ニュース

国内外の建築・都市・デザインの最新情報をお届けしています。

月間アクセスランキング新着国内ニュース海外ニュース#新型コロナウイルス#道路活用・ストリートデザイン#自転車#観光#気候変動#都市の芸術・文化#建築・都市の仕事と働きかた#公園・パークマネジメント#モビリティ
このコンテンツにアクセスするには、まち座プラス会員としてのご登録が必要です。新規登録いただくか、登録がお済みの場合はログインしてください

ログイン

新規登録

👉 国内ニュース一覧
👉 海外ニュース一覧
https://youtu.be/qBNRSS0hDbw ロンドン中心部の地区、シティ・オブ・ロンドン自治体(City of London、以下シティ)がこのほど発表したコロナ後の再生に向けたアクションプランの一つとして […]
続きを読む
国連世界観光機関(UNWTO)はこのほど、コロナ禍で落ち込んだアフリカの観光業の復興を支援するにあたり、Googleと提携して、データマネジメントやデジタルマーケティングに関する専門的知見の活用などで各国を支援してゆくと […]
続きを読む
2021年度トヨタ財団研究助成プログラム公募のお知らせ COVID-19によって浮き彫りとなった課題と向き合い、新しい社会を創造していくためには、これまでの認識や生活様式、社会システムを作りかえるような変革が必要です。既 […]
続きを読む
IBS(The Institute of Behavioral Sciences 一般財団法人計量計画研究所)は、わが国の学術研究活動に寄与することを目的として、研究助成制度「IBSフェローシップ」を実施しています。 毎 […]
続きを読む
米国美術館・博物館同盟(The American Alliance of Museums:AAM)がこのほど、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが博物館や美術館へかかわる人々に与えた影響について調査した結果を公表した […]
続きを読む
米・メリーランド大学がこのほど発表した調査データによると、2020年に失われた熱帯雨林の面積は1220万ヘクタールにのぼり、このうち原生林が約420万ヘクタールを占めることがわかった。失われた原生林の面積は、オランダ一国 […]
続きを読む
世界的なエンジニアリング・コンサルティング企業Arup社と、オランダに拠点を置く財団Bernard Van Leer Foundationがこのほど、貧困状況にある子どもの居住環境改善のための都市デザインガイド "Pro […]
続きを読む
以下、日立財団のプレスリリースより この度、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、より強靭な社会を構築するため、パンデミックによって顕在化した課題や脆弱性についてエビデンスに基づく研究 を支援する「日立感染症関連研究支援 […]
続きを読む
パブリックスペースに関するアメリカ発のオンラインコミュニティ「New_Public」が、コロナ禍によって出現したデジタル領域のパブリックスペースについてリサーチした結果をレポート "Terra Incognita NYC […]
続きを読む
ニューヨーク市の企業の経営者や投資家らで構成される非営利組織 "Partnership for New York City" がこのほど、今後のリモートワークの継続見通しなどについてアンケート回答を募った調査の結果を発表 […]
続きを読む
日本大学理工学部建築学科・井本研究室で「COVID-19と子どもの外出行動調査レポート」が発表された。本レポートは、2020年度研究室の取り組み「緊急事態宣言下での子どもの外出行動に関する研究」をまとめたもので、学部4年 […]
続きを読む
京町家の重要文化財「杉本家住宅」は老朽化のため耐震補強工事を含む大規模修理を行うことになった。このうち、主屋の大屋根瓦は特に損傷が激しく、雨漏りを引き起こすため修理が急がれており、今回この大屋根瓦の葺き替え事業を支援する […]
続きを読む
国際エネルギー機関(IEA)がこのほど発表した、2020年における世界の二酸化炭素排出に関する新たな統計データによれば、新型コロナウイルス感染症の蔓延で減少していた全世界の二酸化炭素排出量が、2020年12月に2019年 […]
続きを読む
新建築社が新たな試みとして「論文」のコンペティションの開催情報を公開しています。テーマは「コロナ時代の私たちと建築」で、審査員は青木淳氏です。最優秀賞は『新建築』建築論談に掲載予定、入選点数と賞金は審査員の決定によるとの […]
続きを読む
2020年始から続くコロナ禍によって美術館やギャラリーが閉鎖されたことにより、多くの作品鑑賞の機会が失われた。そんな中「グランドハイアット東京」ではアーティスト・村上隆さんとのコラボレーションによる「泊まれるアートギャラ […]
続きを読む
アメリカ合衆国で公共交通や土地利用に関する政策支援などを行う組織 "Transportation for America" がこのほど、新型コロナウイルス感染症への対策として各地の都市行政が取った対応に関し、道路と歩道を […]
続きを読む
国土交通省は昨年から検討を進めてきたインフラ分野のDX施策をとりまとめ公表した。近年、自然災害等の激甚化によって安全性向上のためのインフラ整備は国を挙げた大きな課題になっている。また、建設業界では将来の人出不足を見据えた […]
続きを読む
国土交通省では「自転車活用推進計画」の次期計画を策定するため、次期計画の骨子についての意見を求めるWEBアンケートを実施している。 今回の計画改訂のポイントは大きく3つ、主に近年の社会情勢の変化などに起因する。 1つは、 […]
続きを読む
令和2年12月に国はポストコロナに向けた新たな経済政策を策定した。それにともなって、令和3年1月26日に消費税率の引き上げにともなう住宅取得者の負担を減らすために創設された「すまい給付金」制度もその一部を改正された。 改 […]
続きを読む
ニューヨーク州のシエナ大学がこのほど発表した調査結果によれば、ニューヨーク市に住む有権者の68%が、現在道路上を占めている自動車の駐車スペースを撤去してでも、自転車専用路(※厳密にはProtected bike lane […]
続きを読む
https://youtu.be/IJVGZ2IY_u4 ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事はこのほど、向こう5年間で商業ビルからアフォーダブル住宅(手ごろな適正価格で購入可能な住宅)への転用を促す施策について盛り […]
続きを読む
ワーカーや組織における働き方などを追求する「コクヨ ワークスタイル研究所」が、日本のワーカー約6000人を対象とした意識調査の結果をまとめたレポート「WORK VIEW 2021―ポストパンデミックの仕事観―」を公開した […]
続きを読む
一般財団法人武蔵野市開発公社(理事長:堀井 建次 以下、「開発公社」)は、withコロナのまちづくり事業として、「New personal space with COVID-19(以下、「NPSwC19」)」を、12月7 […]
続きを読む
ハワイ州と現地企業は、米国居住者向けの長期滞在プログラムを発表した。 Movers&Shakasというこのプログラムは、州と企業が合同で資金提供し、50名の参加者に最短1か月からの滞在で現地NPOとのボランティア活動を依 […]
続きを読む
「学校のトイレ研究会」は、ウィズコロナ時代の公共施設全域(オフィス、工場、学校、商業施設)におけるトイレの安全性を向上させるため、「感染症対策ブック」を発行した。当会は1996年にトイレ関連企業により発足し、これまで学校 […]
続きを読む
ニュージーランド・オークランド市が取り組む、Slow Streets プログラム。地域のコミュニティや文化への影響が期待されている。 4月にローンチされたこのプログラムでは、20マイル以上の道路で自動車通行を規制すること […]
続きを読む
岡山県倉敷市の美術館・大原美術館がコロナ禍によって開館の継続が厳しい状況であることを報告し、クラウドファンディングで支援を求めている。 企業や行政によらない民間の美術館である大原美術館は、運営経費の約8割を入館料が担って […]
続きを読む
イギリスの住宅市場に関する調査で、10月の住宅価格が過去4年間で最も高騰し、ロックダウン以降、消費者はより大きな住宅の購入を望む傾向にあることが明らかになった。 不動産会社 Rightmove のウェブサイトでは、住宅の […]
続きを読む
※主催:立教大学観光学部西川ゼミ​ 2年一同 新型コロナウイルスの流行に伴い、旅行・観光をめぐる状況は一変しました。立教大学観光学部西川ゼミでは、こうした状況下でも、観光を専門に学ぶ学生として何かできることはあるのではな […]
続きを読む
国土交通省は、公共交通機関の利用者が正しく混雑を回避できるように、リアルタイムな混雑情報の提供に取り組もうとするバス事業者のためのガイドラインを策定した。 ガイドラインでは「混雑情報の提供方法」「混雑情報の表示」「混雑情 […]
続きを読む
国土交通省は、今後のまちづくりを検討するにあたって、コロナ禍による市民の日常的な行動や価値観の変化を把握するため、日立東大ラボと共同で全国アンケート調査を実施し、その速報結果を公表した。調査対象は東京都市圏のほか特別警戒 […]
続きを読む
東京都台東区上野・湯島の仲町通り周辺で、コロナ禍の影響を受ける飲食店を支援する試みとして、街灯に小さなテーブルを設置しスタンドテーブル化する「ガイトウスタンド」が実施される。実施日は10月9日・10日の2日間、時間は17 […]
続きを読む
静岡県袋井市は、市内の住宅においてwithコロナ時代の「新しい生活様式」への対応およびステイホームのための住環境向上にかかるリフォーム工事費用の一部を助成することを公表した。 補助金額は、1戸につき補助対象工事にかかる経 […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は25日、出演したラジオ番組で、同市が新型コロナウイルス感染症対策の1つとして実施している、路面の飲食店に対して道路空間の一部を屋外の座席として使用することを認める措置について、この先 […]
続きを読む
新型コロナウィルス拡大の影響を受け、サンフランシスコでは市のシェアスペースプログラムによりヨーロッパの都市のような屋外飲食エリアが設置され始めている。このプログラムは、コロナ禍で困窮している市内の飲食店を援助するものだ。 […]
続きを読む
全米都市交通担当官協会(NACTO)が主に自治体など道路管理者向けに作成・公開している、コロナ禍からの復旧にあたってのガイドライン資料 “Streets for Pandemic Response and Recover […]
続きを読む
コロナウイルスによる影響を受けつつも、米国の空港には観光客の姿が次第に戻り始めている。 米国の運輸保安庁(TSA)の報告では、米国の祝日「レイバー・デー」直前の9月4日(金)に、コロナ以降最も多い96万人以上がTSAの保 […]
続きを読む
不動産・住宅情報サイトの運営などを行うLIFULLが「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を緊急発表した。本調査は、同社が運営する「LIFULL HOME'S」に掲載された物件の実際の問合せ数から算出されており、同社 […]
続きを読む
全米都市交通担当官協会(NACTO:The National Association of City Transportation Officials)が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として道路の変革 […]
続きを読む
先月8月のイギリスでは、休暇を国内で過ごしたことや、自宅でのリモートワークに関わる機器整備のため、消費者の総支出額が増加していたことが、調査により明らかになった。 イギリスのクレジットカード会社であるBarclaycar […]
続きを読む
北海を挟んで向かい合うデンマークとイギリスが、両国を結ぶ海底電力ケーブルの敷設に取り組んでいる。ケーブルは、ユトランド半島の南寄りにあるデンマークのRevsingから、北海内にあるドイツ、オランダの排他的経済水域を通過し […]
続きを読む
数か月にわたるオンライン授業と夏休みを経て、対面授業の再開を政府が認めたため、欧州の学校が次第に再開され始めた。一方、国ごとに感染予防の対応は異なっている。それぞれの概要は下記のとおり。 イギリス 小学校は、数学年のみが […]
続きを読む
順天堂大学大学の内藤久士教授、鈴木宏哉先任准教授、花王株式会社サニタリー研究所、パーソナルヘルスケア研究所の共同研究グループが、緊急事態宣言下(2020年4~5月)における幼児(1~5歳)の活動実態を歩数計測などにより調 […]
続きを読む
関西の都市計画関連分野で働く女子を中心としたネットワーク、まちと女子(史)の生き方・働き方研究会が「『コロナ禍で考える生き方・働き方に関するアンケート』調査結果(速報版)」を公表した。 働き方や気持ちの変化などに関する1 […]
続きを読む
国土交通省は、新型コロナウィルス感染拡大にともなう社会の変化を受けて今後の都市・都市政策のあり方について検討するため、2020年6~7月にかけて、大学関係者を中心に都市再生や都市交通、公園緑地や都市防災のほか、医療、働き […]
続きを読む
市場調査会社「NPD Group」が公表したレポートによると、アメリカ合衆国における今年6月の電動自転車の販売台数が、昨年同月比で190%の増加を記録した。 同社の担当アナリストはこの要因として、新型コロナウイルス感染症 […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長らは24日、まもなく開講を迎える2020~21年度の新学期において、屋外授業の実施に取り組む方針を示した。新型コロナウイルス感染症の蔓延下で厳しい運営を迫られる学校を安全に再開できるよ […]
続きを読む
英国・マンチェスターにあるナイトクラブが、新型コロナの影響でクラブとして営業が再開できない状況を鑑みて、「ナイトパブ」として営業をはじめた。 市街中心部にあるとある店舗では、ソーシャルディスタンスを保ちながらバーとして営 […]
続きを読む
アメリカの非営利トラスト団体 "Trust for Public Land" が、合衆国内の14,000地域を対象とし、公園のあり方に着目して実施した新たな調査の結果を発表した。 それによると、白人以外(黒人・先住民・ラ […]
続きを読む
今治市が「今治市サイクルライフ促進事業費補助金」を開始した。新型コロナウィルスによる新しい生活様式への転換・健康増進・マイクロツーリズム等のためのツールとしての自転車利用の促進を支援する。 用意された補助金は次の三種類。 […]
続きを読む
イタリアのヴェネツィアが、オーバーツーリズム抑制のための施策として実施を予定していた市内観光客からの「入場料」の徴収について、開始日を2021年7月1日に延期することを発表した。 観光客に入場料の支払いを求める施策は、1 […]
続きを読む
ニューヨークのウェブメディア「Gothamist」では、コロナ禍において「ニューヨークが将来どうなってほしいか(What Do You Want NYC To Look Like?)」というテーマで各界の識者へのインタビ […]
続きを読む
ニューヨーク市の公式DMO組織 "NYC & Company" が、新型コロナウイルス感染症蔓延により打撃を受けた観光業の復旧を図るべく、 "The Coalition for NYC Hospitality & […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染症の蔓延、またそれに伴う都市封鎖や隔離策、ソーシャルディスタンスの啓発などにより、世界の人気観光地でも観光客向けの宿泊施設の空室が常態化している。 そんな中、ポルトガルの首都・リスボン市が、家主から […]
続きを読む
新型コロナウイルス禍では、世界中の建築家がオフィス空間についてクライアントと検討する機会が増えている。 出社する従業員数を減らすことが感染の抑制につながることが明らかなように、すぐに実践できる建築家の提案が、さまざまなオ […]
続きを読む
