厚生労働省による「社会的処方」の制度化促進 地域社会での多職種連携を促す取り組みへ

公開日:2020/10/28

厚生労働省により、医師などが介護者へ指導する際に、社会的孤立を防ぎ「地域での人のつながり」をサポートする「社会的処方」の制度化が進められていることがわかりました。

「社会的処方」の取り組みについては、下記の書籍で紹介されています。

書籍詳細

社会的処方 孤立という病を地域のつながりで治す方法
西智弘 編著

認知症・鬱病・運動不足による各種疾患…。医療をめぐるさまざまな問題の最上流には近年深まる「社会的孤立」がある。従来の医療の枠組みでは対処が難しい問題に対し、薬ではなく「地域での人のつながり」を処方する「社会的処方」。制度として導入したイギリスの事例と、日本各地で始まったしくみづくりの取り組みを紹介。

記事詳細

居宅療養管理指導に「社会的処方」の視点を
社保審・介護給付費分科会

(医療介護 CB news マネジメント)

https://www.cbnews.jp/news/entry/20201027202631

記事をシェアする