図説 建築法規

小嶋和平 著

内容紹介

建築を仕事にするうえで欠かせない建築基準法と関連法令を学ぶ、初学者のための入門書。著者の長年の講義経験に基づき、主に建築基準法の条項の順に項目を並べ、関連する法令の条番号を丁寧に示し、数多くの図表を使ってわかりやすく解説しており、実践的な知識を身につけることができる。一級建築士試験対応の練習問題付き。

体 裁 B5変・208頁・定価 本体2800円+税
ISBN 978-4-7615-2612-2
発行日 2015/11/15
装 丁 KOTO DESIGN Inc. 山本剛史

本書の採用検討用見本のご請求はこちらから

目次著者紹介まえがき電子版正誤情報関連イベント

まえがき

1章 建築基準法の概要

1 建築基準法の概要
2 法の体系と構成
3 法令の見方と用語

2章 総則

1 用語の定義
2 面積及び高さ等の算定
3 建築手続き等
4 建築基準法の適用除外
5 工事現場の安全

3章 一般構造・建築設備規定

1 一般構造
2 建築設備

4章 防火・避難規定

1 防火規定
2 避難規定

5章 構造強度規定

1 構造設計の原則
2 各種構造

6章 都市計画関係規定

1 建築物と道路
2 用途地域
3 容積率
4 建ぺい率
5 敷地面積の最低限度
6 外壁の後退距離
7 高さ制限
8 防火地域・準防火地域
9 総合設計制度
10 地区計画
11 高度地区・高度利用地区
12 特定街区
13 その他の地域・地区の制限の特例
14 複数建築物に関する特例
15 建築協定

7章 建築士法

1 目的
2 建築士の種類と免許
3 設計と工事監理の定義
4 建築士でなければできない設計及び工事監理
5 業務
6 建築士事務所

8章 その他の関係法令

1 都市計画法
2 建設業法
3 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)
4 消防法
練習問題解答
索引

小嶋和平(こじま かずひら)

1947年生まれ。1970年大阪工業大学第一工学部建築学科卒業。1970~2008年、守口市に奉職、都市整備部長で退職。現在、サンヨーホームズ株式会社顧問、大阪工業大学建築学科非常勤講師。著書:『図解建築法規』『図解テキスト二級建築士 学科Ⅱ 建築法規』『図解これだけでわかる建築基準法』(学芸出版社)。

人々が集まって暮らし、相互に安全で快適な生活を営める社会を形成するには、様々な法令によって定められたルールが必要です。私たちの日常生活は、こうしたルールによって成り立っています。建築物も、建築基準法をはじめとする様々な建築関連法規に基づいて成り立っています。当然、私たちはこれらのルールを遵守しなければなりません。

建築基準法は、社会情勢や時代的背景によって大きく影響を受けるものです。そうした時代の要請に相応するように法律が度々改正されることから、建築基準法及び建築関連法規は今後ますます複雑で多岐なものになっていくものと考えられます。

そこで、本書は建築を専攻する学生や社会人諸氏が「建築法規」を学ぶためのテキストとして執筆したものです。本書は、著者が永年大学の講義で培ってきたノウハウを活かして、できるだけわかりやすい文章表現に努め、建築基準法の条項順に沿ってタイトルを並べ、法文にできるだけ条項を加筆し、かつ図と表を多く取り入れるなど法文の内容を的確に理解できることに重点を置いた構成となっています。

法令を理解するには、法令の目的・趣旨を十分把握することが大事です。そのためには、法令の原文を何度も読みながら理解していくことが必要です。しかし、法文は小説を読むような訳にはいきません。この法文を読んで理解するのが至難の業であり、難しいことだと思います。そこで、その理解を手助けする手段として、本書を活用していただければ幸いです。

なお、本書は大学・専門学校などの講義、建築実務家の方々の初期の研修や建築士試験の受験準備にも、有効に活用していただけるものと確信しています。

小嶋和平

本書は電子版も発行しております。大学・専門学校等の教科書、もしくは研修等のテキストとしてのご採用をご検討の場合は、こちらをご覧ください。

本書に下記の誤りがございました。下記の通り訂正いたしますとともに、読者の皆様にお詫び申し上げます。

第1版第1刷

PDFで表示

第1版第2刷

PDFで表示

第3版第1刷

PDFで表示

関連記事

【開発担当者に聞く】教科書シリーズコンセプト vol.1「図説建築」シリーズ

関連イベント

【終了】『図説 建築法規』著者・小嶋和平さん講師|これだけでわかる建築基準法!(2022/4/25 オンライン)