イギリス政府は5日、新型コロナウイルス感染症の影響で営業や活動の停止を余儀なくされている、国内で世界規模の文化芸術や文化財保全に携わる組織・団体を対象とした、総額15億7,000万ポンド(約2,121億円)に上る財政的な […]
続きを読む
コロナ禍で考える生き方・働き方に関するアンケートのお願い私たちはこの春、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大というこれまでにない経験を世界と共有しました。 昨日までは想像もしなかった毎日の中で、一人一人が自 […]
続きを読む
アメリカで、新型コロナウイルス感染症の蔓延による経済の停滞により落ち込んでいた自動車の購入が、5月以降急速な復調傾向にある。アメリカ合衆国商務省経済分析局(Bureau of Economic Analysis)が発表し […]
続きを読む
オーストラリア・メルボルン市が、市内で全長40kmにわたる自転車専用レーンの整備を加速するための施策として、向こう2年間で駐車スペース等の撤去に乗り出す方針を示した。同市では、新型コロナウイルス感染症の蔓延を受け、自転車 […]
続きを読む
神奈川県建築士会技術支援委員会子どもの生活環境部会から「新型コロナウィルス感染拡大による外出自粛期間における子どもの生活についての緊急アンケート調査」の集計結果が報告され、自粛期間中の子育て世帯における生活の様子がわかっ […]
続きを読む
アメリカ・ニュージャージー州は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、飲食店での店内での飲食を無期限停止することに決めた。 当初、7月2日に店内飲食が再開されるはずだったものの、ニュージャージー州のフィル・マーフィー知 […]
続きを読む
2020年,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)が世界中で起こりました. 日本では,感染者数が減少し,引き続き,第二波の感染増加の警戒はしつつも,緊急事態宣言解除により,フェーズが変わ […]
続きを読む
ニューヨーク市運輸局(DOT)が、新型コロナウイルス感染症蔓延下での経済活動の段階的な再開にあたり、主に路面の飲食店等に対して、道路等の一部を占用して席を設けることを許可する施策「Open Restaurants」をスタ […]
続きを読む
名古屋工業大学の研究グループが、新型コロナウイルスの感染拡大・収束期間、感染者・死亡者数に関与する要因をつきとめた。メンバーは、名古屋工業大学大学院工学研究科電気・機械工学専攻の平田晃正教授(先端医用物理・情報工学研究セ […]
続きを読む
全米都市交通担当官協会(NACTO)は16日、道路管理者向けに作成・公開している、コロナ禍からの復旧にあたってのガイドライン資料 "Streets for Pandemic Response and Recovery" […]
続きを読む
令和2年版の観光白書が公表された。今年度版は4部構成で、従来通り最近の観光の動向をまとめた内容に加え、「新型コロナウィルス感染症への対応と観光による再びの地方創生に向けて」が加えられ、新型コロナウィルスの観光への影響や政 […]
続きを読む
新型コロナ禍への対応として、社会的距離確保のための自転車道や歩道の改良・拡大などを約20億ポンド規模で計画しているイギリス。そんな中で、あるスタートアップ企業が開発した、人工知能内蔵の自転車搭載用ライト「See.Sens […]
続きを読む
カナダ在住のプレイスメーカー、ジェイ・ピッター氏が、人種的差別撤廃への取り組みを同国の都市計画家らに呼びかけるオープンレター(公開状)を公開した。全文(全18頁。公開状本文は冒頭3ページ)がPDFで公開されている。 ピッ […]
続きを読む
ロンドンの鉄道網は、新型コロナウイルスによるロックダウンが解除された後の、サービスを再出発するための大きな挑戦に直面している。収益を減らすことにはなるが、ソーシャルディスタンシングを保つため車内の混雑を緩和し、乗客人数を […]
続きを読む
日本経済新聞が「経済チャートでみる 新型コロナショック」を公開し、随時情報が更新されている。建築・都市・まちづくりに関する項目を見ていきたい。 2019年末比の「業種別の株価騰落率」をみると、「建設」「不動産」は-10% […]
続きを読む
日本観光研究学会が2020年5月18日~30日に実施したアンケート調査の結果を発表した。日本観光研究学会の会員を対象に行われた調査で、334件の回答があった。調査項目は、回答者の基本属性の他、新型コロナウイルス収束後の観 […]
続きを読む
国土交通省は、「新しい生活様式」に合わせて飲食店が暫定的な営業形態としてテイクアウト販売やテラス等での飲食提供を行っていることを受けて、そうした路上利用を支援するために「地方公共団体と地域住民・団体等が一体となって取り組 […]
続きを読む
S o c i a l G o o d D i s t a n c e D E S I G N C O M P E T I T I O N 〜都市空間の新しい遊び方、楽しみ方のデザイン〜 「ウィズコロナ都市の楽しみかた」 […]
続きを読む
ポルトガルの首都・リスボン市のフェルナンド・メディナ市長が、自転車利用の促進策として300万ユーロ規模の計画を発表した。主な内容は以下のとおり。 市街地中心部における自動車の速度制限を最高30km/hに強化 路上駐車帯の […]
続きを読む
新型コロナウイルスの影響で、配達業者の需要が高まっている。たとえばここ数週間で、アマゾンは175,000人以上の配達ドライバーと倉庫作業員を雇用した。 一方、専門家からは、適切かつ十分な指導を受けず大型トラックの運転に不 […]
続きを読む
2020年,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)が世界中で起こりました. 日本では,感染者数が減少し,引き続き,第二波の感染増加の警戒はしつつも,緊急事態宣言解除により,フェーズが変わ […]
続きを読む
スポーツ庁は、新型コロナウィルス感染拡大防止のために多くのスポーツイベントが中止・延期・規模縮小を余儀なくされていることを受け、スポーツイベント再開支援事業(民間スポーツ振興費等補助金(全国規模のスポーツリーグ又は大会の […]
続きを読む
電通が、2020年5月中旬に日本全国の20~69歳の男女1000名を対象に実施された「COVID-19生活者意識ナビゲーター(第2回日米比較編)」の調査結果を発表し、日本の生活者のネガティブ感情が正常に戻りつつあると報告 […]
続きを読む
NTTドコモとドコモ・インサイトマーケティングが、ドコモの携帯電話ネットワークで作成された人口統計「モバイル空間統計 人口マップ」を2020年5月27日(水)から2021年3月31日(水)まで無償提供することを発表した。 […]
続きを読む
ニュージーランド政府が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により打撃を受けた芸術・音楽業界の復興を後押しするため、求職者支援プログラムと4種類の公的基金立ち上げを表明した。 求職者支援プログラム(名称:T […]
続きを読む
コンサルタント会社「STRELKA KB」のアナリストが、ロシア全土がロックダウン状態になった3月23日~4月5日を対象に、InstagramなどのSNSに投稿された写真を分析し、2019年の同期間の分析と比較した調査結 […]
続きを読む
アメリカ・シカゴなどに拠点を置く市場調査会社「The Harris Poll」が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による生活意識への影響を調べるため、4月25日~27日に合衆国の成人2050人を対象として行っ […]
続きを読む
米の慈善団体ブルームバーグ財団のMedium上で、ニューヨーク市において2005年から2013年まで厚生部門(Health and Human Services)の副市長を務めたリンダ・ギブス氏が提言記事を発表。新型コロ […]
続きを読む
ニューヨーク市公園局と公式に提携を結んでいる25の非営利団体による連盟組織「Parks and Open Space Partners」が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による公園やオープンスペースへの影響 […]
続きを読む
新型コロナウイルスをきっかけに、住まうこと・働くこと・遊ぶことについて再考し既存の枠組みから外れるような、スペキュラティブデザインのアイデアが生まれ始めている。これらによって、公衆衛生や創造的デザインが密接に関わり合う、 […]
続きを読む
大規模な災害対応を担うアメリカ合衆国の政府機関「アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁」(FEMA)が、新型コロナウイルス(COVID-19)感染対策と並行して来るべきハリケーンシーズンに向けた備えを進めるためのガイドライン資 […]
続きを読む
台湾の交通部(the Ministry of Transportation and Communications)長・林佳龍氏が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策としてとっていた様々な制限を、3つの段階に分けて徐々に […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染症の蔓延期において複合的に災害が発生した場合に備え、どのような避難対策を検討するべきか。あるいは、感染症による混乱から復旧・復興を目指すにあたり、どのような価値体系を構想するべきか。 都市防災・災害 […]
続きを読む
AGC(Associated General Contractors of America)のウェビナーに参加したパネリストによる、アメリカの建設現場へのコメントが公開されている。 Hensel Phelps社の副社長兼 […]
続きを読む
日本図書館協会は、5/4に行われた新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の提言に応じて、公共図書館を開放する場合の前提となる感染予防対策の基本的事項を整理したガイドラインを公開した。 ガイドラインには施設管理者に向けた予 […]
続きを読む
アメリカ・オレゴン州にあるポートランド州立大学の交通研究教育センターが、自転車道の整備は沿道の事業者の売り上げや雇用状況の向上に貢献するとの研究結果を明らかにした。 研究では、ポートランド、シアトル、サンフランシスコ、メ […]
続きを読む
米IT大手IBMが、新型コロナウイルス(COVID-19)が消費行動に及ぼす影響を測るため、アメリカ合衆国に暮らす成人2万5千人を対象として4月に調査を実施。その結果をこのほど公式サイトで発表した。主な結果は以下の5点。 […]
続きを読む
オランダ・アムステルダムに本拠を置く公共政策・空間計画分野のコンサルティングファーム「DECISIO」が、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による都市封鎖解除後のモビリティ環境と社会的コストの関係についてシミ […]
続きを読む
ニューヨーク市における歩行者の死亡事故が58日間連続で0件を記録し、1983年に集計が開始されて以来最長となったことが、ニューヨーク市運輸局(DOT)委員のポリー・トロッテンベルク氏の発表で判明した。 ニューヨーク市では […]
続きを読む
パブリックスペース関連のベンチや公園遊具、コミュニケーションサインを製造販売する株式会社コトブキと、公園専門メディア『PARKFUL』が連携し、「STAY HOME & KEEP SOCIAL DISTANCE~はなれて […]
続きを読む
地中海を挟んで接するギリシャ・キプロス・イスラエルの3カ国が、互いの国々限定で渡航制限を解除し自由な往来を可能にする方向で検討していることが明らかになった。ギリシャの観光大臣テオカリス・テオカリス氏が発言したもの。 新型 […]
続きを読む
メルボルン大学の研究者らが、新型コロナウイルスによる住宅コスト負担の改善を求める提言を公開した(以下、抄訳)。 新型コロナウイルスによる経済の甚大な混乱は、経済補償が錯覚であったことを明らかにした。 筆者らによると、その […]
続きを読む
北欧バルト三国のエストニア・ラトビア・リトアニアが、新型コロナウイルス感染拡大防止策としての移動制限の緩和にあたり、5月15日から、三国の国民に限って、互いの国境(エストニア・ラトビア間とラトビア・エストニア間)をまたい […]
続きを読む
アメリカ建築家協会が、新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛令の緩和後、オフィスや商店、レストラン、公共施設などに再び人々が集うことを見据え、段階的に安全な空間を整えてゆくための手引きとなるガイドブック「Re-occ […]
続きを読む
イギリス政府が、自転車専用道の整備に2億5千万ポンド(約331億円)の拠出を予定していることを発表した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、通勤手段として公共交通機関の代替として自転車の利用を促すねらい。 同時に、最大 […]
続きを読む
オランダをはじめ世界各地に拠点を置く、都市モビリティにフォーカスしたコンサルティングファーム「MOBYCON」が、道路に10日間の工期で仮設の自転車専用道を整備するプロセスを詳細に解説したガイドブックをウェブサイト上で公 […]
続きを読む
国際連合とWHOが、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐ取り組みの一環として、世界中のクリエイターにボランタリーな作品制作を呼びかけた。3月30日から4月14日まで募集が行われ、このほど選考を通過した作品を一覧できるハブ […]
続きを読む
New York Public Library · 1. To See an Underground Show ニューヨーク公共図書館が、ニューヨークにあふれる様々な「音」を収録したオムニバスアルバム「Missing S […]
続きを読む
4月30日から、全国の経営存続の危機を抱える書店・古書店を支える「BookstoreAID」が発足することが発表された。3日で1億円を集めたことで話題の「Bookstore AID基金」に影響されて立ち上がったプロジェク […]
続きを読む
ソーシャルディスタンシングの指標を可視化するべく、シンガポールでは住民によって多くの屋外公共空間やショッピングセンターがテープで分離されている。 大きな円はチェックアウト待ちの際の立ち位置を示し、とある長方形はベンチや階 […]
続きを読む
ポートランド交通局(PBOT:Portland Bureau of Transportation)が、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、“Slow Streets | Safe Streets” と銘打った道 […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長が、市内の道路のうち少なくとも40マイル(約64km)で、来月いっぱい自動車の通行を禁止する方針を表明。外出自粛令(stay-at-home order)の発令中に、最大約100マイル […]
続きを読む
イギリスの建築事務所「フォスター・アンド・パートナーズ(Foster + Partners)」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛中の子ども向けに、建築・都市をテーマにした紙工作キットを制作し、同社の公式ウェブ […]
続きを読む
カナダ最大の都市トロントなどを含むオンタリオ州が、コミュニティガーデン(市民菜園)は生活必需サービスであるとして、開園することを認める声明を発表した。公営・私営いずれも対象となる。 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて […]
続きを読む
新型コロナウィルスにより影響を受ける小売業をサポートするため、地域商店と消費者をつなげるECサイトがStreetifyにより3月にローンチされた。対象エリアはイギリス、アメリカ、カナダ、インド、オーストラリアで、1年間は […]
