たんぽぽの家 編

内容紹介

障害のある当事者、福祉施設スタッフ、アーティスト、プロデューサー、音楽家、ダンサー、演出家らが実践する「アート×福祉×コミュニティ×仕事」25の現場。アーティストの原動力、スタッフによる創作のサポート、表現の魅力を発信する仕掛け、新しいアートの鑑賞法、創造的で多様な仕事づくりなど多彩に紹介。

体 裁 四六・304頁・定価 本体2400円+税
ISBN 978-4-7615-2630-6
発行日 2016/10/01
装 丁 藤田康平(Barber)


目次著者紹介はじめにおわりに書評
はじめに ─社会を変えるアートの実践  森下静香

1章 障害のあるアーティストはなぜ表現するのか

1 見えない世界を面白くするアート  光島貴之×吉岡洋
2 自分の身体を再発見するダンス  森田かずよ×大谷燠
3 自分らしく社会とつながる思考と表現  ウルシマトモコ×中津川浩章
4 山野将志を表現へ導くもの ─欲求・チャレンジ・プライド  中島香織

2章 日常がアートになる場のつくり方

1 生き方はひとつじゃないぜ。─スウィング  木ノ戸昌幸
2 生きることのおかしみを語りあえる場所 ─ハーモニー  新澤克憲
3 セルフトートが生まれるアトリエの日常から ─やまなみ工房  山下完和
4 すべての人が歓待されるホーム ─カプカプ  鈴木励滋×栗原彬

3章 違いの共存から生まれる身体のアート

1 境界を消し共鳴を起こすダンス  佐久間新×大澤寅雄
2 生き(き)るためのアクション  五島智子×富田大介

4章 新しい関係を生みだすアート

1 異質な価値観を楽しむ即興音楽 ─音遊びの会  沼田里衣
2 ひとりひとりの物語を回復する舞台 ─みやざき

まあるい劇場  永山智行

3 障害者とアーティストが共振する ─アートリンク・プロジェクト  田野智子
column 社会を包摂するアーツマネジメントへ  中川真

5章 地域とつながるサードプレイスの運営

1 障害の価値観を超えるオルタナティブな場 ─たけし文化センター  久保田翠
2 多様な人のやりたいことを形にする ─片山工房  新川修平
column サード、セーフ、そしてノープレイス  ほんまなおき

6章 自由な感性でアートを見る

1 目の見える人と見えない人の鑑賞の場で発見されること─視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ  林建太
2 障害者アートで開く共創の学びの場  川上文雄
3 アートをもっと身近にする ─プライベート美術館  岡部太郎
column すべての人に美術館を開く ─アクセシブル・ミュージアム  井尻貴子

7章 アートで新しい仕事をつくる

1 福祉と社会の関係を多様にする ─工房まる、ふくしごと  樋口龍二
2 社会に新しい仕事をつくる ─Good Job!プロジェクト  森下静香
3 アートによる復興支援 ─Good Job!東北プロジェクト  柴崎由美子
column 初期の障害者アートを支えた企業の支援  若林朋子

おわりに ─アートもいろいろ、社会化もいろいろ

播磨靖夫

プロフィール

森下静香

社会福祉法人わたぼうしの会 Good Job!センター香芝施設長。1974年生まれ。大阪市立大学文学研究科修士課程修了。1996年よりたんぽぽの家にて障害のある人の芸術文化活動の支援や調査研究、医療や福祉のケアの現場におけるアート活動の調査を行う。

光島貴之

美術家、鍼灸師、甲南大学非常勤講師。1954年生まれ。10歳の頃に失明。大谷大学文学部哲学科卒業。1995年よりラインテープとカッティングシートを使った「さわる絵画」の制作を始める。見えていた頃の記憶をたどりながら色を選び、自分にとっては何気ない日常の感覚をモチーフに、さわる世界の魅力を表現し続けている。

吉岡洋

京都大学こころの未来研究センター特定教授。1956年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。批評誌『ダイアテキスト』編集長。京都ビエンナーレ2003、岐阜おおがきビエンナーレ2006総合ディレクター。文化庁世界メディア芸術コンベンション座長。

