シェアをデザインする
変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場

猪熊 純・成瀬友梨・門脇耕三 他編著

内容紹介

場所・もの・情報の「共有」で何が変わり、生まれるのか。最前線の起業家やクリエイターが、シェアオフィス、ファブ・ラボ、SNS 活用等、実践を語る。新しいビジネスやイノベーションの条件は、自由な個人がつながり、変化を拒まず、予測できない状況を許容すること。ポスト大量生産&消費時代の柔軟な社会が見えてくる。

体 裁 四六・248頁・定価 本体2200円+税
ISBN 978-4-7615-2564-4
発行日 2013/12/15
装 丁 UMA/design farm


目次著者紹介まえがきあとがき書評
プロローグ なぜ、今シェアか?──成瀬友梨、猪熊純

1章 コミュニケーションのシェア

1 どのように働き、暮らしたいのか──萩原修
2 「私」が社会にシェアされる──安藤美冬
3 シェアハウスが問いかけていること──島原万丈
ディスカッション1 誰と、何を、何のためにシェアするのか──コメンテータ 馬場正尊
〔コラム〕ロンドンのコワーキングスペース

2章 シェアのビジネス

1 持続可能な不動産活用──関口正人
2 場の発明、場のファシリテーション──中村真広
3 集合体が生む新しい価値──田中陽明
ディスカッション2 余白と隙間を活かす、シェアのビジネス──コメンテータ 三浦展
〔コラム〕マレーシアのコーヒーショップ

3章 クリエイティビティのシェア

1 自由文化(フリーカルチャー)が創造的な社会をつくる──ドミニク・チェン
2 作品をシェアすることで生まれるもの──布山陽介
3 インターネット革命〝後〟をデザインする──林千晶
ディスカッション3 コミュニティの拡張と信頼の形成──コメンテータ 小林弘人
〔コラム〕クリエイティビティのシェア?

4章 社会のバージョンアップ

ディスカッション 馬場正尊×三浦展×ドミニク・チェン×成瀬友梨×猪熊純×門脇耕三

エピローグ シェアが描く未来──門脇耕三

〈編者/シェア研究会メンバー〉

「場所のシェア」について研究する、東京大学・首都大学東京・明治大学を中心とした、建築・都市分野の若手研究者による研究会。2011年発足。2012年のシンポジウム「シェアの未来」はその有志が集まり、企画・運営を行った。

猪熊純

1977年生まれ。2004年東京大学大学院修士課程修了。千葉学建築計画事務所を経て、2007年成瀬・猪熊建築設計事務所共同設立。2008年より首都大学東京助教。「FabCafe」「りくカフェ」「LT城西」「柏の葉オープンイノベーションラボ」等、シェアの空間を多数手がける。

成瀬友梨

1979年生まれ。2007年東京大学大学院博士課程単位取得退学。同年成瀬・猪熊建築設計事務所共同設立。2010年より東京大学大学院助教。「FabCafe」「りくカフェ」「LT城西」「柏の葉オープンイノベーションラボ」等、シェアの空間を多数手がける。

門脇耕三

1977年神奈川県生まれ。2001年東京都立大学大学院修士課程修了。東京都立大学助手、首都大学東京助教を経て、2012年明治大学専任講師。博士(工学)。著書に『現在知 vol. 1 郊外 その危機と再生』(共著,NHK出版)等。作品に「目白台の住宅」(メジロスタジオと協働)等。

中村航

1978年東京都生まれ。2008年早稲田大学大学院博士課程満期退学。同大学院理工総合研究所助手・嘱託研究員を経て現在東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助教(隈研究室)。2011年Mosaic Designを設立。一級建築士。博士(建築学)。建築設計、リサーチ、グラフィック等各種デザイン活動を実践中。

浜田晶則

1984年生まれ。2012年東京大学大学院修士課程修了。2012年にstudio_01を設立し、建築設計、家具デザインを行いながら、並行してチームラボのプロジェクトにも参加する。主な作品に「to-Kitchen」「dolphin house」 (SD review2012出展)「barcode room」 等。

川島宏起

1987年生まれ。MAD Architects勤務を経て、2013年東京大学大学院建築学専攻修士課程修了。環境工学から新しい建築の作り方・姿を生み出すために活動中。 著書に『SK+01 ル・コルビュジエの住宅と風のかたち』(新建築社)、寄稿に「鋭敏な都市」『JA82号』「日本の都市空間2011/若手建築家による50の提案」(新建築社)等。