続きを読む
イタリア随一の都市・ミラノが、市内の道路35km(22マイル)を再編する計画(The Strade Aperte plan)を発表。自動車用の車線を縮小して、その分を自転車用の走行路や歩道空間の拡幅に充てるほか、30km […]
続きを読む
日本建築学会は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、2020年9月8日~10日に開催予定だった2020年度日本建築学会の行事中止を発表。 学術講演や建築デザイン発表について、研究発表梗概の採否は学術推進委員会が決定し […]
続きを読む
Adobeが、共有PCのみでライセンスを持つ教育機関を対象に、児童・生徒・学生及び教職員がAdobe Creative Cloudに自宅からも無料でアクセスできるようにした。 対象となるのは、ライセンス契約をした教育機関 […]
続きを読む
若手医師、医療福祉、まちづくり関係者を中心に舞台芸術などへの支援を目的として発足し、劇作家の平田オリザさん、脚本家・演出家の桜田ゆみさんが協力している「コロナ禍から芸術を守りたい“#SaveArts”プロジェクト」が、2 […]
続きを読む
ロンドン交通局(Transport for London)が、市内を走るバス路線の運賃について、新型コロナウイルス感染拡大に伴う都市封鎖(ロックダウン)措置期間中は無料とする方針を固めた。 ロンドン市ではこれまでに少なく […]
続きを読む
新型コロナウイルスで臨時閉館中の、アメリカ・サウスカロライナ州にあるチャールストン郡公共図書館(Charleston County Public Library)に所属するスタッフが、Nintendo Switchのゲー […]
続きを読む
新型コロナウイルスの影響で、バルセロナの路上で衣料品などの販売を行う「トップ・マンタ(Top Manta)」と呼ばれる露天商のグループの多くが営業できず、仕事を失った露天商の家庭を支援するフードバンクが立ち上げられるなど […]
続きを読む
国家公務員、弁護士、イノベーター等が協働しイノベーションに特化した政策を検討し社会への発信を目的としたミレニアル世代のシンクタンク(一社)PublicMeetsInnovationが、新型コロナウィルス感染拡大による危機 […]
続きを読む
フランク・ロイド・ライト建築保存会(The Frank Lloyd Wright Building Conservancy)やフランク・ロイド・ライト財団(The Frank Lloyd Wright Foundatio […]
続きを読む
ニューヨーク市長が、ホームレス6000人のホテル空室への退避を進めているとの声明を発表。3500人はパンデミック前にすでに、緊急滞在用施設となっている民間のホテルに移動している。 今後、4月20日までをめどに2000人程 […]
続きを読む
アメリカ・ワシントンD.Cに拠点を置く学際機関「世界資源研究所(World Resources Institute)」が、新型コロナウイルスの爆発的な感染状況が今後の都市計画に与える影響について考察した記事を公開(以下、 […]
続きを読む
アメリカ・フロリダ州の総合病院「メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)」が、医療用品や新型コロナウイルスの検査キットを自動運転車を使って運搬する取り組みを開始。ドライブスルー型の検査施設から研究施設まで、人間同士 […]
続きを読む
新型コロナウイルスの影響で中断・中止に追い込まれているデザイン系イベントのプログラムを集めて開催する世界初のオンライン型デザインフェスティバル「Virtual Design Festival (VDF) 」が、デジタルメ […]
続きを読む
https://youtu.be/YrawpgQBPBE アメリカ・ネバダ州の砂漠で毎年開催される祭典 「バーニングマン(Burning Man)」の主催者が、新型コロナウイルスの影響で今年の現地開催の中止を公式サイトで […]
続きを読む
文化庁は、関連する法律案が国会で成立した場合、新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴って中止になった文化芸術・スポーツイベントのチケットを払い戻さず寄付することで税優遇を受けられる制度が新設されると通知した。 対象イベント […]
続きを読む
食料の9割以上を輸入に依存するシンガポールが、気候変動や人口増加などかねてからの要因に加え、この度の新型コロナウイルスの感染拡大で世界的なサプライチェーンが混乱に陥っていることを受け、食料の地産を加速する新方策を打ち出し […]
続きを読む
危機的な気候変動を避けるべく、専門家らが炭素排出量の増加に長らく警鐘を鳴らしてきたものの、2009年に始まる世界的な景気後退以来、十分な削減には至っていなかった。 スタンフォード大学の研究者の予測では、2020年中の炭素 […]
続きを読む
4/7の緊急事態宣言の発出を受けて今後の工事及び業務についての方針が示された。また、これまで三度にわたった「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた工事及び業務の一時中止措置等」関連の通知は廃止された。 既契約の工 […]
続きを読む
王立英国建築家協会が1000人の建築家を対象に実施した調査で、イギリス国内の建築家の45%が、新型コロナウイルスの混乱により所得減に陥っていることが判明した。 回答者の約8割がプロジェクトの遅延を明らかにし、3分の1以上 […]
続きを読む
ダイソン社の慈善事業部門 "The James Dyson Foundation" が、新型コロナウイルスの影響で自宅にとどまっている子ども向けに、家庭で取り組める44個の科学・工作課題シリーズ「Challenge Ca […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ措置として3月20日に発効した外出禁止令以降、カリフォルニア州内の道路における交通量が60%減少し、交通事故も半減していることが、カリフォルニア大学デーヴィス校の研究者の調査で判明。 衝突 […]
続きを読む
ボストン市が、同市やマサチューセッツ州全域における新型コロナウイルスの最新状況を住民が把握できるよう、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)や州公衆衛生当局から提供されたデータとクラウド型のGIS「ArcGIS」を利用し […]
続きを読む
新型コロナウイルスの影響による図書館の閉館が相次ぎ、これまで生活拠点の一つとして利用していたホームレスの人々の暮らしも危機に。 閉館中も以下のような支援が可能であることを、イリノイ州にある公共図書館に勤めるソーシャルワー […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染拡大抑止のために呼びかけられている「社会的距離(social distancing)」を安全に確保できるよう、自動車用の道路を歩行者や自転車の通行のために再配分するなどの施策をとる都市が増えている。 […]
続きを読む
2/27、国土交通省は直轄の工事及び業務について、感染拡大防止のために一時中止の措置等を適切に行うよう都道府県市区町村、関係団体等に通知した。 発注者は受注者の感染拡大防止の意向を尊重し、申し出があった場合は契約書に基づ […]
続きを読む
令和2年の一級・二級・木造建築士試験の受験申込手続きが見直され、「受付場所における受付」は行わず「郵送による受付」「インターネットによる受付」のみとされた。 受験申込の期限は、一級建築士が4月20日(月)、二級・木造建築 […]
続きを読む
新型コロナウイルスの感染拡大防止を契機に、人々の行動が制限される中でも社会経済活動を維持するための環境整備を千葉市が表明。 市役所、教育、企業におけるオンラインツールの活用やテレワークの実践など、具体的な改善目標を掲げた […]
続きを読む
3/11、東京大学は授業のオンライン化に向けて、学生・教職員向けにオンライン授業やWeb会議に関する情報をワンストップで得ることを目指したウェブサイトを開設した。 3/27、同サイトにて「オンライン基礎講座『ライブ配信で […]
続きを読む
以下、神戸市の報道発表資料より 新型コロナウイルス感染症の集団感染防止に伴う学校臨時休業の期間中、子どもたちは安全のため家庭や学童保育で生活をしています。 しかし、一方で学童保育による過密な環境や、⻑期間、家庭に閉じこも […]
続きを読む
大手町・丸の内・有楽町地区駐車環境対策協議会は、適切な附置義務駐車場整備と、路上駐車の排除、路外駐車場への誘導などを行い、交通の円滑化と安全性の確保を図ることにより、大手町・丸の内・有楽町地区に相応しい交通環境を実現する […]
続きを読む
――アイランドシティの住民と事業者、行政が一緒につくる、地域住民・来街者が照葉の豊かなスペースを楽しめる9つのコンテンツを同時開催 福岡高速6号「アイランドシティ線」が開通し、アイランドシティの中と外を繋ぐ、新たなゲート […]
続きを読む
アメリカ合衆国のカンザスシティにある交差点が、道路上へのパブリックアートの導入などにより、自動車の通行速度の抑制や騒音の軽減といった効果を生んでいるとして注目を集めている。 カンザスシティのウェストポート地区を走るワイア […]
続きを読む
イギリスの調査会社Juniper Researchがこのほど、交通マネジメントのスマート化が都市経済にもたらす効用に関する新たな予測を発表した。 これによると、排ガスや混雑が抑制されることにより、2025年までに全世界で […]
続きを読む
アメリカ合衆国で公共交通や土地利用に関する政策支援などを行う組織 "Transportation for America" がこのほど、新型コロナウイルス感染症への対策として各地の都市行政が取った対応に関し、道路と歩道を […]
続きを読む
スペイン北西部に位置する大西洋に面した港湾都市・ビーゴ(Vigo)で、住民の通勤や買い物などの日常生活にかかわる移動をエレベーターやエスカレーターなどの設置によって支援しようとする取り組みが進んでいる。 ビーゴは約40万 […]
続きを読む
イギリス・ロンドンに拠点を置く大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究者らが、道路環境の健やかさを評価するデータセット "The Healthy Streets Index" を発表し、ロンドン市内の道路 […]
続きを読む
ニューヨーク州のシエナ大学がこのほど発表した調査結果によれば、ニューヨーク市に住む有権者の68%が、現在道路上を占めている自動車の駐車スペースを撤去してでも、自転車専用路(※厳密にはProtected bike lane […]
続きを読む
パリ市市長である Anne Hidalgo は、1.9kmのストリートガーデンとして、木のトンネル、緑地、歩行者エリアをシャンゼリゼ通りにつくる計画を承認した。 総額2億2500万ポンド(約319億円)を投資する大改造。 […]
続きを読む
2020年12月11日に「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」が閣議決定され、国土交通省では、自然災害とインフラメンテナンス、デジタル化などを柱とした53の対策を講じていくと発表した。政府全体の目安予算15兆 […]
続きを読む
一般財団法人武蔵野市開発公社(理事長:堀井 建次 以下、「開発公社」)は、withコロナのまちづくり事業として、「New personal space with COVID-19(以下、「NPSwC19」)」を、12月7 […]
続きを読む
ニュージーランド・オークランド市が取り組む、Slow Streets プログラム。地域のコミュニティや文化への影響が期待されている。 4月にローンチされたこのプログラムでは、20マイル以上の道路で自動車通行を規制すること […]
続きを読む
東京都台東区上野・湯島の仲町通り周辺で、コロナ禍の影響を受ける飲食店を支援する試みとして、街灯に小さなテーブルを設置しスタンドテーブル化する「ガイトウスタンド」が実施される。実施日は10月9日・10日の2日間、時間は17 […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は25日、出演したラジオ番組で、同市が新型コロナウイルス感染症対策の1つとして実施している、路面の飲食店に対して道路空間の一部を屋外の座席として使用することを認める措置について、この先 […]
続きを読む
新型コロナウィルス拡大の影響を受け、サンフランシスコでは市のシェアスペースプログラムによりヨーロッパの都市のような屋外飲食エリアが設置され始めている。このプログラムは、コロナ禍で困窮している市内の飲食店を援助するものだ。 […]
続きを読む
電動マイクロモビリティのシェアサービス「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luupが、産業競争力強化法に基づく「新事業特例制度」(※)を用いた公道における政府認可の実証実験の参加者を募集している。詳細は下記の通り。 […]
続きを読む
全米都市交通担当官協会(NACTO)が主に自治体など道路管理者向けに作成・公開している、コロナ禍からの復旧にあたってのガイドライン資料 “Streets for Pandemic Response and Recover […]
続きを読む
一般社団法人ソトノバは、全国6都市とともに、2020年9月18日にPark(ing)Day2020を開催します。 ソトノバ主催のオンライン講座、ソトノバ・スタジオ|Park(ing)Dayクラスを通して全国各地の参加者が […]
続きを読む
全米都市交通担当官協会(NACTO:The National Association of City Transportation Officials)が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として道路の変革 […]
続きを読む
『ストリートファイト 人間の街路を取り戻したニューヨーク市交通局長の闘い』原著者のジャネット・サディク=カーン氏(元ニューヨーク市交通局長)がイギリスの大手メディア「The Guardian」に寄稿しています(2020/ […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長らは24日、まもなく開講を迎える2020~21年度の新学期において、屋外授業の実施に取り組む方針を示した。新型コロナウイルス感染症の蔓延下で厳しい運営を迫られる学校を安全に再開できるよ […]
続きを読む
アメリカ連邦公共交通局(FTA:Federal Transit Administration)が、国内のバスシステムの安全性や信頼を高め、乗客のスムーズな移動をより実現することを目的としたインフラ事業を対象に、全国で総額 […]
続きを読む
オランダのインフラ水管理省(Ministry of Infrastructure and Water Management)が、国内130の自治体の主要道路沿いに設置されている交通標識に関するデータについて、オープンデー […]
続きを読む
イギリス政府が7月27日、自転車の利用や歩行によるアクティブな移動を促進する新たな計画 "Gear Change" を公表した。2030年までに市街地における移動の半分以上が自転車や徒歩でなされるようになることを目標とし […]
続きを読む
ニューヨークのウェブメディア「Gothamist」では、コロナ禍において「ニューヨークが将来どうなってほしいか(What Do You Want NYC To Look Like?)」というテーマで各界の識者へのインタビ […]
続きを読む
衣類や容器などから日々何十億も排出されるマイクロプラスチックの粒子を、河川や排水のみならず風も海に流出していることが新たな研究で明らかにされた。大気中からの流出量は、河川からの数値とほぼ同等だという。 Nature Co […]
続きを読む
オーストラリア・メルボルン市が、市内で全長40kmにわたる自転車専用レーンの整備を加速するための施策として、向こう2年間で駐車スペース等の撤去に乗り出す方針を示した。同市では、新型コロナウイルス感染症の蔓延を受け、自転車 […]
