WORKSIGHT[ワークサイト]19号

WORKSIGHT[ワークサイト]19号 フィールドノート 声をきく・書きとめる Field Note
Loading...

内容紹介

さまざまな角度から考える「声を聴くこと」

複雑化する世界をリサーチし、表象し、対話することの困難を見つめつつ、可能性を探る。人類学者達のノート論(足羽與志子/安渓遊地/大橋香奈/松村圭一郎)、哲学研究者・永井玲衣さんに教わる「人に話を聞く」5つのポイント、音楽家D・トゥープへのインタビューから、声を聞くこと・書き留めることを考えます。


WORKSIGHT編集部 編   
著者紹介

体裁A5変判・128頁

定価本体1800円+税

発行日2023-04-27

装丁

ISBN9784761509255

GCODE10083

在庫◎ 電子版あり
目次著者紹介関連ニュースレクチャー動画関連イベント電子版採用特典教材

◉巻頭言 ノートという呪術
文=山下正太郎(WORKSIGHT編集長)

◉スケーターたちのフィールドノート
プロジェクト「川」の試み

◉スケートボードの「声」をめぐる小史
文化史家イアン・ボーデンのまなざし

◉ノートなんて書けない
「聴く・記録する・伝える」を人類学者と考えた
松村圭一郎・足羽與志子・安渓遊地・大橋香奈

◉人の話を「きく」ためのプレイブック
哲学者・永井玲衣とともに

◉生かされたレシピ
「津軽あかつきの会」の営み

◉野外録音と狐の精霊
デイヴィッド・トゥープが語るフィールドレコーディング

◉それぞれのフィールドノート
未知なる声を聴く傑作ブックリスト60

◉ChatGPTという見知らぬ他者と出会うことをめぐる混乱についての覚書
文=山下正太郎

WORKSIGHT編集部
コクヨが掲げる「自律協働社会」というありたい社会像を手がかりに、これからの社会を考える上で重要な指針となりうるテーマやキーワードを拾いあげ、探究していくメディア「WORKSIGHT」。ヨコク研究所と黒鳥社が中心となり構成された編集部が、メールマガジン(毎週火曜日配信)を中心に、書籍、イベントなどコンテンツを展開中!

worksight.substack.com

メディア掲載情報

公開され次第、お伝えします。

その他のお知らせ

公開され次第、お伝えします。

本書は電子版も発行しております。大学・専門学校等の教科書、もしくは研修等のテキストとしてのご採用をご検討の場合は、こちらをご覧ください。

本書は、教科書としてご採用くださった方に、著作権者様のご了解のもと、以下のデータを特典としてご提供いたしております。
☆ここに特典内容☆
お問い合わせはこちらをご覧ください。

建築・都市・まちづくりの今がわかる
ウェブメディア「まち座」
建築・都市・まちづくりの今がわかるウェブメディア「まち座」