森田かずよ

Performance For All People -CONVEY-主宰。NPO法人ピースポット・ワンフォー理事長。1977年生まれ。義足の女優&ダンサーとして活動。ダンススタジオを運営しながら、障害のある人や子どもたちへのダンスや体のワークショップ講師やコーディネートも行う。

大谷燠

NPO法人DANCE BOXエグゼクティブディレクター。1952年生まれ。1996年に大阪でDANCE BOXを立ち上げ、多数のコンテンポラリーダンスの公演、ワークショップをプロデュース。2009年神戸・新長田に拠点を移し、劇場「ArtTheater dB 神戸」を開設。新進芸術家の育成事業や国際交流事業のほか、アートによるまちづくり事業も多数行う。

ウルシマトモコ

アーティスト、社会福祉法人はる パイ焼き窯 菓子班在籍。1977年生まれ。3歳から9年間造形教室に通う。東京都品川高等職業技術専門校木工技術科卒業後、家具製造を学ぶ。20歳頃、統合失調症を発症。陶芸工房での制作等を経て、エイブルアート芸術大学入会。エイブルアート・カンパニー登録アーティスト。

中津川浩章

美術家。1958年生まれ。国内外で個展やグループ展を多数行う。記憶・痕跡・欠損をテーマにブルーバイオレットの線描を主体としたドローイング・ペインティング作品を制作。福祉とアート、教育とアート、障害とアートなど具体的な社会とアートの関係性を問い直すことを行っている。

中島香織

一般財団法人たんぽぽの家事務局長。1984年生まれ。神戸大学大学院で障害のある人との即興音楽活動の実践と研究を行う。2012年よりたんぽぽの家アートセンターHANAにて、メンバーと日常を共にしながら、各種セミナーの企画・運営、アートミーツケア学会事務局などを担当。

木ノ戸昌幸

NPO法人スウィング理事長。1977年生まれ。立命館大学文学部日本文学専攻卒業。2006年にNPO法人スウィングを設立。人の「働き」を「人や社会に働きかけること」と捉え、「障害福祉」の枠を超えた創造的な取り組みを展開中。

新澤克憲

就労継続支援B型事業所ハーモニー施設長。1960年生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。東京都品川高等職業技術専門校木工技術科修了。1995年より現職。主に精神障害の方を対象とした作業所とヘルパー派遣を行う小さな現場で忙しく動き回っている。

山下完和

社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房施設長。1967年生まれ。1989年から障害者無認可作業所・やまなみ共同作業所に支援員として勤務。1990年にアトリエころぼっくるを立ち上げ、伸びやかに、個性豊かに自分らしく生きることを目的にさまざまな活動に取り組む。2008年からはやまなみ工房の施設長に就任し現在に至る。

鈴木励滋

地域作業所カプカプ所長。1973年生まれ。1997年より現職に就く傍ら、月刊ローソンチケットや劇団ハイバイのパンフレットになどに演劇のことを書いている。『生きるための試行 エイブル・アートの実験』にも寄稿。

栗原彬

立教大学名誉教授。1936年生まれ。東京大学教養学部卒業。商社勤務を経て東京大学大学院社会学研究科で学ぶ。立教大学法学部助教授、教授、明治大学文学部教授を経て現職。専門は政治社会学。水俣フォーラム前代表、日本ボランティア学会前代表。

佐久間新

ジャワ舞踊家。1968年生まれ。ジャンルを越えたアーティストとの協働、マイノリティの人たちとのダンスワークショップや公演を行う。たんぽぽの家や大阪大学CSCDではワークショップで起こる出来事を言葉にする試みを継続的に行っている。

大澤寅雄

株式会社ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室准主任研究員、NPO法人アートNPOリンク理事、九州大学ソーシャルアートラボ・アドバイザー。1970年生まれ。慶應義塾大学卒業後、劇場コンサルタント等の活動を経て現職。

五島智子

Dance&People代表。障害者ヘルパー。白虎社で活動の後、2001年Dance&Peopleを設立。ある脳性マヒ女性の介助経験を機に「介護はダンスだ!?」等の企画制作を開始。生活現場とダンスを行き来しつつ多様な身体が出会う場づくりをする。