続きを読む
2020年,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)が世界中で起こりました. 日本では,感染者数が減少し,引き続き,第二波の感染増加の警戒はしつつも,緊急事態宣言解除により,フェーズが変わ […]
続きを読む
ニューヨーク市運輸局(DOT)が、新型コロナウイルス感染症蔓延下での経済活動の段階的な再開にあたり、主に路面の飲食店等に対して、道路等の一部を占用して席を設けることを許可する施策「Open Restaurants」をスタ […]
続きを読む
国土交通省の政策ビジョンとして「2040年、道路の景色が変わる~人々の幸せにつながる道路~」が公開されている。社会資本整備審議会道路分科会基本政策部会の提言としてとりまとめられたもので、ポストコロナの社会状況を鑑みつつ、 […]
続きを読む
ニューヨーク市運輸局(DOT)やニューヨーク市警などが中心となって結成されているプロジェクトチームが、交通安全を目指す全市的なイニシアチブ "VISION ZERO" の6年目(2019年)における成果をまとめたレポート […]
続きを読む
全米都市交通担当官協会(NACTO)は16日、道路管理者向けに作成・公開している、コロナ禍からの復旧にあたってのガイドライン資料 "Streets for Pandemic Response and Recovery" […]
続きを読む
新型コロナ禍への対応として、社会的距離確保のための自転車道や歩道の改良・拡大などを約20億ポンド規模で計画しているイギリス。そんな中で、あるスタートアップ企業が開発した、人工知能内蔵の自転車搭載用ライト「See.Sens […]
続きを読む
カナダ在住のプレイスメーカー、ジェイ・ピッター氏が、人種的差別撤廃への取り組みを同国の都市計画家らに呼びかけるオープンレター(公開状)を公開した。全文(全18頁。公開状本文は冒頭3ページ)がPDFで公開されている。 ピッ […]
続きを読む
ロンドンの鉄道網は、新型コロナウイルスによるロックダウンが解除された後の、サービスを再出発するための大きな挑戦に直面している。収益を減らすことにはなるが、ソーシャルディスタンシングを保つため車内の混雑を緩和し、乗客人数を […]
続きを読む
国土交通省は、「新しい生活様式」に合わせて飲食店が暫定的な営業形態としてテイクアウト販売やテラス等での飲食提供を行っていることを受けて、そうした路上利用を支援するために「地方公共団体と地域住民・団体等が一体となって取り組 […]
続きを読む
S o c i a l G o o d D i s t a n c e D E S I G N C O M P E T I T I O N 〜都市空間の新しい遊び方、楽しみ方のデザイン〜 「ウィズコロナ都市の楽しみかた」 […]
続きを読む
ポルトガルの首都・リスボン市のフェルナンド・メディナ市長が、自転車利用の促進策として300万ユーロ規模の計画を発表した。主な内容は以下のとおり。 市街地中心部における自動車の速度制限を最高30km/hに強化 路上駐車帯の […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染症の蔓延期において複合的に災害が発生した場合に備え、どのような避難対策を検討するべきか。あるいは、感染症による混乱から復旧・復興を目指すにあたり、どのような価値体系を構想するべきか。 都市防災・災害 […]
続きを読む
アメリカ・オレゴン州にあるポートランド州立大学の交通研究教育センターが、自転車道の整備は沿道の事業者の売り上げや雇用状況の向上に貢献するとの研究結果を明らかにした。 研究では、ポートランド、シアトル、サンフランシスコ、メ […]
続きを読む
都市に咲く野草の花や植物に注目すべく、それらの名前や特徴を舗装にチョークで書く、という運動がヨーロッパに広まっている。しかし一方で、イギリスではその行為が違法になる可能性があり、注意が促されている。 この運動は、ヨーロッ […]
続きを読む
オランダ・アムステルダムに本拠を置く公共政策・空間計画分野のコンサルティングファーム「DECISIO」が、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による都市封鎖解除後のモビリティ環境と社会的コストの関係についてシミ […]
続きを読む
ニューヨーク市における歩行者の死亡事故が58日間連続で0件を記録し、1983年に集計が開始されて以来最長となったことが、ニューヨーク市運輸局(DOT)委員のポリー・トロッテンベルク氏の発表で判明した。 ニューヨーク市では […]
続きを読む
オランダをはじめ世界各地に拠点を置く、都市モビリティにフォーカスしたコンサルティングファーム「MOBYCON」が、道路に10日間の工期で仮設の自転車専用道を整備するプロセスを詳細に解説したガイドブックをウェブサイト上で公 […]
続きを読む
ポートランド交通局(PBOT:Portland Bureau of Transportation)が、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、“Slow Streets | Safe Streets” と銘打った道 […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長が、市内の道路のうち少なくとも40マイル(約64km)で、来月いっぱい自動車の通行を禁止する方針を表明。外出自粛令(stay-at-home order)の発令中に、最大約100マイル […]
続きを読む
イタリア随一の都市・ミラノが、市内の道路35km(22マイル)を再編する計画(The Strade Aperte plan)を発表。自動車用の車線を縮小して、その分を自転車用の走行路や歩道空間の拡幅に充てるほか、30km […]
続きを読む
4/7の緊急事態宣言の発出を受けて今後の工事及び業務についての方針が示された。また、これまで三度にわたった「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた工事及び業務の一時中止措置等」関連の通知は廃止された。 既契約の工 […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ措置として3月20日に発効した外出禁止令以降、カリフォルニア州内の道路における交通量が60%減少し、交通事故も半減していることが、カリフォルニア大学デーヴィス校の研究者の調査で判明。 衝突 […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染拡大抑止のために呼びかけられている「社会的距離(social distancing)」を安全に確保できるよう、自動車用の道路を歩行者や自転車の通行のために再配分するなどの施策をとる都市が増えている。 […]
続きを読む
以下、国土交通省の報道発表資料より 国土交通省では、令和元年8月に設置した「ストリートデザイン懇談会」における議論を踏まえ、ウォーカブルなまちなかを支えるこれからのストリートデザインのポイントとなる考え方をまとめたガイド […]
続きを読む
以下、国土交通省の報道発表資料(令和2年2月4日)より 大型車両の通行に係る手続の合理化、特定車両停留施設及び自動運行補助施設の道路の附属物への追加、歩行者利便増進道路の指定制度の創設等の措置を講ずるとともに、頻発化する […]
続きを読む
以下、横浜市の発表資料より 横浜市には、道路、公園、港湾緑地などの公共空間が数多く存在し、市民の生活を支えています。 厳しい財政状況の下、各公共空間において市民サービスを持続し、向上させていくためには、従来手法による適切 […]
続きを読む
株式会社パークフル(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上弘子) と芦屋市道路・公園課は、芦屋市内の公園の活性化を目指して公園レンタルのクラウドサービスの実証実験に取り組みます。 本サービスは、公園情報プラットフォーム「 […]
続きを読む
以下、神奈川県発表の募集概要より 自転車は、比較的近距離の日常の足として、広く利用されています。また、近年は、環境にやさしく、健康の増進に寄与し、災害時にも活用可能な乗り物として、注目されており、自転車を活用した観光振興 […]
続きを読む
神戸市が、行政の抱える地域課題解決にスタートアップやベンチャー企業らと協働して取り組むプロジェクト「Urban Innovation KOBE」の、2019年度上半期における実施内容を決定し公表しました。 このうち「大規 […]
続きを読む
国土交通省が、これからの時代のストリートのあり方を検討するための委員会として「ストリートデザイン懇親会」を設置しました。 座長には交通工学を専門とする日本大学特任教授の岸井隆幸氏が、副座長には東京藝術大学准教授で建築家の […]
続きを読む
アメリカの自動車メーカーのフォード・モーター、それにライドシェアサービス大手のUberとLyftの3社が、官民連携の交通データ共有プロジェクト「SharedStreets」へのデータ提供を強化すると発表しました。 「Sh […]
続きを読む
オランダの環境都市として知られるズヴォレの街中に、廃棄プラスチックを再利用したプレハブ式の自転車道「PlasticRoad」が整備されました。 アスファルトの舗装にリサイクルしたプラスチックを混ぜて耐久性を上げる取り組み […]
続きを読む
アメリカの慈善団体「ブルームバーグ・フィランソロピーズ(Bloomberg Philanthropies)」が資金援助してきた、途上国10都市で安全な道路空間を創出するプロジェクトの経過を紹介する写真が、英紙「The G […]
続きを読む
イタリア・ジェノヴァで8月14日に発生し、43名の死者を出した高速道路高架橋の崩落事故に関して、米紙ニューヨーク・タイムズが詳細な検証記事をリリースしています。 防犯カメラなどの映像をもとに事故の経過を再構成したグラフィ […]
続きを読む
今後の日本風景街道の活動を更に活性化させるため、京都府立大学の宗田好史・副学長らを委員とする「日本風景街道有識者懇談会」が行ってきた議論を踏まえた「日本風景街道の発展に向けて 提言」が、国土交通省のホームページで発表され […]
続きを読む
国土交通省では「自転車活用推進計画」の次期計画を策定するため、次期計画の骨子についての意見を求めるWEBアンケートを実施している。 今回の計画改訂のポイントは大きく3つ、主に近年の社会情勢の変化などに起因する。 1つは、 […]
続きを読む
ニューヨーク州のシエナ大学がこのほど発表した調査結果によれば、ニューヨーク市に住む有権者の68%が、現在道路上を占めている自動車の駐車スペースを撤去してでも、自転車専用路(※厳密にはProtected bike lane […]
続きを読む
パリ市市長である Anne Hidalgo は、1.9kmのストリートガーデンとして、木のトンネル、緑地、歩行者エリアをシャンゼリゼ通りにつくる計画を承認した。 総額2億2500万ポンド(約319億円)を投資する大改造。 […]
続きを読む
電動マイクロモビリティのシェアサービス「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luupが、産業競争力強化法に基づく「新事業特例制度」(※)を用いた公道における政府認可の実証実験の参加者を募集している。詳細は下記の通り。 […]
続きを読む
2020年4月に創設された自転車通勤を推進する企業・団体に対する認定制度「『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクト」で、初回「宣言企業」として企業や地方自治体など24社・団体が認定された。自転車の活用については、2018年 […]
続きを読む
市場調査会社「NPD Group」が公表したレポートによると、アメリカ合衆国における今年6月の電動自転車の販売台数が、昨年同月比で190%の増加を記録した。 同社の担当アナリストはこの要因として、新型コロナウイルス感染症 […]
続きを読む
今治市が「今治市サイクルライフ促進事業費補助金」を開始した。新型コロナウィルスによる新しい生活様式への転換・健康増進・マイクロツーリズム等のためのツールとしての自転車利用の促進を支援する。 用意された補助金は次の三種類。 […]
続きを読む
イギリス政府が7月27日、自転車の利用や歩行によるアクティブな移動を促進する新たな計画 "Gear Change" を公表した。2030年までに市街地における移動の半分以上が自転車や徒歩でなされるようになることを目標とし […]
続きを読む
ロンドン交通局(Transport for London)が、自転車を活用する市民向けに、乗車技術を向上させたり、より便利に利用したりするための情報をまとめたウェブサイトを開設した。 イギリスでは、コロナ禍を受けて自転車 […]
続きを読む
オーストラリア・メルボルン市が、市内で全長40kmにわたる自転車専用レーンの整備を加速するための施策として、向こう2年間で駐車スペース等の撤去に乗り出す方針を示した。同市では、新型コロナウイルス感染症の蔓延を受け、自転車 […]
続きを読む
ニューヨークでは、白人より黒人やラテン系の人々のほうが、歩道を自転車で走行した際の警察による取り締まりが多い。またアメリカ全土で、黒人ドライバーが取り締まられる確率は白人の二倍にものぼるという。 一方で自転車専用レーンは […]
続きを読む
ニューヨーク市運輸局(DOT)やニューヨーク市警などが中心となって結成されているプロジェクトチームが、交通安全を目指す全市的なイニシアチブ "VISION ZERO" の6年目(2019年)における成果をまとめたレポート […]
続きを読む
新型コロナ禍への対応として、社会的距離確保のための自転車道や歩道の改良・拡大などを約20億ポンド規模で計画しているイギリス。そんな中で、あるスタートアップ企業が開発した、人工知能内蔵の自転車搭載用ライト「See.Sens […]
続きを読む
ロンドンの鉄道網は、新型コロナウイルスによるロックダウンが解除された後の、サービスを再出発するための大きな挑戦に直面している。収益を減らすことにはなるが、ソーシャルディスタンシングを保つため車内の混雑を緩和し、乗客人数を […]
続きを読む
ポルトガルの首都・リスボン市のフェルナンド・メディナ市長が、自転車利用の促進策として300万ユーロ規模の計画を発表した。主な内容は以下のとおり。 市街地中心部における自動車の速度制限を最高30km/hに強化 路上駐車帯の […]
続きを読む
新型コロナウイルスの影響で、配達業者の需要が高まっている。たとえばここ数週間で、アマゾンは175,000人以上の配達ドライバーと倉庫作業員を雇用した。 一方、専門家からは、適切かつ十分な指導を受けず大型トラックの運転に不 […]
続きを読む
CityLab のウェブサイトで、新型コロナウイルス禍における移動のリスクに関し、その危険性や予防の必要性について専門家がコメントしている。 レディング大学 准教授で微生物学が専門の Simon Clark 博士は、電車 […]
続きを読む
アメリカ・オレゴン州にあるポートランド州立大学の交通研究教育センターが、自転車道の整備は沿道の事業者の売り上げや雇用状況の向上に貢献するとの研究結果を明らかにした。 研究では、ポートランド、シアトル、サンフランシスコ、メ […]
続きを読む
オランダ・アムステルダムに本拠を置く公共政策・空間計画分野のコンサルティングファーム「DECISIO」が、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による都市封鎖解除後のモビリティ環境と社会的コストの関係についてシミ […]
続きを読む
イギリス政府が、自転車専用道の整備に2億5千万ポンド(約331億円)の拠出を予定していることを発表した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、通勤手段として公共交通機関の代替として自転車の利用を促すねらい。 同時に、最大 […]
続きを読む
オランダをはじめ世界各地に拠点を置く、都市モビリティにフォーカスしたコンサルティングファーム「MOBYCON」が、道路に10日間の工期で仮設の自転車専用道を整備するプロセスを詳細に解説したガイドブックをウェブサイト上で公 […]
