丸山弾×半海宏一「木造住宅を設計する──日々のエスキス・図面・現場」

配信開始日:2023年1月19日| 再生回数:924 | ご意見・ご感想はこちら

このコンテンツにアクセスするには、まち座プラス会員としてのご登録が必要です。

新規登録いただくか、登録がお済みの場合はログインしてください

ログイン新規登録
概要

イベント内容

2022年8月に刊行した半海宏一さんの著書『現場と図面をつなぐ 図解 木造住宅の設計』では、軸組モデル×図面の紙面構成で1本の線が空間になるプロセスを可視化し、 1軒の木造住宅が建ち上がる過程を解説しました。 エスキス、図面の描き方・読み方、現場の見方、職人さんとのコミュニケーションなどあらゆる “新米設計者の困難” に寄り添い、その先に広がる木造住宅設計の世界へ踏み出すはじめの一歩です。イベントでは建築家の丸山弾さんをお招きし、 お二人の実作を読み解きながら 、そんな苦労を乗り越えるからこそ見えてくる仕事の楽しさ・ 奥深さをお話しいただきました。日々図面と現場を行き来し、木造住宅と向き合っているお二人のトーク、ぜひご覧ください。

出演者プロフィール

丸山弾
建築家。1975年東京都生まれ。1998年成蹊大学卒業。2003-2007年堀部安嗣建築設計事務所。2007年丸山弾建築設計事務所(現・丸山弾-スタジオ)設立。2007年~京都芸術大学通信教育課程大学院非常勤講師。著書に『美しい住まいのしつらえ』ほか。

半海宏一
建築家。1983年京都府宮津市生まれ。2008年京都造形芸術大学大学院芸術表現専攻修士課程修了。横内敏人建築設計事務所勤務を経て、2014年半海宏一建築設計事務所設立。2016年より京都橘大学工学部建築デザイン学科講師。共著書に『建築デザイン製図』(学芸出版社、2018)。

関連書籍

現場と図面をつなぐ 図解 木造住宅の設計

半海 宏一 著
B5変判・128頁・本体2600円+税

軸組モデル×図面で木造住宅のしくみを学べる入門書。イメージしづらい小屋裏や基礎の立ち上がりも、軸組図解で一目瞭然!

詳細はこちら

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