富田大介

舞踊家、追手門学院大学社会学部准教授。神戸大学大学院修了(学術博士)。舞踊美学を専門に、「こころとからだの関係」「社会と身体」「芸術的想像力」等の研究テーマに取り組んでいる。近刊に『身体感覚の旅』(大阪大学出版会)。

沼田里衣

大阪市立大学都市研究プラザ博士研究員。1978年生まれ。神戸大学総合人間科学研究科博士後期課程修了(学術博士)。2005年より音遊びの会主宰、2014年よりおとあそび工房主宰。技術や価値観の差異を超えた音楽づくりについて研究を行う。

永山智行

劇作家・演出家。1967年生まれ。1990年劇団こふく劇場を旗揚げ。2001年AAF戯曲賞受賞。以降、活動の範囲を全国へと広げる。一方で県内の二つの町(三股町・門川町)の文化会館のフランチャイズカンパニーとして、ワークショップ等の教育・普及活動も担っている。

田野智子

NPO法人ハートアートリンク代表理事。1961年生まれ。佛教大学大学院教育学研究科修了。小学校教師を経て、多様な人々がアートを通して相互に関わる過程を重視し、高齢者・障害者・子どもを含めた市民に、さまざまな場所で表現活動を提供している。主な活動に「アートリンク・プロジェクト」「笠岡諸島アートブリッジ」など。

中川真

大阪市立大学大学院教授。1951年生まれ。京都大学文学部卒業、大阪大学大学院芸術学専攻修士課程修了。芸術文化博士。サウンドスケープ、サウンドアート、アジアの音楽、アーツマネジメントの研究を行う。著書に『サウンドアートのトポス』『アートの力』など。

久保田翠

認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ理事長。1962年生まれ。武蔵野美術大学建築学科卒業後、東京芸術大学大学院環境デザイン科修了。障害のある長男の誕生を機に、2000年クリエイティブサポートレッツを設立。2008年たけし文化センター事業をスタート。2010年障害福祉サービス事業所ars nova(アルス・ノヴァ)を設立。

新川修平

NPO法人100年福祉会 片山工房理事長。1974年生まれ。京都造形芸術大学中退。「人が軸」を基本とし、障害のある方の前に「人」として、「人と表現」を安心して考える場を掲げる片山工房を2003年から運営する。

ほんまなおき/本間直樹

ガムラン奏者。大阪大学COデザインセンター准教授。1970年生まれ。臨床哲学を専門に、哲学対話の実践、こどもの哲学、身体・映像・音楽表現の実践的研究に取り組む。著書に『ドキュメント臨床哲学』『哲学カフェのつくりかた』(共編著)。

林建太

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ代表。1973年生まれ。1995年より介護福祉士として訪問介護事業に携わる。2012年より「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」発足。全国の美術館、博物館、学校などで鑑賞プログラムを企画運営する。

川上文雄

奈良教育大学名誉教授(同大学非常勤講師)。1951年生まれ。プリンストン大学大学院博士課程修了。ルソーの政治思想を研究したのち、市民性教育(ボランティア論)に関心を移して現在に至る。障害者アートの作品を収集している。

岡部太郎

一般財団法人たんぽぽの家常務理事。1979年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。2001年同法人インターンを経て、2003年より障害のある人の芸術文化活動の支援や地域のアートプロジェクトの企画実施を行う。

井尻貴子

NPO法人多様性と境界に関する対話と表現の研究所事務局長、NPO法人こども哲学おとな哲学アーダコーダ理事。1982年生まれ。大阪大学文学研究科(臨床哲学)博士前期課程修了。財団法人たんぽぽの家、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)を経て現職。

樋口龍二

NPO法人まる代表理事、株式会社ふくしごと取締役副社長。1974年生まれ。1998年、染色会社から「工房まる」へ転職。2007年の法人設立と同時に代表理事に就任し、地元企業や行政と共同したアートプロジェクトから障害者の仕事づくりを行う。

柴崎由美子

NPO法人エイブル・アート・ジャパン代表理事。1973年生まれ。東北芸術工科大学芸術学科芸術学コース卒業。1997年よりたんぽぽの家でアートセンターHANA、エイブルアート・カンパニーの設立・運営などに従事。 障害のある人と共に芸術文化活動による新しい社会実践をすることがライフワーク。2013年より現職。

