港町・室津の時もそうだった。すでに使われていない多くの井戸を発見したのだ。それらの井戸をひとつひとつ確認して歩くと、井戸が掘られた場所の高低差に違いがあることに気づく。高い位置に井戸が掘られているケースは古代以前から続く漁村に限られた。比較的低い位置に掘られた井戸は港町として中世に繁栄した時代のエリアが中心であった。近世になると、港の機能が低地の埋立地に集中するため、良質の水を得にくい環境となり、井戸の数が極めて少なくなる。さらに長い時間をかけて変化する海面の潮位差を加えると、各時代の井戸が水際近くに位置していたことが明らかになった。これは室津の調査で得た知見である。

長く続けられてきた人々の営み空間を調査する上で、水のあり方、使われ方を探ることは欠かせない要件となる。地形形状と密接に関わって成立する水のあり様をよりクリアに意識できた時、新たな空間の読み方が開ける。それは室津に限ったことではないし、港町だけでのことでもない。本書では、「水」と「地形」をキーワードに、港町はもちろん、内陸側に立地した都城、城下町、宿場町にも視野を広げ、話を展開している。

地形から日本の都市や集落を読み解き、ひとつの体系としてまとめる時、よく知られた都市を取り上げるだけでは、日本特有の地形に成立してきた都市空間像を描けない。それは、近代(明治以降)において都市人口が平坦な平野部に集中したことから、限定された一部の地形条件の特性に着目したに過ぎないからである。もう少し思考回路を柔軟にして、陸上交通の利便性から外れた場所にも焦点をあてる必要がある。その時、地形の特色から描きだされた都市や街、集落の面白さが体験できるはずだ。本書はそのような思いで書いた。これから、本の中ではあるが、地形と都市の面白さを探るまち歩きにお付き合いいただければ幸いである。

関連記事

『地形で読みとく都市デザイン』の著者・岡本哲志さんがテレビ・ラジオに出演されます(11/27、28)

『地形で読みとく都市デザイン』(岡本哲志 著 )が「地域開発」で紹介されました

『手書き地図のつくり方』など5点が学会誌「都市計画」で紹介されました

『地形で読みとく都市デザイン』が「旅の手帖」で紹介されました

『手書き地図のつくり方』が「地方自治職員研修」で紹介されました

イベント|『色彩の手帳』+『まちを再生する公共デザイン』出版記念@東京(10.24)

新刊発売!『地形で読みとく都市デザイン』岡本哲志 著

イベント|『歩いて読みとく地域デザイン』著者・山納洋さん登壇@大阪(9.12)

関連イベント

開催が決まり次第、お知らせします。