続きを読む
ポートランド交通局(PBOT:Portland Bureau of Transportation)が、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、“Slow Streets | Safe Streets” と銘打った道 […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長が、市内の道路のうち少なくとも40マイル(約64km)で、来月いっぱい自動車の通行を禁止する方針を表明。外出自粛令(stay-at-home order)の発令中に、最大約100マイル […]
続きを読む
イタリア随一の都市・ミラノが、市内の道路35km(22マイル)を再編する計画(The Strade Aperte plan)を発表。自動車用の車線を縮小して、その分を自転車用の走行路や歩道空間の拡幅に充てるほか、30km […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染拡大抑止のために呼びかけられている「社会的距離(social distancing)」を安全に確保できるよう、自動車用の道路を歩行者や自転車の通行のために再配分するなどの施策をとる都市が増えている。 […]
続きを読む
以下、神奈川県発表の募集概要より 自転車は、比較的近距離の日常の足として、広く利用されています。また、近年は、環境にやさしく、健康の増進に寄与し、災害時にも活用可能な乗り物として、注目されており、自転車を活用した観光振興 […]
続きを読む
国土交通省が、自転車を通じた観光資源の連携と新しい観光価値の創造を目指し、一定の水準を満たしたルートを「ナショナルサイクルルート」として指定する制度を創設しました。 このほど、第1次ナショナルサイクルルートの候補が選定・ […]
続きを読む
神戸市が、行政の抱える地域課題解決にスタートアップやベンチャー企業らと協働して取り組むプロジェクト「Urban Innovation KOBE」の、2019年度上半期における実施内容を決定し公表しました。 このうち「大規 […]
続きを読む
オランダの環境都市として知られるズヴォレの街中に、廃棄プラスチックを再利用したプレハブ式の自転車道「PlasticRoad」が整備されました。 アスファルトの舗装にリサイクルしたプラスチックを混ぜて耐久性を上げる取り組み […]
続きを読む
国連世界観光機関(UNWTO)はこのほど、コロナ禍で落ち込んだアフリカの観光業の復興を支援するにあたり、Googleと提携して、データマネジメントやデジタルマーケティングに関する専門的知見の活用などで各国を支援してゆくと […]
続きを読む
台湾の国立公共情報図書館が、旅行と読書を組み合わせた観光プランのデザインを競うコンテスト「読書バックパッカー」(閱讀背包客)を開催すると発表している。 今回のコンテストは、4月23日の世界図書・著作権デーに合わせて企画さ […]
続きを読む
テクノロジーやサイエンス、建築等とコラボレーションしたアート作品で注目を集める「チームラボ」が、京都市が進める京都駅東南部(河原町八条あたり)の市有地活用事業の契約候補事業者に選出された。チームラボの新たなミュージアムの […]
続きを読む
国土交通省は「FF-Data」(訪日外国人流動データ)の最新版である2019年分を公表した。今回から、これまで1区分にされていた北海道が4分割され、より詳細な移動状況が捉えられるようになった。また、昨年3月に公表された2 […]
続きを読む
2020年始から続くコロナ禍によって美術館やギャラリーが閉鎖されたことにより、多くの作品鑑賞の機会が失われた。そんな中「グランドハイアット東京」ではアーティスト・村上隆さんとのコラボレーションによる「泊まれるアートギャラ […]
続きを読む
文化庁・スポーツ庁・観光庁は、公募により集まった48の取り組みから「スポーツ文化ツーリズムアワード2020」を受賞する13団体を決定した。同アワードでは、スポーツや文化芸術資源の融合により地域の魅力を国内外に発信しながら […]
続きを読む
スペイン・バルセロナ市のアダ・クラウ・バリャーヌ市長はこのほど、長期賃貸向きの住宅を観光客向けの賃貸から保護するための一連の施策の一環として、「自室を貸し出す場合は30日以上の滞在に限る」旨の条件を新設することを提案した […]
続きを読む
帝国ホテル東京が「帝国ホテル サービスアパートメント」事業を開始した。旅館業法に則った事業で、既存のものに比べて気軽に始められるのが売りの1つ。第二の仕事場、セカンドハウス、また企業のBCP対策での活用が期待されている。 […]
続きを読む
京都市と(公社)京都市観光協会(DMO KYOTO)は、新たに「京都観光行動基準(京都観光モラル)」を策定した。同市では既に「持続可能な観光」に向けた取組をしており、それをさらに一歩前進させた。 現在、京都の観光は、20 […]
続きを読む
※主催:立教大学観光学部西川ゼミ​ 2年一同 新型コロナウイルスの流行に伴い、旅行・観光をめぐる状況は一変しました。立教大学観光学部西川ゼミでは、こうした状況下でも、観光を専門に学ぶ学生として何かできることはあるのではな […]
続きを読む
コロナウイルスによる影響を受けつつも、米国の空港には観光客の姿が次第に戻り始めている。 米国の運輸保安庁(TSA)の報告では、米国の祝日「レイバー・デー」直前の9月4日(金)に、コロナ以降最も多い96万人以上がTSAの保 […]
続きを読む
国土交通省は、ETC2.0システムを通じて収集したプローブデータ(経路や速度など移動に関する情報)を基に、お盆期間における平均旅行速度(対象区間延長を走行に要した時間で割った平均速度)を集計、昨年度のお盆期間および緊急事 […]
続きを読む
観光庁は「文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律」(文化観光推進法)に基づく拠点計画および地域計画の申請を受け付けていた件について、初の大臣認定を行ったと公表した。 今回認定されたのは、地域計 […]
続きを読む
イタリアのヴェネツィアが、オーバーツーリズム抑制のための施策として実施を予定していた市内観光客からの「入場料」の徴収について、開始日を2021年7月1日に延期することを発表した。 観光客に入場料の支払いを求める施策は、1 […]
続きを読む
ニューヨーク市の公式DMO組織 "NYC & Company" が、新型コロナウイルス感染症蔓延により打撃を受けた観光業の復旧を図るべく、 "The Coalition for NYC Hospitality & […]
続きを読む
イギリス・ロンドンのテムズ川で通勤・観光用のボート事業を手掛ける「テムズ・クリッパーズ(Thames Clippers)」社(以下、テムズ社)が8日、アメリカのライドシェアサービス大手「Uber」社(以下、Uber)と今 […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染症の蔓延、またそれに伴う都市封鎖や隔離策、ソーシャルディスタンスの啓発などにより、世界の人気観光地でも観光客向けの宿泊施設の空室が常態化している。 そんな中、ポルトガルの首都・リスボン市が、家主から […]
続きを読む
令和2年版の観光白書が公表された。今年度版は4部構成で、従来通り最近の観光の動向をまとめた内容に加え、「新型コロナウィルス感染症への対応と観光による再びの地方創生に向けて」が加えられ、新型コロナウィルスの観光への影響や政 […]
続きを読む
日本観光研究学会が2020年5月18日~30日に実施したアンケート調査の結果を発表した。日本観光研究学会の会員を対象に行われた調査で、334件の回答があった。調査項目は、回答者の基本属性の他、新型コロナウイルス収束後の観 […]
続きを読む
コンサルタント会社「STRELKA KB」のアナリストが、ロシア全土がロックダウン状態になった3月23日~4月5日を対象に、InstagramなどのSNSに投稿された写真を分析し、2019年の同期間の分析と比較した調査結 […]
続きを読む
台湾の交通部(the Ministry of Transportation and Communications)長・林佳龍氏が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策としてとっていた様々な制限を、3つの段階に分けて徐々に […]
続きを読む
地中海を挟んで接するギリシャ・キプロス・イスラエルの3カ国が、互いの国々限定で渡航制限を解除し自由な往来を可能にする方向で検討していることが明らかになった。ギリシャの観光大臣テオカリス・テオカリス氏が発言したもの。 新型 […]
続きを読む
ロームシアター京都が、3月末に刊行した機関誌『ASSEMBLY』の第五号で「観光と芸術」を特集している。 東洋文化研究者で『犬と鬼』『もうひとつの京都』『観光亡国論』などの著書で知られるアレックス・カー氏が監修した同特集 […]
続きを読む
4/15、観光庁が「観光地域づくり法人の登録制度に関するガイドライン」を公表した。海外の先進事例等も参考にした登録制度の見直しと、観光地域づくり法人の役割や取組み内容を具体的に解説している。世界水準のDMOの形成に向けて […]
続きを読む
スキー、スノーボードを楽しむ訪日外国人旅行者が増加していることを受けて、観光庁はスノーリゾートを「地方での長期滞在や消費拡大に向けての有力なコンテンツ」とし、意欲・ポテンシャルの高く、訪日外国人旅行者の誘客に地域一丸とな […]
続きを読む
ギリシャの観光省が、新型コロナウイルス感染拡大により打撃を受ける観光産業を支援するため、ウェブサイト “Greece From Home” を開設した。 ウェブサイトの制作は、デジタルスキルトレーニングを提供するGoog […]
続きを読む
以下、文部科学省の報道発表資料より 「文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律案」が閣議決定されました。 この法律案は、博物館をはじめとする文化施設のうち意欲あるところを文化観光拠点施設として、 […]
続きを読む
以下、神奈川県発表の募集概要より 自転車は、比較的近距離の日常の足として、広く利用されています。また、近年は、環境にやさしく、健康の増進に寄与し、災害時にも活用可能な乗り物として、注目されており、自転車を活用した観光振興 […]
続きを読む
横浜市が、山下ふ頭に誘致を検討しているIR(統合型リゾート)の実現に向け、民間事業者からのコンセプト提案を募集しています。 発表によれば、提案を求める事項には、土地利用や動線、都市デザインなど事業全体に関する点や、設置す […]
続きを読む
以下、神戸市の記者発表資料より このたび、「東京圏プロモーション業務」を委託する事業者を選定するにあたり、以下のとおり企画提案募集を実施します。 1.業務目的 東京圏在住者及び在勤者に対し、神戸市の持つ観光・食・地場産品 […]
続きを読む
スポーツ庁が観光庁と共同で2016年より実施している「スポーツ文化ツーリズムアワード2019」の公募要領が公開されています。受付は2019年10月10日までとなっています。 この賞は、「各地域のスポーツと文化芸術資源を結 […]
続きを読む
国土交通省が、自転車を通じた観光資源の連携と新しい観光価値の創造を目指し、一定の水準を満たしたルートを「ナショナルサイクルルート」として指定する制度を創設しました。 このほど、第1次ナショナルサイクルルートの候補が選定・ […]
続きを読む
横浜市が、現市庁舎街区の事業予定者を、三井不動産株式会社を代表とする8社に決定し、概要を公表しました。 計画では、グローバル企業が入るイノベーションオフィスや大学拠点などの国際的な産学連携機能をもたせた新棟の建設のほか、 […]
続きを読む
以下、京都市の広報資料より 京都市では,平成28年10月に「京都市宿泊施設拡充・誘致方針」を策定し,観光立国・日本をリードする安心安全で地域と調和した宿泊観光の向上に取り組んでいます。 この度,地域の持続的発展に向けて宿 […]
続きを読む
以下、観光庁の報道発表より 観光庁及び厚生労働省では、ラグビーワールドカップ2019日本大会や2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会などの大規模イベントを控え、イベント民泊をこれまで以上に有効に活用していただ […]
続きを読む
以下、観光庁の報道発表資料より 政府は、2020年訪日外国人旅行者数4,000万人等の目標の達成に向け、昨年8月から本年5月にかけて「観光戦略実行推進会議」を計10回開催し、有識者から示唆に富む様々なご意見をいただき、議 […]
続きを読む
以下、京都市情報館の広報資料より 近年の外国人観光客の増加等に伴い,小売店や飲食店,宿泊施設等における多言語対応やキャッシュレス決済環境など外国人観光客にやさしい受入環境の整備は,ますます重要性を増しています。 (公社) […]
続きを読む
ノルウェーのフィヨルド観光用フェリーとして、有害なガスを排出しないバッテリー駆動型の新型船の運行がスタートし、環境規制の高まりの中で期待が寄せられています。 炭素繊維を使用した高速船の開発で世界的に知られるノルウェーの造 […]
続きを読む
EUがイノベーションによる観光整備を促進しようと今春発表した取り組み「European Capitals of Smart Tourism」の初年度の受賞都市に、フィンランドのヘルシンキとフランスのリヨンが選ばれることに […]
続きを読む
スイスのアルプス地方にある国内最小の村で、域内全体の観光地化計画を進めていることで知られるコリッポ村に、初めてのコテージ宿がオープンしました。計画全体の実現に向けて、資金調達が続けられています。 南部・ティチーノ州の山あ […]
続きを読む
ヴェネツィア市長のLuigi Brugnaro氏が、市内で不作法な振る舞いをした観光客に対する罰則の強化を検討中で、10月の議会での提案を予定しています。 路上での座り込みや寝そべり、また市民の主要な移動手段である船上で […]
続きを読む
世界最大のトカゲ、コモドオオトカゲが生息することで有名な、インドネシアのコモド国立公園で、民間の開発業者による観光関連施設の建設に対して地域住民らによるの反対運動が起こっています。 国立公園は世界自然遺産に登録されている […]
続きを読む
スポーツ庁・文化庁・観光庁が、「スポーツ文化ツーリズムアワード2018」の公募を開始しています。 募集期間は、9月18日(火曜日)17時までです。 詳細 「スポーツ文化ツーリズムアワード2018」の公募について ●関連書 […]
続きを読む
米TIME誌の欧州版最新号(2018年8月発行)が、観光熱の過剰な高まりが市民生活にもたらしている弊害、いわゆる「観光公害」に関する話題を特集しています。ウェブ版では、ヴェネツィア、バルセロナ、ロフォーテン諸島(ノルウェ […]
続きを読む
アメリカの不動産調査会社 "Redfin" が実施したアンケートで、物件を探す人の中で、気候変動に伴う影響のリスクを転居先の検討要件として重視する人が増えていることがわかった。 このアンケート調査は、アメリカ合衆国に暮ら […]
続きを読む
米国連邦エネルギー規制委員会がこのほど、オレゴン州立大学に対して、系統電力接続型で全米初となる波力発電実験施設を建設・稼働することについて許可した。 この施設は、オレゴン州立大学の主導で進む波力発電の検証プロジェクト " […]
続きを読む
米・メリーランド大学がこのほど発表した調査データによると、2020年に失われた熱帯雨林の面積は1220万ヘクタールにのぼり、このうち原生林が約420万ヘクタールを占めることがわかった。失われた原生林の面積は、オランダ一国 […]
続きを読む
アメリカ・カリフォルニア州北西部にあるペタルーマ市議会がこのほど、ガソリンスタンドの新設や拡張などについて禁止する条例の発効に向けた決議を、満場一致で可決した。発効すれば、同国で初めての事例となる。 今回の決議は、同市が […]
続きを読む
国際エネルギー機関(IEA)がこのほど発表した、2020年における世界の二酸化炭素排出に関する新たな統計データによれば、新型コロナウイルス感染症の蔓延で減少していた全世界の二酸化炭素排出量が、2020年12月に2019年 […]
続きを読む
