この記事は公開から6カ月以上経過しています

この募集は終了しています

横浜市がIR(統合型リゾート)実現に向け民間事業者からコンセプトの提案を募集 依存症や治安など懸念事項への対策も(提出締切:2019年12月23日)

タグ:
公開日:2019/10/18/最終更新日:2021/02/08

横浜市が、山下ふ頭に誘致を検討しているIR(統合型リゾート)の実現に向け、民間事業者からのコンセプト提案を募集しています。

発表によれば、提案を求める事項には、土地利用や動線、都市デザインなど事業全体に関する点や、設置する施設の機能・規模やその運営に関する点に加え、IRの課題としてしばしば取り沙汰されている依存症やマネーロンダリングなど懸念事項への対策に関する点も挙げられています。


以下、横浜市の記者発表資料より

横浜市は、今後想定される人口減少や超高齢社会の進展などによる社会経済状況の変化においても、将来にわたり成長・発展を続けていくための一つの手法として特定複合観光施設区域整備法(平成30年法律第80号。以下「IR整備法」という。)に基づき「山下ふ頭」において特定複合観光施設区域(以下「IR区域」という。)の実現を目指しています。

このため、IR整備法に基づき策定する実施方針の参考とするため、IR区域の整備を実施する意思を有する民間事業者からコンセプト提案を募集(Request for Concept。以下「RFC」という。)します。

事業概要

事業の名称

(仮称)横浜・山下ふ頭における特定複合観光施設設置運営事業

IR区域の概要(所在地、面積)

所在地:横浜市中区山下町277-1ほか
面積:約47ha

コンセプト提案募集の概要

1.案を求める主な事項

  • 事業全体の方針・計画:事業コンセプト、土地利用、配置、動線、都市デザイン等
  • 施設計画:施設コンセプト、種類、機能、規模等
  • 運営計画等:施設運営計画、事業期間、スケジュール、事業計画等
  • 懸念事項対策:依存症対策、治安対策、交通対策等

※案を求める事項の詳細は各要項を参照してください。

2.IR区域の提案募集項目

提案を求める内容主な参加資格要件
日本型IRの実現に関すること次の全ての施設を含む統合型リゾート(複合施設の延べ床面積が約30万㎡以上)の開発及び運営実績を有するもの【MICE施設、ホテル、エンターテイメント施設、商業施設、カジノ施設】
開発事業に関すること次の全ての施設を含む複合型施設の開発実績を有するもの【ホテル、エンターテイメント施設、商業施設】
関連産業に関すること次の分野においてIRに活用できる最新のテクノロジー等を有するもの
【スマートエネルギー、次世代交通システム、ギャンブル依存症対策、治安悪化対策、マネーローンダリング対策、IRのファイナンスに関すること等】

3.募集要項及び様式

提案を求める内容募集要項等
日本型IRの実現に関すること
開発事業に関すること
関連産業に関すること提案は次の様式(RFC 提案申込書)を担当窓口までメール送信してください。
様式(ワード)

スケジュール他詳細

https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/seisaku/torikumi/IR/RFC.html

記事をシェアする