〈執筆者/スピーカー〉

萩原修|デザインディレクター、つくし文具店店主

1961年生まれ。国分寺市育ち三鷹市在住。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。大日本印刷、リビングデザインセンターOZONEを経て独立。日用品、展覧会、書籍等の企画・プロデュースを手がける。デザインを暮らしに活かすためのさまざまなプロジェクトを立ち上げ育てている。著書に『9坪の家』(廣済堂出版)、『デザインスタンス』(誠文堂新光社)『コドモのどうぐばこ』(オレンジページ)等。
http://www.shuhenka.net/

安藤美冬|起業家

980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、㈱集英社を経て㈱スプリー代表となる。ソーシャルメディア発信を駆使し、肩書や専門領域にとらわれずに働く独自のノマドワーク&ライフスタイル実践者。『自分をつくる学校』学長、講談社『ミスiD(アイドル)2014』選考委員、雑誌『DRESS』女の内閣働き方担当相等を務める他、商品企画、連載執筆等幅広く活動中。『情熱大陸』等メディア出演多数。著書に7万部突破の『冒険に出よう』(ディスカヴァー21)。

島原万丈|㈱ネクストHOME’S総研所長

1965年生まれ。中央大学卒業。1989年㈱リクルート入社。2005年よりリクルート住宅総研・主任研究員。2013年3月リクルートを退社。同7月より現職。リクルート住宅総研時代の主な報告書に「ポスト団塊ジュニア考 2015年住宅市場は彼らを中心に回る」(2006)「既存住宅再考 既存住宅流通活性化プロジェクト」(2008)「愛ある賃貸住宅を求めて NYC, London, Paris & TOKYO賃貸住宅生活実態調査」(2010)等。(社)リノベーション住宅推進協議会設立発起人。

関口正人|デザインディレクター、THINK GREEN PRODUCE代表

1972年生まれ。都市デザインシステムにて、鎌倉七里ガ浜にある複合施設「WEEKEND HOUSE ALLEY」をプロデュース、同施設内にあるレストラン「bills」を事業主体として経営に従事。2008年3月THINK GREEN PRODUCEを設立。以降「TABLOID」「MIRROR」「THE TERMINAL」「ACTUS湘南店」「THE SCAPE (R)」「GREEN SMOOTHIE STAND」等、さまざまな施設、店舗のプロデュース、ブランディング・コンサルティング、オペレーションを行っている。http://www.tgp.co.jp

中村真広|㈱ツクルバ 代表取締役 CCO、クリエイティブ・ディレクター

1984年生まれ。2009年東京工業大学大学院建築学専攻修了。不動産ディベロッパー、展示デザイン業界を経て、2011年8月㈱ツクルバを共同創業。シェアードワークプレイス「co-ba」「co-ba library」をはじめ、原宿・神宮前のオフィス複合施設「FLAG」のクリエイティブディレクション及びプロモーション、イベントプランニングサービス「365+」の業態開発・各店舗の空間デザイン、チーズレストラン「DAIGOMI」等、場づくりの企画・設計・運営を横断した総合的なプロデュースを手がける。 これまでになかった「場の発明」を通じた、ソーシャル・キャピタルの構築を目指して活動している。

田中陽明|co-lab:シェアードコラボレーションスタジオ主宰、クリエイティブファシリテーター

1970年生まれ。武蔵野美術大学建築学科卒業。大手ゼネコン設計部勤務後、慶應義塾大学大学院政策メディア研究科にてメディアアート専攻。大学院時代にflowというメディアアートユニットにて活動。2003年にco-labを立ち上げ、2005年春蒔プロジェクトを設立事業化。シェアオフィスという形態をとりながら、約300人のクリエイターの集合体で、さまざまなクリエイション課題に対応するドゥ・タンクを運営している。アート・建築・デザイン・展示等の分野で国内外出展、受賞歴多数。

ドミニク・チェン|NPOコモンスフィア理事、㈱ディヴィデュアル共同創業者

1981年東京生まれ。フランス国籍。博士(東京大学、学際情報学)。2004年より日本におけるクリエイティブ・コモンズの立ち上げ活動に携わり、2007年7月よりNPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(現コモンスフィア)理事。主な著書に『インターネットを生命化する~プロクロニズムの思想と実践』(青土社)『オープン化する創造の時代~著作権を拡張するクリエイティブ・コモンズの方法論』(ブックウォーカー)『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック~クリエイティブ・コモンズによる創造の循環』(フィルムアート社)。