アメリカのミズーリ州カンザスシティにあるリバーマーケット地区にことし10月、世界最大級のパッシブハウス "Second + Delaware" が誕生する。共用の中庭や屋上緑地をもつ高級アパートメントで、276室を備える […]
続きを読む
北海を挟んで向かい合うデンマークとイギリスが、両国を結ぶ海底電力ケーブルの敷設に取り組んでいる。ケーブルは、ユトランド半島の南寄りにあるデンマークのRevsingから、北海内にあるドイツ、オランダの排他的経済水域を通過し […]
続きを読む
2020年8月31日(月)~9月5日(土)まで、皇居の東側に広がるビジネス街・大丸有地区(大手町、丸の内、有楽町)で「大丸有SDGs映画祭2020」が開催される。その名のとおりSDGsに特化した映画祭で、大丸有に拠点を置 […]
続きを読む
the CHARETTEによるデザインコンペ「Alternate Reality」(オルタナティブな現実:パラレルワールド)の応募が開始された。the CHARETTEは、コンペの企画や出版などで、建築をテーマに情報発信 […]
続きを読む
かねてからグリーンインフラの推進に取り組んでいた国土交通省は、令和2年度に新たに開始する「先導的グリーンインフラモデル形成支援」の対象となる地方公共団体を決定した。「雨水の貯留・浸透や屋外空間を生かした防災・減災、気候変 […]
続きを読む
ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が、ニューヨーク州エネルギー研究開発局と民営の電力会社の協働により、州内の低・中所得家庭35万世帯以上に対して、住宅のエネルギー効率向上のための支援を行うと明らかにした。 北米では […]
続きを読む
都市部での活用を目指した、モジュール式電気自動車「eBussy」が、ドイツ企業Electric Brandsにより開発された。 eBussyは電気プラットフォームで支持されており、完全にモジュール化されているため、通常の […]
続きを読む
Google親会社「Alphabet」の子会社である「Sidewalk Labs」のCEOが、カナダ・トロントのウォーターフロント区域で大規模な開発を予定していたスマートシティ計画“Quayside”を中止すると発表した […]
続きを読む
アメリカ・ワシントンD.Cに拠点を置く学際機関「世界資源研究所(World Resources Institute)」が、新型コロナウイルスの爆発的な感染状況が今後の都市計画に与える影響について考察した記事を公開(以下、 […]
続きを読む
食料の9割以上を輸入に依存するシンガポールが、気候変動や人口増加などかねてからの要因に加え、この度の新型コロナウイルスの感染拡大で世界的なサプライチェーンが混乱に陥っていることを受け、食料の地産を加速する新方策を打ち出し […]
続きを読む
危機的な気候変動を避けるべく、専門家らが炭素排出量の増加に長らく警鐘を鳴らしてきたものの、2009年に始まる世界的な景気後退以来、十分な削減には至っていなかった。 スタンフォード大学の研究者の予測では、2020年中の炭素 […]
続きを読む
以下、環境省の報道発表資料より 平成28年4月の電力小売自由化以降、再生可能エネルギー(以下「再エネ」という。)の普及、エネルギーの地産地消による地域経済の活性化、地域雇用の創出等を目的として、地域の再エネを活用した新電 […]
続きを読む
以下、自然エネルギー財団のリリースより 4300頭の乳牛の糞尿をバイオガス発電と熱に 北海道・鹿追町でマンゴーやチョウザメも商品化 北海道の東南部に広がる十勝地方は農業と酪農が盛んな地域だ。北側に大雪山を抱える鹿追町(し […]
続きを読む
環境省のウェブサイトで、「平成30年度パリ協定等を受けた中長期的な温室効果ガス排出削減達成に向けた再生可能エネルギー導入拡大方策検討調査」(委託先:(株)三菱総合研究所)の報告書が公開されました。 この参考資料として、国 […]
続きを読む
神戸市が、ノルウェーのスタバンゲルやカナダのカルガリー、カタールのドーハなど世界16カ国から20のエネルギー都市が加盟するネットワーク "World Energy Cities Partnership" に、日本の自治体 […]
続きを読む
以下、東京都の報道発表資料より 東京都は、世界の平均気温の上昇を1.5℃に抑えることを追求し、2050年にCO2排出実質ゼロに貢献する「ゼロエミッション東京」の実現に向けて取り組んでいます。エネルギーの大消費地である東京 […]
続きを読む
ノルウェーのフィヨルド観光用フェリーとして、有害なガスを排出しないバッテリー駆動型の新型船の運行がスタートし、環境規制の高まりの中で期待が寄せられています。 炭素繊維を使用した高速船の開発で世界的に知られるノルウェーの造 […]
続きを読む
フィンランド・ヘルシンキにあるサウナ施設が、世界的な建築賞を立て続けに受賞し、注目を集めています。 ヘルシンキ市南端の沿岸部に立つ「Löyly」は、特に海外からの旅行者が、フィンランドの文化として知られるサウナを気軽に楽 […]
続きを読む
デンマークで、気候変動対策の国際的なハブになることを目指した施設の建設が始まっています。 中央ユラン地域主導で中部の都市レムヴィー(Lemvig)に建設されるセンター「Climatorium」は総工費約790万ドル(約9 […]
続きを読む
今年はじめに世界保健機関(WHO)によって、大気の汚染度が健康基準に照らして限界値に達している都市の一つとして公表されていたイギリス・サウサンプトン市。9月から、空気中の汚染物質をキャッチするフィルターを備えた路線バスの […]
続きを読む
オランダのディベロッパー・Beladon社が、ロッテルダムの港湾部に水上浮遊型の酪農場を建設中で、都市農業の新たな実践例として注目されています。 開発中の敷地は89フィート四方(約222坪)。開設後は乳牛40頭を飼育し、 […]
続きを読む
ポール・マッカートニーが、自身17枚目のソロ・アルバム「Egypt Station」で、地球温暖化をテーマにした新曲 “Despite Repeated Warnings” を発表しました。同アルバムは先週のビルボードラ […]
続きを読む
  世界で初めて水素燃料電池で全動力を得て走る鉄道が、ドイツ北部で本格的な運行を開始しました。 フランスの鉄道会社「Alsom」によって開発された "Coradia iLint" と呼ばれるこの車両は、1回の補 […]
続きを読む
Googleが、建物の規模や交通量などのデータを基に、都市内にどれほどのCO2が排出されているかをマップ上にビジュアライズするサービス「Environmental Insights Explorer」のベータ版を公開して […]
続きを読む
ロンドンでは今年、ペットボトル廃棄物の量を抑制する策のひとつとして、サディク・カーン市長主導で、市内各地(全20箇所)にウォータークーラー(冷水機)を順次設置する実験がスタートしています。 英紙・Guardianの取材に […]
続きを読む
英紙Guardianが、気候の寒暖と冷暖房の必要性の関係を4分類してマッピングしたインフォグラフィックを公開しています。 インフォグラフィックでは、世界の主な都市が①空調(冷房)が必要、②暖房が必要、③冷暖房が両方必要、 […]
続きを読む
広島県が主催する、デザインによって街の魅力向上に取り組むプロジェクト「HIROSHIMA DESIGN CHALLENGE 2021」がスタートし、全国から県内事業者と共創するデザインパートナーを募集している(4/12~ […]
続きを読む
4月19日、日本建築学会が2021年「日本建築学会大賞・学会賞・教育賞・著作賞・作品選奨・奨励賞・作品選集新人賞・文化賞」の受賞者を公表した。以下、各賞受賞者を一部抜粋して紹介する。 2021年の日本建築学会大賞は、「建 […]
続きを読む
米国美術館・博物館同盟(The American Alliance of Museums:AAM)がこのほど、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが博物館や美術館へかかわる人々に与えた影響について調査した結果を公表した […]
続きを読む
イタリアのヴェネツィアの自治当局(Comune)がこのほど、公営施設や非営利財団法人の施設以外の私有施設を一時的な展示空間として利用する際の期間について制限する条例を発出した。The Art Newspaperなど複数の […]
続きを読む
鳥取県立美術館は開館4年前を機にプレサイトをオープンし、開館準備として新しい一歩を踏み出しました。 これまでFBや鳥取県教育委員会美術館整備局 ウェブページで鳥取県立美術館整備運営事業(PFI) の進捗をご紹介していまし […]
続きを読む
国立台湾博物館がこのほど、かねてから台北市連合病院と共同で進めている“社会的処方”の取り組みのノウハウをまとめた「博物館処方実践マニュアル」を制作し、オンラインで公開した。今後、関係者から意見を募って、6カ月後をめどに「 […]
続きを読む
テクノロジーやサイエンス、建築等とコラボレーションしたアート作品で注目を集める「チームラボ」が、京都市が進める京都駅東南部(河原町八条あたり)の市有地活用事業の契約候補事業者に選出された。チームラボの新たなミュージアムの […]
続きを読む
京町家の重要文化財「杉本家住宅」は老朽化のため耐震補強工事を含む大規模修理を行うことになった。このうち、主屋の大屋根瓦は特に損傷が激しく、雨漏りを引き起こすため修理が急がれており、今回この大屋根瓦の葺き替え事業を支援する […]
続きを読む
アメリカ合衆国内でも一部地域で美術館などの営業規制が緩和されつつあるなか、新型コロナウイルス感染症の影響で、芸術や文化などの領域における雇用が深刻な打撃を受けていることが明らかになった。 カリフォルニア州・ロサンゼルスに […]
続きを読む
ニュージーランド・オークランド市が取り組む、Slow Streets プログラム。地域のコミュニティや文化への影響が期待されている。 4月にローンチされたこのプログラムでは、20マイル以上の道路で自動車通行を規制すること […]
続きを読む
Matti Mattila / CC BY フィンランドの首都・ヘルシンキ市当局が、向こう10年間の芸術・文化政策ビジョンをまとめた文書 "Art and Culture in Helsinki 2030" を発表した。 […]
続きを読む
コロナ禍で延期された第17回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展の日本チームの活動を支援するクラウドファンディングが発足した。日本チームは延期になった期間で展示とは別の新たな取り組みを始めており、今回のクラウドファンディ […]
続きを読む
ニューヨーク市の公式DMO組織 "NYC & Company" が、新型コロナウイルス感染症蔓延により打撃を受けた観光業の復旧を図るべく、 "The Coalition for NYC Hospitality & […]
続きを読む
現代アートのもつメッセージ性を軸としながら、地域住民や行政と協働して、その土地の独自性を生かした地域文化の振興に資する事業を助成対象とします。 概要 ■対象活動 日本で実施される事業で、以下の要件を満たすもの 現代アート […]
続きを読む
イギリス政府は5日、新型コロナウイルス感染症の影響で営業や活動の停止を余儀なくされている、国内で世界規模の文化芸術や文化財保全に携わる組織・団体を対象とした、総額15億7,000万ポンド(約2,121億円)に上る財政的な […]
続きを読む
ニュージーランド政府が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により打撃を受けた芸術・音楽業界の復興を後押しするため、求職者支援プログラムと4種類の公的基金立ち上げを表明した。 求職者支援プログラム(名称:T […]
続きを読む
文化庁は、5/25から6/19まで、新型コロナウイルスによる自粛によって公演等の中止・延期や閉館等を実施した劇場・音楽堂等、博物館の文化施設に対して補助金の公募を実施する事を発表した。施設の再開に向けた感染症防止対策にか […]
続きを読む
ロームシアター京都が、3月末に刊行した機関誌『ASSEMBLY』の第五号で「観光と芸術」を特集している。 東洋文化研究者で『犬と鬼』『もうひとつの京都』『観光亡国論』などの著書で知られるアレックス・カー氏が監修した同特集 […]
続きを読む
この取組みは、距離や時間、気持ちを理由に少し遠くに感じる“芸術文化”を「もっと身近に、もっと気軽に」に変えていくために、日常的にアートに参加する機会を増やすプログラムです。本活動の趣旨にあわせて、一緒にプロジェクトを実施 […]
続きを読む
若手医師、医療福祉、まちづくり関係者を中心に舞台芸術などへの支援を目的として発足し、劇作家の平田オリザさん、脚本家・演出家の桜田ゆみさんが協力している「コロナ禍から芸術を守りたい“#SaveArts”プロジェクト」が、2 […]
続きを読む
https://youtu.be/YrawpgQBPBE アメリカ・ネバダ州の砂漠で毎年開催される祭典 「バーニングマン(Burning Man)」の主催者が、新型コロナウイルスの影響で今年の現地開催の中止を公式サイトで […]
続きを読む
ニューヨーク近代美術館(MoMA)が、新型コロナウイルスの影響で外出を控えている人に向けた取り組みの一環として、アートについて学べる無料のオンラインプログラムを公開した。キュレーターやアーティスト、デザイナーの声を直接聴 […]
続きを読む
文化庁は、関連する法律案が国会で成立した場合、新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴って中止になった文化芸術・スポーツイベントのチケットを払い戻さず寄付することで税優遇を受けられる制度が新設されると通知した。 対象イベント […]
続きを読む
公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は、文化芸術のもつ創造性を生かしたまちづくり「文化芸術創造都市・横浜」の推進のため、アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)の一環として、アーティスト、クリエイターを支援するプログラムを行 […]
続きを読む
以下、(公財)横浜市芸術文化振興財団の募集情報より アーツコミッション・ヨコハマ(略称:ACY、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団運営)は、横浜市が文化芸術創造都市の一層の推進を図るべく展開するクリエイティブ・チルドレン […]
続きを読む
Open Call 2019-2020 MASK[MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA]初めての試みとして、大型現代アートに挑むアーティスト支援のため、MASK新規収蔵作品のプロポーザル募集を行います。 […]
続きを読む
京都市が、文化財建造物の調査・保存・管理・指導業務に従事する「文化財保護技師(建築物)」の採用試験実施を発表しています。 申込期間 令和元年12月6日(金曜日)~令和2年1月9日(木曜日)【必着】 申込先及び問合せ先 京 […]
続きを読む
京都市が、クラウドファンディングサービス「READYFOR」の自治体向けプログラム〈READYFOR ふるさと納税〉を活用し、ふるさと納税を通じたアーティスト支援に全国で初めて取り組んでいます。 今回発表されすでに募集が […]
続きを読む
池上高志氏(東京大学総合文化研究科・芸術創造連携研究機構)、加治屋健司氏(同)ら4氏が呼びかけ人となり、10月3日に発表されていた「文化庁によるあいちトリエンナーレへの補助金の不交付決定に対する東京大学教員有志の声明」が […]
続きを読む
以下、 「神山まるごと高専 設立準備委員会」のリリースより 2023年4月に開校する神山まるごと高専の教育現場の責任者として、カリキュラム開発といった開校の準備から、開校後は神山町の地で、本校が掲げるビジョンに向き合って […]
続きを読む
以下、神奈川県立近代美術館のプレスリリースより 日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク KAJFRANCK–GEOMETRY カイ・フランク(1911–1989)は、「フィンランド・デザインの […]
続きを読む
