松井薫「京都の町家に学ぶ たしかな暮らし」

配信開始日:2024年4月16日| 再生回数:178 | ご意見・ご感想はこちら

出演

</p> <p>このコンテンツにアクセスするには、まち座プラス会員としてのご登録が必要です。</p> <p>新規登録いただくか、登録がお済みの場合はログインしてください</p> <p>
ログイン新規登録
概要

イベント内容

本トークイベントでは、京町家情報センター代表である著者の松井薫⽒⾃⾝が、新刊の内容を深く掘り下げながら町家の魅⼒を語ります。前半では、本書に展開されている考え⽅がどのようにして⽣まれたのか、⾃⾝の⾃⼰紹介を含めてトークを展開いたします。後半は、町家の3つの特性である「⻑寿命住宅である」「柔軟性がある」「免疫⼒が上がる」について、それがどういった意味なのかをビジュアルも含めてわかりやすく語ります。敷地のなかに縁側や庭のような「中間領域」を持つことが暮らしにどんな影響を与えるのか、先⼈の智恵をいまに応⽤するヒントが⾒つかる内容となっています。

京都を代表する建築の⼀種である町家について、プロの⽴場からじっくりと学ぶことのできる貴重な機会です。

登壇者プロフィール

松井 薫(まつい・かおる)

⼀級建築⼠、⼀級建築施⼯管理技⼠。1950年京都市に⽣まれる。⼤阪⼯業⼤学建築学科を卒業後、総合建設会社の現場監督、⼤⼿不動産系リフォーム会社を経て、1998年⼀級建築⼠事務所「住まいの⼯房」を設⽴。京都を中⼼とした住宅の設計をはじめ、京町家の個⼈宅、割烹、カフェなどの改修、京都、東京、愛知など各所で茶室の設計も⼿掛ける。京町家情報センター代表。

記事をシェアする

学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