布山陽介|アーティスト

1983年生まれ。東京工科大学大学院バイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻修了。現在は国内外で音響・映像作品の制作を中心とした制作活動を行う。また電気通信大学情報理工学研究科にて技術支援員として知能機械工学分野における実験・研究を担当している。

林千晶|㈱ロフトワーク代表取締役、米国NPOクリエイティブ・コモンズ 文化担当、MITメディアラボ 所長補佐

1971年生、アラブ首長国育ち。2000年にロフトワークを創業し、2万人が登録するクリエイターネットワークを核に、Webサービス開発、映像、広告プロモーション等幅広いクリエイティブサービスを提供している。また、プロジェクトマネジメント(PMBOK)の知識体系を日本のクリエイティブ業界に導入。著書に『Webプロジェクトマネジメント標準』(技術評論社)。近年では、学びのコミュニティ「OpenCU」、デジタルものづくりカフェ「FabCafe」等の事業も展開。

〈執筆者/コメンテーター〉

馬場正尊

1968年佐賀県生まれ。1994年早稲田大学大学院建築学科修了。博報堂で博覧会やショールームの企画等に従事。その後、早稲田大学博士課程に復学、建築とサブカルチャーをつなぐ雑誌『A』の編集長を務める。2003年Open A を設立し建築設計、都市計画、執筆等を行う。同じ時期に「東京R不動産」を始める。2008年より東北芸術工科大学准教授。建築の近作として「勝ちどきTHE NATURAL SHOE STOREオフィス&ストック」「房総の馬場家と連棟」「TABLOID」等。著書に『「新しい郊外」の家』(太田出版)『都市をリノベーション』(NTT出版)『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』(学芸出版社)等。

三浦展

1958年新潟県生まれ。社会デザイン研究者。一橋大学社会学部卒業後、㈱パルコに入社、情報誌『アクロス』編集長を務める。1990年三菱総合研究所入社。1999年カルチャースタディーズ研究所設立。マーケティング活動を行うかたわら、家族、若者、消費、都市、階層化等を研究。主な著書に『下流社会』(光文社)『東京は郊外から消えていく! ─首都圏高齢化・未婚化・空き家地図』(光文社)『「家族」と「幸福」の戦後史─郊外の夢と現実』(講談社 )『ファスト風土化する日本─郊外化とその病理』(洋泉社)『第四の消費─つながりを生み出す社会へ』(朝日新聞出版)『日本人はこれから何を買うのか?』(光文社)等。

小林弘人

1965年生まれ。起業家、編集者、メディアプロデューサー。インフォバーン代表取締役CEO。デジモ代表取締役。BBT大学教授。「ワイアード」「ギズモード・ジャパン」等、紙とウェブの両分野で多くの媒体を立ち上げる。1998年にデジタル・エージェンシー企業インフォバーンを設立。企業メディアの立ち上げから運営とコンテンツ・マーケティングを支援。主な著書に『新世紀メディア論─新聞・雑誌が死ぬ前に』(バジリコ)『メディア化する企業はなぜ強いのか?』(技術評論社)。主な監修・解説に『フリー』『シェア』『パブリック』(NHK出版)『オウンドメディアで成功するための戦略的コンテンツマーケティング』(翔泳社)。

シェアハウス、カーシェアリング、ウィキペディア等、場所・もの・情報をシェアするという考え方には、大量生産・大量消費時代の私有や消費とは明らかに異なる価値観が見て取れる。これらの行為のモチベーションが、コストを抑えることだけにある、と断言することはできない。都心のシェアハウスのなかには、周辺のワンルームと同程度かそれ以上の家賃が設定されているものもある。あるいはカーシェアリング。車を所有するというわずらわしさから解放され、使いたい時だけ使うという合理的な考え方だ。ウィキペディアはどうだろう。自分の情報を差し出すことが、結局は自分にもメリットになる、それを皆がわかっているからこそ、世界中で日々膨大なデータが無償で更新され続けるのではないか。これらの行為の背景には、より合理的に、軽やかに、楽しく、より良い未来を、そんな思いが見え隠れする。

