園三×玉木直人×曽和治好「現場でおさえておきたい協業のコツ」

このコンテンツにアクセスするには、まち座プラス会員としてのご登録が必要です。

新規登録いただくか、登録がお済みの場合はログインしてください

ログイン新規登録

概要

【イベント内容】

造園家と建築家のオンライン対談企画!
木洩れ日で人をもてなす豊かな動線とシークエンス、室内外の連続性・境界・奥行きを際立たせる木の選び方など、住まいと引き立てあう庭づくりのコツを多数収録した『緑のデザイン』。出版後早くも増刷し大好評な本書の著者で造園家の園三さんと、建築家の玉木直人さん(GA設計事務所 )のオンライン対談を開催します。
多くの住宅でコラボレーションしてきたお二人ですが、現場では普段どんなやりとりを重ね、豊かな空間体験を生み出しているのでしょう?協業にはもちろん、方針のすり合わせや分業のコツもあれば、はたまた食い違いや妥協も・・・?
現場のホンネをじっくり引き出し、深堀りしてくださるのは、造園家の曽和治好さん。
真面目な実践術だけでなく、面白話や現場あるある、苦労話まで、ざっくばらんに議論を交わしてもらいます!

対象書籍

『緑のデザイン 住まいと引き立てあう設計手法』

園三 著
B5変判・192頁・本体3200円+税

詳細はこちら

【登壇者】

玉木 直人

一級建築士。1964年岐阜県生まれ。1986年愛知工業大学工学部卒業後、1999年に 株式会社GA設計事務所を設立。https://gap-office39.com/

園三

株式会社園三代表取締役。京都芸術大学非常勤講師、武庫川女子大学非常勤講師。1975年岐阜市生まれ、京都芸術短期大学(現 京都芸術大学)ランドスケープデザインコース専攻科修了後、岐阜の造園会社に就職。2005年、現事務所を設立。https://www.instagram.com/enzo_garden/

曽和 治好

武庫川女子大学景観建築学科教授、景観建築デザイナー。博士(農学)京都大学。京都市美観風致審議会委員。芸術美と景観建築(ランドスケープ・アーキテクチャー)をキーワードとして、あらたな景観建築デザインや庭園デザインの構築に取り組む。http://la.mukogawa-u.ac.jp/