若林朋子

プロジェクト・コーディネーター。英国ウォーリック大学院文化政策・経営学修士課程修了。1999~2013年企業メセナ協議会勤務。現在はフリーで事業コーディネート、コンサルティング等を行う。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授。

播磨靖夫

一般財団法人たんぽぽの家理事長。1942年生まれ。新聞記者を経て、1973年から「たんぽぽの家」づくりを市民運動として展開。アートミーツケア学会などケアの文化の創造にも取り組んでいる。平成21年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)受賞。

はじめに ─社会を変えるアートの実践

一人一人の可能性に光をあてること。関わりあうなかで生まれる楽しさ、存在の不思議さ、生きることの重みを伝えること。そして、私たちを取り囲む常識や一方的な見方を変えていくこと。

ここに集まった25の現場からの報告は、アート、福祉、仕事、関わり、場のあり方を表現と身体を通して考え、自分のなかにある境界を越え、周囲の世界をも変えていく実践のドキュメントである。どの活動も最初から明確に目指す姿があったわけではなく、伝えたい、この状況を変えたい、なんとかしたい、という切実なニーズや希望から始まり、人を巻き込み、つながり、また実践していくという試行の繰り返しから生まれている。

「障害者アート」という時、結果としての作品が注目されることが多い。しかし、本書で紹介するように、障害のある人とアートの活動に取り組んでいる人の多くは、豊かに生きること、幸福であることへの願いや、それを実現できる環境や社会はどうあるべきかという問いと、アートの活動を決して切り離してはいない。「障害」という窓を通して、既成の概念を疑い、社会を変えていく、アートの実践が、本書における「ソーシャルアート」である。

本書には多様な担い手が登場する。障害のある当事者、社会福祉施設の施設長、NPOの代表、アーティスト、アートプロデューサー、音楽家、ダンサー、演出家、研究者。彼らは、一つの肩書きにとどまらず何役もの役割を担っている。そして分野も、福祉、アート、音楽、ダンス、演劇、デザイン、ソーシャルビジネスと多岐にわたりかつ横断している。今、障害のある人のアート活動はジャンルを越えて、社会のなかでさまざまな役割を果たしている。

本書で紹介する実践には、いくつかの核心が基調としてある。

第一に、障害のある人と共に、福祉の概念を編み直す実践である。根底にあるのは、それぞれの現場や地域で、目の前にいる障害のある人や家族、支援者、ボランティア、アーティストらとの関わりのなかで、自分たちの概念や表現が絶えず更新されていくことを(時には格闘しつつも)楽しむ姿勢である。それは、アートという技術を通して、人が生きることの原点に立ち返ることでもあり、社会全体の価値観や意識を問い直すことでもある。

第二に、現場で発見したヒント、または現場にあるさまざまな課題を個人的な関心や自分たちの世界にとどめずに、表現や発信することを通して「社会化」することを目指している。共通するのは、障害は個人に属するものではなく、その人が社会に出ていく時に感じる障壁であり、人と人、人と社会の間にあるという感覚であり、変わらなければならないのは、既存の制度や社会の側であるという意識である。

第三に、それぞれの専門性、領域を越えて異なる文化や慣習を持つ人と果敢に対話し、学び直し、活動を変化させていくことを厭わない。アートであっても、福祉であっても、その専門性を棚にあげて、自分の言葉、自分の表現、自分の行動で関わっていく。ケアする人/ケアされる人、アートをつくる人/鑑賞する人、障害/健常などの二分法、境界を越える挑戦でもある。

第四に、何より現場にいる人たちの存在や思いがエネルギーとなって活動を後押しする力となっている。そこに必要としている人がいるからこそ、当事者、そしてその必要性に気づいた市民が起点となり、活動が始まる。そして、信頼をベースとしたつながり、コミュニティが生まれ、活動が継続している。

そして第五に、多くの活動が現在進行形で、活動の途上にある。社会に向きあう活動も、アートの実践も、関わる人や社会の変化のなかでかたちを変えていくだろう。

本書は、それぞれの活動の実践のノウハウや一つの方向性を示すことを目的とはしていない。常に新しい表現を求め、葛藤しながらも前に進む表現者。表現すること、存在することが歓待され、多様な人に開かれた地域の居場所。価値観を揺さぶられる主体的な鑑賞の方法。「モノ、カネ、制度」ではなく、「人、生活、いのち」から発想する新しい仕事や働き方。こうした実践者たちの考えや経験知を自らの活動のきっかけにしてもらいたいと考え、編んだ本である。