私たちは「シェア」を実現するために、さまざまな分野のプロが、しくみやプラットフォームを精緻に設計=デザインしているところに着目した。ただなんとなくうまくいっているのではない、時に試行錯誤を繰り返しながらも、計算し尽くされた一手が、多くの人に、負担なく、というより積極的に、シェアが生み出すメリットを享受することを実現しているのだ。「シェアをデザインする」ことによって生まれつつある新しい時代の片鱗を、この本を通して皆さんに紹介したいと思う。

私は建築の設計の現場でシェアハウスに出会ってから、「シェア」に、住まいを超えた可能性を感じ、二〇一一年春、東京大学、首都大学東京、明治大学の建築を専門とする若手研究者・学生で「シェア研究会」を立ち上げた。場所の共有の実例収集や現地調査を続けながら、二〇一二年に連続シンポジウム「シェアの未来」を企画した。この本はその成果を近況を加えてまとめたものである。

企画したメンバーは建築分野出身だが、これは建築の専門書ではない。新しい住まい方、働き方、ビジネス、クリエイション、地域づくり等、この一〇年程で変わってきたさまざまな状況を広く捉えることを目指している。だから、これからの社会を構想し、実践していく同世代はもちろん一〇代、二〇代の読者にも是非手に取ってもらいたい。最先端の実践例を知ることで、今何をしていようとも、これからどんな分野に進もうとも、きっと多くのヒントが得られるだろう。あるいは、行政や大きな組織で働く皆さんに読んでいただけたら、と思っている。本書の中にも登場するが、領域を超えた新しい試みには、往々にしてさまざまな規制や慣習が邪魔をする。この本が、その壁を越える助けになることができれば嬉しく思う。この新しい状況をできるだけたくさんの方に知ってもらうことも、この本の大きなミッションのひとつだと考えている。新しい時代を一緒につくり、盛り上げてくれるメンバーを一人でも増やしたい。編集しながら、そんな思いを強くした。

私たちが感じた時代の空気を詰め込んだこの本から、シェアがつくる新しい社会、その未来を、皆さんに見つけてもらえたら幸いである。

二〇一三年一一月 成瀬友梨

「君はシェアハウスに住んだことがあるの?」と質問されることがある。実は、シェアハウスどころか、コワーキングスペースに入居したこともない。家族をもち、事務所がそれなりのサイズになったこともあるが、もし今一人だったとしても、私はシェアハウスに住んだかどうかはわからない。どちらかと言うと、シェアがつくり出すしくみとしての面白さを掘り下げ、社会の本質を考えることに関心があった。

でも、この少し距離を置く感覚は大切だと思う。積極的に新しい状況に踏み込むことも素晴らしいが、必ずしも実践者ではない多くの普通の人がそれに共感できることも、社会が幸せに持続するためには大切だ。だからこそ私たちは、誰もが自然に楽しく関わって行けるシェアを「デザインする」ことを考え続けている。

出版に先立ち、快く登壇を引き受け、毎回立ち見の出るほどの熱気溢れるシンポジウムを共につくり上げて下さったゲストの皆さんに、改めてお礼申し上げたい。調査や研究に協力してくれた研究会メンバー、この本をとりまとめていただいた学芸出版社の井口夏実さんにも、記して感謝したい。

先日、国土交通省がシェアハウスに対する法的な位置づけを明確化する通知を出した。劣悪なものを取り締まるためではあろうが、一方で良識ある設計・運営をしているものに対しては、実状に合っていないという指摘も出始めている。シェアを取り巻く状況は刻一刻と変化している。こうした黎明期に、皆が主体的に関わりつづけることが、きっと自分たちの幸せな未来をつくるのだと信じている。

二〇一三年一一月 猪熊純

評:兼松佳宏(greenz.jp編集長)

よく考えたら“share”とは不思議な単語だ。辞書によれば、「〈…を〉分ける,分配する」と「〈ものを〉共有する; 〈意見・苦楽などを〉共にする」、微妙にニュアンスが違う(ように僕は感じる)二つの意味を持つ。
前者では、正当な分け前はあくまで“わたしのもの”であるが、後者では、“みんなのもの”であるという。ここでは「“所有”(私有とか共有)とは何か?」「わたし(たち)は何を持っているのか?」というセンシティブな問いが隠されていて、だからこそこれだけ多くの人が、“share”という言葉に引っかかるのかもしれない。

起業家やデザイナー、アーティストから社会学者まで12名ものレクチャーとトークセッションをひとまとめした『シェアをデザインする』には、そんな多様な“share観”を垣間見ることができる。