青森県の十和田市現代美術館で、展覧会「ウソから出た、まこと ―地域を超えていま生まれ出るアート」が開催されています。 開催趣旨 地域の人々との共同作業によって作られる作品やプロジェクトが、いま日本では数多く行われています […]
続きを読む
助成趣旨 現代アートのもつメッセージ性を軸としながら、地域住民や行政と協働して、その土地の独自性を生かした地域文化の振興に資する事業を助成対象としています。 日本国内におけるアートプロジェクトの立ち上げと継続的発展を目的 […]
続きを読む
独立行政法人国立美術館が、同法人の運営する美術館独自のプロジェクトへの支援を呼びかけるクラウドファンディングサイトを、2019年3月15日にオープンしています。 同法人は、 東京国立近代美術館(東京・北の丸公園) 国立西 […]
続きを読む
(イベント・プレスリリースより) 現代美術のアートフェア「ART in PARK HOTEL TOKYO 2019」(略称:AiPHT / アイファット)がパークホテル東京(汐留)にて開催されます。 総勢42ギャラリー( […]
続きを読む
大阪府は、大阪府文化振興基金を活用し「大阪府芸術文化振興補助金」と「輝け!子どもパフォーマー事業補助金」の2つの補助金を通じて、府内の文化活動を支援しています。 これらの補助事業について、2019年度の募集が現在行われて […]
続きを読む
NPO法人 BEPPU PROJECT (別府市) は、アーティスト、クリエイターの制作・居住スペース『清島アパート』の2019年度利用者を募集します。 『清島アパート』は、弊団体がアーティストの活動支援の一環として、2 […]
続きを読む
札幌国際芸術祭実行委員会が、2020年度冬季の次回開催に向け、同芸術祭の魅力を伝えるコミュニケーションディレクターを募集しています。 応募の締切は2019年1月18日(金)です。 詳細 コミュニケーションデザインディレク […]
続きを読む
大阪で行われる文化・芸術活動の支援に取り組むおおさか創造千島財団は、アーティストやクリエイターの創造的な場づくりや表現活動をサポートしようと、公募助成プログラムを発表し、申請を募っています。 カテゴリは以下の3つです。 […]
続きを読む
ストックホルムにあるスウェーデンの国立美術館が、5年間の改装期間を経て10月13日にリニューアルオープンしました。スウェーデン政府はこれに合わせ、従来徴収していた入館料を廃止し、入場無料にしています。 同美術館は1866 […]
続きを読む
神戸芸術工科大学 環境デザイン学科が教員を公募しています。応募締め切りは、平成30年9月7日(金)です(必着)。 詳細|JREC 下記の要領でランドスケーププランニング・アーバンデザイン分野の教員(助教または准教授)を公 […]
続きを読む
公益財団法人京都市芸術文化協会が、京都芸術センターで勤務する「アートコーディネーター」を募集しています。 詳細 http://www.kac.or.jp/23793/ 関連書籍 『ソーシャルアート』 たんぽぽの家 編 森 […]
続きを読む
独立行政法人国際協力機構(JICA)では、この度、国際協力専門員を公募いたします。 国際協力専門員は、特定分野に関する高度な専門性と充分な国際協力の実務経験、高いリーダーシップやコーチ・調整力、幅広い人的ネットワーク等を […]
続きを読む
2010年以降にカタールで亡くなった南アジア系の移民約6,500名のうち、多くが2022年のカタールワールドカップに向けた建設事業(スタジアム、空港、ホテルなどの建設)に関わっていたことがわかった。 さらにこの6,500 […]
続きを読む
国土交通省は昨年から検討を進めてきたインフラ分野のDX施策をとりまとめ公表した。近年、自然災害等の激甚化によって安全性向上のためのインフラ整備は国を挙げた大きな課題になっている。また、建設業界では将来の人出不足を見据えた […]
続きを読む
国土交通省及び(一社)建設技能人材機構により、「建設技能やコミュニケーションスキルの習得等に関する取組が顕著な外国人就労者」に与えられる優秀外国人建設就労者表彰の対象者が募集されています。 以下、国交省の報道発表資料より […]
続きを読む
国土交通省で、建設現場の生産性を向上させる革新的技術22件が選定された。平成30年度から進められている「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」の一環で、今回選定の対象となった […]
続きを読む
国土交通省は、働き方改革の促進に対応するため令和元年6月に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が改正されたことを受けて、「働き方改革に配慮した公共建築設計業務委託のためのガイドライン」を新たに作成した。受注者の働き方 […]
続きを読む
新型コロナウイルス禍の建設業界のため、ロンドン市長は、テクノロジーに優れた設計事務所であるBryden Woodと、住宅コンサルであるCastとともに、住宅設計アプリPRiSMをローンチした。 これは、最新のデジタルテク […]
続きを読む
関西の都市計画関連分野で働く女子を中心としたネットワーク、まちと女子(史)の生き方・働き方研究会が「『コロナ禍で考える生き方・働き方に関するアンケート』調査結果(速報版)」を公表した。 働き方や気持ちの変化などに関する1 […]
続きを読む
国土交通省は、新型コロナウィルス感染拡大にともなう社会の変化を受けて今後の都市・都市政策のあり方について検討するため、2020年6~7月にかけて、大学関係者を中心に都市再生や都市交通、公園緑地や都市防災のほか、医療、働き […]
続きを読む
特定技能外国人受入事業を実施する(一社)建設技能人材機構(JAC)が、日本国内での就労を希望する外国人と受け入れ企業とのマッチングを開始した。建設分野で求職中の特定技能外国人がJACに求職票を提出すると、無料でJACから […]
続きを読む
国土交通省は、建設工事において適正な工期による請負契約の締結を促すための工期に関する基準を公表・勧告した。改正建設業法で著しく短い工期での請負契約の禁止について規定されたことを受けて、令和元年11月から中央建設業審議会の […]
続きを読む
イギリス政府は今月2日、建設許可を自動化する政策を発表した。同国で建設計画のシステムが改変されるのは、1947年以来のことである。 住宅長官の Robert Jenrick 氏によれば、新たな住宅開発の承認に平均5年はか […]
続きを読む
2019年4月にはじまった新しい在留資格「特定技能」による外国人労働者の受け入れについて、建設分野では国内初となる「特定技能1号評価試験」が実施されることになった。7月14日の時点では、18ある試験区分のうち「鉄筋継手」 […]
続きを読む
コロナ禍で考える生き方・働き方に関するアンケートのお願い私たちはこの春、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大というこれまでにない経験を世界と共有しました。 昨日までは想像もしなかった毎日の中で、一人一人が自 […]
続きを読む
AGC(Associated General Contractors of America)のウェビナーに参加したパネリストによる、アメリカの建設現場へのコメントが公開されている。 Hensel Phelps社の副社長兼 […]
続きを読む
BIMの活用と、仮想空間上に現実の事象を再現する「デジタルツイン」を積極的に推進してきた鹿島建設が、BIM推進モデルプロジェクト「オービック御堂筋ビル新築工事」にて、建物の企画・設計から竣工後の維持管理・運営までの各フェ […]
続きを読む
王立英国建築家協会が1000人の建築家を対象に実施した調査で、イギリス国内の建築家の45%が、新型コロナウイルスの混乱により所得減に陥っていることが判明した。 回答者の約8割がプロジェクトの遅延を明らかにし、3分の1以上 […]
続きを読む
以下、海上保安庁の採用案内より 海上保安庁では、沿岸部や防波堤などに設置している航路標識及び海上保安部などの入居している事務所(庁舎)・職員宿舎等の海上保安施設並びに船艇の係留に必要な桟橋等(以下、「施設等」という。)の […]
続きを読む
  横浜市都市整備局が、都市デザインの専門職員を募集中です。募集締め切りは2018年11月22日(木)です。 これまで以上に都市デザイン活動を進め、市民が愛し誇りとする魅力と活力のある都市をつくるため、主要な公 […]
続きを読む
(公財)都市緑化機構では、緑による都市環境の改善に資する調査研究のため支援を希望する者に対し、当該調査研究活動等に係る費用を助成を行っております。今年度も以下の通り募集を行います。 対象 調査研究活動のために助成を必要と […]
続きを読む
公益財団法人 日本生態系協会より「ビオトープ管理士資格試験」および、その受験対策講座「ビオトープ管理士セミナー」についてのご案内です。 ビオトープ管理士は、世界が求める自然と伝統が共存した持続可能な“まちづくり”、“くに […]
続きを読む
https://www.youtube.com/watch?v=wQ1FUZ7vves 米国内の都市公園における有毒農薬の使用取り止めに向け、アメリカのヨーグルトメーカーStonyfield社が取り組みを進めている。 2 […]
続きを読む
――アイランドシティの住民と事業者、行政が一緒につくる、地域住民・来街者が照葉の豊かなスペースを楽しめる9つのコンテンツを同時開催 福岡高速6号「アイランドシティ線」が開通し、アイランドシティの中と外を繋ぐ、新たなゲート […]
続きを読む
日本大学理工学部建築学科・井本研究室で「COVID-19と子どもの外出行動調査レポート」が発表された。本レポートは、2020年度研究室の取り組み「緊急事態宣言下での子どもの外出行動に関する研究」をまとめたもので、学部4年 […]
続きを読む
東京都千代田区に拠点を置く一般社団法人みんなの公園愛護会が、地域の小さな公園や愛護会の活動の魅力などを伝えるタブロイド紙「PARK NEWS MAGAZINE」を創刊した。 2月に発行された創刊号となるVol.1では、神 […]
続きを読む
ニューヨーク市の高架跡地を再開発した公園「ハイライン(HIGH LINE)」のデザインで知られる、アメリカの設計事務所 "James Corner Field Operations"(以下Field Operations […]
続きを読む
パリ市市長である Anne Hidalgo は、1.9kmのストリートガーデンとして、木のトンネル、緑地、歩行者エリアをシャンゼリゼ通りにつくる計画を承認した。 総額2億2500万ポンド(約319億円)を投資する大改造。 […]
続きを読む
2020年12月11日に「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」が閣議決定され、国土交通省では、自然災害とインフラメンテナンス、デジタル化などを柱とした53の対策を講じていくと発表した。政府全体の目安予算15兆 […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長らは24日、まもなく開講を迎える2020~21年度の新学期において、屋外授業の実施に取り組む方針を示した。新型コロナウイルス感染症の蔓延下で厳しい運営を迫られる学校を安全に再開できるよ […]
続きを読む
米国の国立公園における人種差別の歴史や実情に関する議論のラジオ収録が、米国ポッドキャストメディア「WNYC Studios」のHPで公開されている。 WNYCの記者であるBrigid Berginと、フリーランスジャーナ […]
続きを読む
米国の国立公園局の非営利パートナーである国立公園財団が、女性の選挙権取得100周年を祝うため、女性に関わる歴史のなかで節目となった公園に助成金 $ 460,000(約4850万円)を出した。 この助成金は、女性に関わる歴 […]
続きを読む
かねてからグリーンインフラの推進に取り組んでいた国土交通省は、令和2年度に新たに開始する「先導的グリーンインフラモデル形成支援」の対象となる地方公共団体を決定した。「雨水の貯留・浸透や屋外空間を生かした防災・減災、気候変 […]
続きを読む
アメリカの非営利トラスト団体 "Trust for Public Land" が、合衆国内の14,000地域を対象とし、公園のあり方に着目して実施した新たな調査の結果を発表した。 それによると、白人以外(黒人・先住民・ラ […]
続きを読む
神奈川県建築士会技術支援委員会子どもの生活環境部会から「新型コロナウィルス感染拡大による外出自粛期間における子どもの生活についての緊急アンケート調査」の集計結果が報告され、自粛期間中の子育て世帯における生活の様子がわかっ […]
続きを読む
2020年,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)が世界中で起こりました. 日本では,感染者数が減少し,引き続き,第二波の感染増加の警戒はしつつも,緊急事態宣言解除により,フェーズが変わ […]
続きを読む
ニューヨーク市公園局と公式に提携を結んでいる25の非営利団体による連盟組織「Parks and Open Space Partners」が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による公園やオープンスペースへの影響 […]
続きを読む
パブリックスペース関連のベンチや公園遊具、コミュニケーションサインを製造販売する株式会社コトブキと、公園専門メディア『PARKFUL』が連携し、「STAY HOME & KEEP SOCIAL DISTANCE~はなれて […]
続きを読む
ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長が、市内の道路のうち少なくとも40マイル(約64km)で、来月いっぱい自動車の通行を禁止する方針を表明。外出自粛令(stay-at-home order)の発令中に、最大約100マイル […]
続きを読む
カナダ最大の都市トロントなどを含むオンタリオ州が、コミュニティガーデン(市民菜園)は生活必需サービスであるとして、開園することを認める声明を発表した。公営・私営いずれも対象となる。 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて […]
続きを読む
アメリカ・ワシントンD.Cに拠点を置く学際機関「世界資源研究所(World Resources Institute)」が、新型コロナウイルスの爆発的な感染状況が今後の都市計画に与える影響について考察した記事を公開(以下、 […]
続きを読む
1日限定で路上駐車スペースを小さな公園に変える「Park(ing) Day」。2005年にサンフランシスコから始まったこの取り組みは、毎年9月第3金曜日に世界中の有志が自分たちの街で実践する、世界的なパブリックスペースム […]
続きを読む
2019年1月から耐震改修工事のため休業中の名古屋テレビ塔に、展望施設やホテル・商業施設等を整備する計画について認可したことを、国土交通省が発表しました。整備事業は2020年6月末までをめどに施行され、その後リニューアル […]
続きを読む
大阪府茨木市が、2015年12月に閉館した市民会館跡地のエリア整備を受託する事業候補者として、「竹中工務店・伊東豊雄建築設計事務所共同企業体」を選出したことを発表しています。 選出は、このほど行われた公開プレゼンテーショ […]
続きを読む
以下、大阪市の報道発表資料より 大阪市浪速区役所は、「なにわ区公園活性化事業」の共同事業者を公募するにあたり、より具体的な公募条件を策定する際の参考とするため公園活性化に関するアイディアを、令和2年1月20日(月曜日)か […]
続きを読む
以下、横浜市の発表資料より 横浜市には、道路、公園、港湾緑地などの公共空間が数多く存在し、市民の生活を支えています。 厳しい財政状況の下、各公共空間において市民サービスを持続し、向上させていくためには、従来手法による適切 […]
続きを読む
株式会社パークフル(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上弘子) と芦屋市道路・公園課は、芦屋市内の公園の活性化を目指して公園レンタルのクラウドサービスの実証実験に取り組みます。 本サービスは、公園情報プラットフォーム「 […]
続きを読む