改めて思う。「福祉」も「障害」も、その社会的なイメージを変えなければならない。その既存の概念も偏見も、領域も越えていかなければならない。そのために、アートの「想像する力」と「創造する力」を活かしていきたい。本書にあるような一つ一つの小さな実践が積み重ねられ、今はまだない道を切り拓く。そのことが新しく道を拓いていく人のヒントになればと思う。

一般財団法人たんぽぽの家 森下静香

おわりに ─アートもいろいろ、社会化もいろいろ

いったい幸福とは何か。豊かさとは何か。価値ある生き方とは何か。私たちは今立ち止まり、考え直さなければならない。

今日の最大の問題は、貧富の格差が開く経済的貧困、弱者が排除される社会的貧困、中央文化が支配する文化的貧困、他者の痛みに向きあわない精神的貧困である。

これらの貧困は社会を分断し、対立を生み、人々を孤立させている。これらを解消するためには「ソーシャル・チェンジ」を図らなければならない。

だが、どんな理想も実現のプロセスが示されないものはむなしい。ところが、今やアートがそれを示し始めている。それもハイアートから離れた「遠いところ」「弱いところ」「小さなところ」で存在感を増している。

私たちは1995年に「アートの社会化」「社会のアート化」を掲げ、ABLE ART MOVEMENT(可能性の芸術運動)を提唱した。

まず手がけたのは価値が低く見られていた「障害者アート」を新しい視座で見直すことだった。そして障害のある人たちの能力を高めると同時に、社会的イメージを高める取り組みを始めた。

今や日本では「障害者アート」はブームのように盛り上がっている。それは「アールブリュット(生の芸術)」として国が推進していることがからんでいる。

「障害者アート」は「アールブリュット」と決めつけ、一部の美術館の学芸員、美術記者、大学の研究者までもが何の疑いもなく追随している。アートの社会化にもいろいろあるということか。

私たちが「違って独特」の表現に強く惹かれるのは、理解ができない部分(語りえぬもの)にある。だが、西欧の美術(史)しか学んでいない人たち、つまり「知っているアートしか知らない」人たちは、その美術観が揺らぎ、美術の見方が根底から怪しくなっている。

障害のある人たちの生き方、その表現を長く見てきた経験から言えば、岡倉天心の「東洋の美は不完全の美である」というのに共感を覚える。「望月よりも欠けたるがよし」とする日本人の美意識に由来するからだ。

また、民芸の思想家、柳宗悦の「不完全を厭(いと)う美しさよりも、不完全をも容(い)れる美しさの方が深い」にも共鳴する(柳宗悦「美の法門」)。この不完全さが未知の衝動を与え、一つの美術システムに安住している人たちを突き動かしている。

「アールブリュット」の動きはグローバリゼーション(世界化)の流れと言えるだろう。私たちがABLE ART MOVEMENT を始めた1995年といえば、ユネスコが文化のグローバル化に対して勧告を出した年でもある。それは文化の画一化を危惧したもので、多様性、身体性、地域性の尊重を訴えている。

障害のある人たちの表現をカテゴリー分けするのはなんでも二分する近代の名残でもある。

それには次のような問題点がある。いったん一つのカテゴリーに入れられると、そこから出られない。それぞれのカテゴリーは独立した別個のものと見なされる。時間とともに変化するものが扱えない。カテゴリー間にまたぐような事物の扱いが不得意である…など。

「存在が違って美しい」という言葉があるが、障害のある人たちの表現の特徴は多様であるということだ。一つのカテゴリーのなかに囲い込むのは、多様性を殺すということでもある。

哲学者の鷲田清一さんは朝日新聞のコラム「折々のことば」(2015年10月30日掲載)で多様性についてこのように言っている。

多様性の尊重には、一人ひとりが異なる存在であることが前提となる。人びとが数で一括りにされるところに多様性はありえない。人はその個別性においてこそ輝く。20世紀フランスの哲学者(エマニュエル・レヴィナス)は、だれかを別のだれかで置き換え可能と見るのは、人間に対する「根源的不敬」であるという。