「チャレンジをしながら生活や身を守るための方法がシェアなのではないか」(p.63 馬場正尊さん)

「目的なくシェアしていく世界を考えています」(p.73 島原万丈さん)

「シェアには、経済的な合理性ばかりではなく、何か自分がよいことができている感覚、共感消費を呼び起こす部分があるのではないか」(p.88 関口正人さん)

「地域ごとの最適解を考えていくための仕組みを、どのようにつくっていくのか。そのためのひとつの仕組みであり、やり方が、シェアなのかなと」(p.137 三浦展さん)

「『想像しきれないことまでは書き切らないけれど、この目的のためにお互いを信じ合いましょう』というのが合意書です。そうでなければシェアもできない。」(p.181 林千晶さん)

「富を誰かが独占せず、皆でバランス良くシェアしようとする発想は、公共性と近いものがあるような気がしています。」(p.229 馬場正尊さん)

全体的に、縮小に向かうマクロな社会背景とインターネット的な“コモンズ”の文化、市民が主体となって公共的なサービスをつくる“ソーシャルデザイン”といった近ごろの話題と重なるところも多く、私有と共有、オープンとクローズの境界線を自問したり、対話したりするための格好の材料になると思う。

ただ、共感する内容も多かった反面、違和感や物足りない感があったのも正直なところだ。そのモヤモヤこそ読書の贈り物(機会に感謝!)だとすれば、ここでは敢えてそのことについて少し触れてみたいと思う。それは“share”のもうひとつの大切な意味、「(一人の人が持つ)役割;参加、貢献」という文脈だ。

ペイ・フォワードの仕組みで運営されているレストラン「カルマキッチン」などの具体的なプロジェクトを通じて、優しさの表現としての贈り物が循環する「ギフト経済」を提唱するニップン・メータさんは、いまの社会に必要な4つの“あり方”のシフトをこう定義している。

  • 消費から貢献へ
  • 取引から信頼へ
  • 不足から充足へ
  • 孤立からコミュニティへ

詳細はgreenz.jpでの対談記事に譲るが、これらの言葉を聞いた時、シェアも含めた現在進行形のラディカルな変化を的確に捉えているように感じた。

“信頼”というキーワードは本書の後半、「クリエイティビティのシェア」にテーマが移って初めて登場したが、林千晶さんのいう「契約書から合意書へ」という新しい関係の結び方=社会の“あり方”のアップデートこそ、今の時代の気分なのだと思う。

それは結果的に“縁”や“ソーシャルキャピタル”というような、「わたし(たち)が既に持っている」ものを見直す契機となるだろう。

そう考えると、「縮小する社会で、どう“生き抜く”のか?」という類の問いを掲げた時点で、暗に今までどおりの“不足”を前提としてしまっていないだろうか。そうではなく「わたし(たち)は、既に優しさを受け取っている」、つまり“充足”を前提とする社会への根本的なシフトこそ、シェアの広がりから紐解くべき議論の入り口なのではないだろうか。

その変化は決して大それたものではなく、「自分自身が世界を眺める眼差しを変えてみることで誰にでも訪れる」とニップンさんは言う。彼の活動がユニークなのは、個人の性格に関係なく誰でも優しさの循環に参加できるよう状況を整えているところだ。つまり、ギフト経済はデザインできる。

だからこそ「シェアをデザインする」というのなら、ハードやソフトだけでなく、もっと奥深い“シェアするあり方”についても解像度を高めてゆきたい。消費から貢献へ。不足から充足へ。その軸足を移すための橋渡しが、“シェア的なもの”の本質なのだと思うのです。

担当編集者より

こんなに掴みどころのないアイデアって無いなと、悩む場面が多く、編集の難しい本だった。タイトルも装丁も、編者の皆さん、デザイナーの原田さんにやたらとぎりぎりまで相談してようやく出来上がった本だ。
一方で、ロフトワークの林千晶さんに言われた「何が起こるかわからない場所をつくりたい」という言葉にワクワクしたし、実際に訪れたfabcafeは本当にそういう場所で驚いた。

アイデアと信頼を共有してとにかく前に進む、そういう推進力がシェアする姿勢にはありそうだ。私自身もその体現者でありたいなと思う。

(井口)

関連記事

『シェア空間の設計手法』共著者の金野千恵さんが3月26日夜放送のNHK Eテレ「デザイン トークス+」に出演

関連イベント

開催が決まり次第、お知らせします。