以下、東京都の報道発表資料より 東京都では、「葛西臨海水族園の更新に向けた基本構想」(以下「基本構想」という)で示した新たな水族園像の実現に向けて事業計画を策定するため、専門的見地から検討を行うための「葛西臨海水族園事業 […]
続きを読む
大阪市が、今年3月末から募集していた都市公園「花博記念公園鶴見緑地」(同市鶴見区)の指定管理事業予定者に、大和リース(株)を代表者とし、(一財)大阪スポーツみどり財団や美津濃株式会社(ミズノ)ら6法人で構成される「鶴見緑 […]
続きを読む
大阪府や大阪市などで組織されるチームが、万博記念公園における実証実験の提案を募集しています。 IoTやロボットテクノロジー、モビリティ、ドローンなどの技術の活用が想定されており、同公園内の施設・設備の管理運営状況やサービ […]
続きを読む
東京都豊島区が、2019年11月にオープンする池袋西口公園でカフェを運営する事業者を募集中です。 応募要項には、「東アジア文化都市 2019、東京オリンピック・パラリンピックに向け、池袋を訪れる多国籍来訪者にも対応できる […]
続きを読む
千葉市が、民間企業等での職務経験を生かしたマネジメントを行う千葉市動物公園長を募集中です。 業務としては、下記のような内容が予定されています。 動物公園の管理運営 観光・レクリエーション機能の強化 ホスピタリティの向上 […]
続きを読む
横浜市環境創造局が、横浜動物の森公園内の「森を楽しむゾーン」の整備・管理運営等を担う民間事業者を公募しています。 この募集は、民間活力による新しい都市公園の整備手法として創設された「公募設置管理制度(P-PFI)」を活用 […]
続きを読む
東京都町田市が、鶴間公園の指定管理者を募集しています。同公園は、町田市と東急電鉄が共同で運営している「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」において、まちの中心施設のひとつとなることが期待されています。 2018年11月 […]
続きを読む
ストックホルムに拠点を置く都市開発グループ「Urban Nouveau」が、解体危機にある歴史的な鉄橋を公園空間にリノベーションする提案の実現に向け、署名活動を展開中です。 これに伴い、同社に勤務経験のある403arch […]
続きを読む
世界最大のトカゲ、コモドオオトカゲが生息することで有名な、インドネシアのコモド国立公園で、民間の開発業者による観光関連施設の建設に対して地域住民らによるの反対運動が起こっています。 国立公園は世界自然遺産に登録されている […]
続きを読む
大手町・丸の内・有楽町地区駐車環境対策協議会は、適切な附置義務駐車場整備と、路上駐車の排除、路外駐車場への誘導などを行い、交通の円滑化と安全性の確保を図ることにより、大手町・丸の内・有楽町地区に相応しい交通環境を実現する […]
続きを読む
IBS(The Institute of Behavioral Sciences 一般財団法人計量計画研究所)は、わが国の学術研究活動に寄与することを目的として、研究助成制度「IBSフェローシップ」を実施しています。 毎 […]
続きを読む
シカゴ市計画局(Chicago Metropolitan Agency for Planning:CMAP)はこのほど、公共交通の利用料が低所得の住民生活にどのような影響を与えているかについて、初めて包括的に実施した調査 […]
続きを読む
国土交通省は「FF-Data」(訪日外国人流動データ)の最新版である2019年分を公表した。今回から、これまで1区分にされていた北海道が4分割され、より詳細な移動状況が捉えられるようになった。また、昨年3月に公表された2 […]
続きを読む
イギリスの調査会社Juniper Researchがこのほど、交通マネジメントのスマート化が都市経済にもたらす効用に関する新たな予測を発表した。 これによると、排ガスや混雑が抑制されることにより、2025年までに全世界で […]
続きを読む
国土交通省は昨年から検討を進めてきたインフラ分野のDX施策をとりまとめ公表した。近年、自然災害等の激甚化によって安全性向上のためのインフラ整備は国を挙げた大きな課題になっている。また、建設業界では将来の人出不足を見据えた […]
続きを読む
スペイン北西部に位置する大西洋に面した港湾都市・ビーゴ(Vigo)で、住民の通勤や買い物などの日常生活にかかわる移動をエレベーターやエスカレーターなどの設置によって支援しようとする取り組みが進んでいる。 ビーゴは約40万 […]
続きを読む
ニューヨーク州のシエナ大学がこのほど発表した調査結果によれば、ニューヨーク市に住む有権者の68%が、現在道路上を占めている自動車の駐車スペースを撤去してでも、自転車専用路(※厳密にはProtected bike lane […]
続きを読む
マーケティングリサーチ等さまざまな調査を行うインテージリサーチが、自主企画で実施した「スマートシティーの認知度に関する意識調査」の結果を公表している。本調査は、マイティモニター(※)全国の16~79歳の男女個人1万802 […]
続きを読む
国土交通省は、公共交通機関の利用者が正しく混雑を回避できるように、リアルタイムな混雑情報の提供に取り組もうとするバス事業者のためのガイドラインを策定した。 ガイドラインでは「混雑情報の提供方法」「混雑情報の表示」「混雑情 […]
続きを読む
国土交通省は、今後のまちづくりを検討するにあたって、コロナ禍による市民の日常的な行動や価値観の変化を把握するため、日立東大ラボと共同で全国アンケート調査を実施し、その速報結果を公表した。調査対象は東京都市圏のほか特別警戒 […]
続きを読む
電動マイクロモビリティのシェアサービス「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luupが、産業競争力強化法に基づく「新事業特例制度」(※)を用いた公道における政府認可の実証実験の参加者を募集している。詳細は下記の通り。 […]
続きを読む
カナダのバンクーバー市議会議員のSarah Kirby-Yung氏が、条例で新築ビルに課している駐車スペースの最小附置義務の撤廃を検討するよう市に求めている。市は昨年1月、公共交通機関へのアクセス性やカーシェアリングサー […]
続きを読む
国土交通省は、2020年10月以降もタクシー事業者によるデリバリー・出前ができるよう措置すると発表した。本件については、日本国内での新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえて、2020年4月21日~2020年9月末までの […]
続きを読む
『ストリートファイト 人間の街路を取り戻したニューヨーク市交通局長の闘い』原著者のジャネット・サディク=カーン氏(元ニューヨーク市交通局長)がイギリスの大手メディア「The Guardian」に寄稿しています(2020/ […]
続きを読む
2020年4月に創設された自転車通勤を推進する企業・団体に対する認定制度「『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクト」で、初回「宣言企業」として企業や地方自治体など24社・団体が認定された。自転車の活用については、2018年 […]
続きを読む
市場調査会社「NPD Group」が公表したレポートによると、アメリカ合衆国における今年6月の電動自転車の販売台数が、昨年同月比で190%の増加を記録した。 同社の担当アナリストはこの要因として、新型コロナウイルス感染症 […]
続きを読む
国土交通省は、ETC2.0システムを通じて収集したプローブデータ(経路や速度など移動に関する情報)を基に、お盆期間における平均旅行速度(対象区間延長を走行に要した時間で割った平均速度)を集計、昨年度のお盆期間および緊急事 […]
続きを読む
アメリカ連邦公共交通局(FTA:Federal Transit Administration)が、国内のバスシステムの安全性や信頼を高め、乗客のスムーズな移動をより実現することを目的としたインフラ事業を対象に、全国で総額 […]
続きを読む
千葉県佐倉市の佐倉図書館でwithコロナ期の図書館サービスの在り方を探る社会実験が行われる。現在公共施設では、新型コロナウィルスの感染を防止するため席数を削減するなど様々な規制がなされている。こうした状況下で、これまであ […]
続きを読む
イギリス政府が7月27日、自転車の利用や歩行によるアクティブな移動を促進する新たな計画 "Gear Change" を公表した。2030年までに市街地における移動の半分以上が自転車や徒歩でなされるようになることを目標とし […]
続きを読む
ニューヨークのウェブメディア「Gothamist」では、コロナ禍において「ニューヨークが将来どうなってほしいか(What Do You Want NYC To Look Like?)」というテーマで各界の識者へのインタビ […]
続きを読む
ロンドン交通局(Transport for London)が、自転車を活用する市民向けに、乗車技術を向上させたり、より便利に利用したりするための情報をまとめたウェブサイトを開設した。 イギリスでは、コロナ禍を受けて自転車 […]
続きを読む
国土交通省の政策ビジョンとして「2040年、道路の景色が変わる~人々の幸せにつながる道路~」が公開されている。社会資本整備審議会道路分科会基本政策部会の提言としてとりまとめられたもので、ポストコロナの社会状況を鑑みつつ、 […]
続きを読む
新型コロナウイルスの影響で、配達業者の需要が高まっている。たとえばここ数週間で、アマゾンは175,000人以上の配達ドライバーと倉庫作業員を雇用した。 一方、専門家からは、適切かつ十分な指導を受けず大型トラックの運転に不 […]
続きを読む
NTTドコモとドコモ・インサイトマーケティングが、ドコモの携帯電話ネットワークで作成された人口統計「モバイル空間統計 人口マップ」を2020年5月27日(水)から2021年3月31日(水)まで無償提供することを発表した。 […]
続きを読む
CityLab のウェブサイトで、新型コロナウイルス禍における移動のリスクに関し、その危険性や予防の必要性について専門家がコメントしている。 レディング大学 准教授で微生物学が専門の Simon Clark 博士は、電車 […]
続きを読む
アメリカ・オレゴン州にあるポートランド州立大学の交通研究教育センターが、自転車道の整備は沿道の事業者の売り上げや雇用状況の向上に貢献するとの研究結果を明らかにした。 研究では、ポートランド、シアトル、サンフランシスコ、メ […]
続きを読む
オランダ・アムステルダムに本拠を置く公共政策・空間計画分野のコンサルティングファーム「DECISIO」が、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による都市封鎖解除後のモビリティ環境と社会的コストの関係についてシミ […]
続きを読む
イギリス政府が、自転車専用道の整備に2億5千万ポンド(約331億円)の拠出を予定していることを発表した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、通勤手段として公共交通機関の代替として自転車の利用を促すねらい。 同時に、最大 […]
続きを読む
Google親会社「Alphabet」の子会社である「Sidewalk Labs」のCEOが、カナダ・トロントのウォーターフロント区域で大規模な開発を予定していたスマートシティ計画“Quayside”を中止すると発表した […]
続きを読む
国土交通省スマートシティプロジェクトチーム事務局は、令和元年5月に全国の牽引役として選定した「先行モデルプロジェクト」15事業等において「スマートシティ実行計画」を策定したと報告した。先行モデルプロジェクトの実施地区は、 […]
続きを読む
ポートランド交通局(PBOT:Portland Bureau of Transportation)が、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、“Slow Streets | Safe Streets” と銘打った道 […]
続きを読む
イタリア随一の都市・ミラノが、市内の道路35km(22マイル)を再編する計画(The Strade Aperte plan)を発表。自動車用の車線を縮小して、その分を自転車用の走行路や歩道空間の拡幅に充てるほか、30km […]
続きを読む
ロンドン交通局(Transport for London)が、市内を走るバス路線の運賃について、新型コロナウイルス感染拡大に伴う都市封鎖(ロックダウン)措置期間中は無料とする方針を固めた。 ロンドン市ではこれまでに少なく […]
続きを読む
アメリカ・フロリダ州の総合病院「メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)」が、医療用品や新型コロナウイルスの検査キットを自動運転車を使って運搬する取り組みを開始。ドライブスルー型の検査施設から研究施設まで、人間同士 […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ措置として3月20日に発効した外出禁止令以降、カリフォルニア州内の道路における交通量が60%減少し、交通事故も半減していることが、カリフォルニア大学デーヴィス校の研究者の調査で判明。 衝突 […]
続きを読む
新型コロナウイルス感染拡大抑止のために呼びかけられている「社会的距離(social distancing)」を安全に確保できるよう、自動車用の道路を歩行者や自転車の通行のために再配分するなどの施策をとる都市が増えている。 […]
続きを読む
以下、国土交通省の報道発表資料より 国土交通省では、令和元年8月に設置した「ストリートデザイン懇談会」における議論を踏まえ、ウォーカブルなまちなかを支えるこれからのストリートデザインのポイントとなる考え方をまとめたガイド […]
続きを読む
以下、国土交通省の報道発表資料(令和2年2月4日)より 大型車両の通行に係る手続の合理化、特定車両停留施設及び自動運行補助施設の道路の附属物への追加、歩行者利便増進道路の指定制度の創設等の措置を講ずるとともに、頻発化する […]
続きを読む
トヨタ自動車が、2020年末に閉鎖予定のトヨタ自動車東日本株式会社 東富士工場(静岡県裾野市)の跡地を利用した実証都市「コネクティッド・シティ」プロジェクトを発表しました。 人々のリアルな生活環境のもとで、自動運転やMa […]
続きを読む
国土交通省が、これからの時代のストリートのあり方を検討するための委員会として「ストリートデザイン懇親会」を設置しました。 座長には交通工学を専門とする日本大学特任教授の岸井隆幸氏が、副座長には東京藝術大学准教授で建築家の […]
続きを読む
以下、東急株式会社の公表資料より 長期経営構想を策定~未来に向けた美しい生活環境の創造~ 東急株式会社 当社は、このたび、2030年までの経営スタンスおよびエリア戦略・事業戦略などを取りまとめた長期経営構想(以下、本構想 […]
続きを読む
以下、国土交通省の報道発表資料より 今般、社会資本整備審議会「都市計画基本問題小委員会」において、「コンパクトシティ政策」「都市居住の安全確保」に関する方策がとりまとめられました。 今後、国土交通省において、居住誘導区域 […]
続きを読む
 "MUJI"の名称で世界的にブランドを拡大中のライフスタイル小売大手・良品計画が、フィンランドの企業Sensible 4とともに、全天候型の自動運転バス「GACHA」を発表しました。 Sensible 4が技術面 […]
続きを読む
ドイツの鉄道事業会社「Siemans Mobility」が、ベルリン近郊のポツダム市内で、自律走行型路面電車の研究・開発目的での試験運行を、世界で初めて行いました。 9月中旬にベルリンで開催された国際鉄道技術見本市「In […]
続きを読む
アメリカの自動車メーカーのフォード・モーター、それにライドシェアサービス大手のUberとLyftの3社が、官民連携の交通データ共有プロジェクト「SharedStreets」へのデータ提供を強化すると発表しました。 「Sh […]
続きを読む
以下、京都市交通局のお知らせより 交通局では,市バスの混雑緩和を目指し,平成29年10月及び12月に前扉を乗車口とし,先に運賃をお支払いいただき,車両の中ほどにある広い後扉からスムーズに降車いただく「前乗り後降り方式」の […]
続きを読む