「障害者」と一括りにし、個性ある表現を一つのカテゴリーに囲い込むのはまさに「根源的不敬」ではないか。

アートには人間の痛みに想像力を働かせ、生きる意味を考えるきっかけをつくる役割がある。それに気づいた人たちが今、日本でも活躍し始めている。彼らに共通しているのは、ロック世代かその影響を受けている世代。テクノロジーが社会を画一化していく時代にあって、ロック音楽が生まれた時代から変わらないもの、自分らしい生き方をしたい、という思いを持つ世代だ。

音楽を愛する若い世代が、自分らしい生き方の追求を根拠に、障害のある人たちの表現と向きあっている。生き方の画一化を拒む精神が「障害者アート」の新しい可能性を切り開いている。

2016年8月

一般財団法人たんぽぽの家理事長 播磨靖夫

評:細馬 宏通
(滋賀県立大学人間文化学部教授(コミュニケーション論))

「自分の知らない、自分のバリアを知ることから始まる」

知らないことだらけだ。

わたしはこの『ソーシャルアート』で紹介されているいくつかの活動は拝見したことがあるし、「音遊びの会」のメンバーでもある。実は、「障害のある人とアートで社会を変える」という本書のサブタイトルを見たとき、おおよそわかっていることを確認するつもりで読み始めた。しかし、それは全くの思い上がりだった。知らないことだらけなのだ。

たとえば、最初の光島貴之×吉岡洋の対談からしてそうだ。そこで、光島さんは、作品を作っていくうちにだんだん「目が見えない」ということ自体を押し出すやり方や「障害者アート」や「アール・ブリュット」という枠組に、違和感を感じるようになったのだという。それで、吉岡さんと考えるうちに「バリアフリー」ではなく「バリアコンシャス」ということばにたどりついた。それは単なるフリーからコンシャスへのことばの言い換えではなく、障害というバリアを取り除くという一方的な見方から、誰もが知らず知らずのうちに持っているバリアを意識する見方へという、いわばバリアを感じている主体の変更を促すような視点だ。

この本が次々と知らないことを提示してくれる要因のひとつは、執筆陣のバランスの良さだ。自ら動く人もいれば、共に動いている人、動く場所を作っている人もいる。動こうとするまさにそのときについて書いている人もいれば、動くまでに至るさまざまな生活の営みを書いている人もいる。動く場所をとりまく地域について考えている人もいる。絵画、音楽、演劇、ダンス、どんな動きに結実するかはそれぞれの人がどんな生き方を発見していくかによって違ってくる。多様性、というと収まりがよすぎる。わたしたちは何をやってもよいのではなく、何をやっても自分のバリアを意識することになる。自分の知らない自分のバリアがあること、しかしそこから始まる何かがあることを、この本は教えてくれる。

関連記事|Related Article

一般財団法人たんぽぽの家から『表現をめぐる知的財産権について考える本』が届きました

奈良市に拠点を置く一般財団法人たんぽぽの家から、『表現をめぐる知的財産権について考える本』が届きました。 「たんぽぽの家」編で当社から2016年に刊行された『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』は、いわ […]

UMA / design farm代表で『ローカルメディアの仕事術』共著者の原田祐馬さんと『ようこそ ようこそ はじまりのデザイン』の著者でgraf代表の服部滋樹さんの対談記事が「CINRA.NET」で公開

学芸出版社のブックデザインを数多く手掛けてくださっているUMA / design farm代表で『ローカルメディアの仕事術』共著者の原田祐馬さんと『ようこそ ようこそ はじまりのデザイン』の著者でgraf代表の服部滋樹さ […]

日本各地で行われているアートプロジェクトの10年の動きを伝える 本を出版したい!

『ローカルメディアのつくりかた』著者・影山裕樹さんらが『日本各地で行われているアートプロジェクトの動きを伝える10年本(仮)』のクラウドファンディングを実施中

『ローカルメディアのつくりかた』『ローカルメディアの仕事術』著者の影山裕樹(合同会社千十一編集室)さんが、日本各地で行われているアートプロジェクトの10年の動きを伝える書籍の制作・出版に向け、クラウドファンディングを実施 […]